スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/17 フジ大島由香里アナ 恋人・小塚崇彦と結婚の話が出ない背景

(2015-02-17)

報道機関

週刊ポスト

見出し

フジ大島由香里アナ 恋人・小塚崇彦と結婚の話が出ない背景

配信日

2015年 2月 17日 1600 (2015227日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20150217_304093.html

◆内容◆

 28日、フジテレビの生野陽子アナ(30)と中村光宏アナ(30)の結婚披露宴が都内某所で盛大に行なわれた。タモリ、小田和正ら大物タレントが揃う盛大な宴を司会として取り仕切ったのは、新郎・新婦の同期である大島由香里アナ(31)だった。

 実は大島アナも結婚間近と伝えられて久しい。相手はフィギュアスケーターの小塚崇彦(25)だ。

2010年のバンクーバー五輪で初めて出会い、2年前には小塚が熱愛報道を受けて交際宣言を出した。昨年夏にも結婚するのではないかといわれていたが、なぜか未だにゴールインという話は出てこない。

 大島アナは小塚の地元の名古屋に足繁く通っているようですし、2人が大ファンである福山雅治のコンサートに一緒に行ったり、交際は続いているようですが……」(フジ関係者)

 2人の“長すぎる春”には、小塚が現役のフィギュアスケート選手であることも関係しているのかもしれない。

 昨年12月の全日本選手権では、フリープログラムで会心の演技を披露して銅メダルを獲得。3月に開かれる世界選手権の代表にも選ばれている。「まずは競技」という気持ちが強くても不思議ではない。

 しかし別のフジ関係者は「結婚をためらっているのは、むしろ大島アナだと思う」と語る。

「キャリア志向が強く、周囲には“大きな成果を残してからじゃないと結婚できない”と漏らしているそうです。『ニュースJAPAN』のキャスターを務め報道の顔になっているが、過去には辛い思いをしている。

 2008年にはスキャンダルで降板した山本モナ(39)のピンチヒッターで情報番組のキャスターを務めたものの、番組が軌道に乗ると平井理央アナ(32・フリー)に交代させられた。

『ニュースJAPAN』の前任である秋元優里アナ(31)が、同僚アナとの結婚を機に降板した前例もある。せっかくつかんだ看板報道アナの座を結婚で手放しかねないという不安があるのかもしれません」

スポンサーサイト


12/4 浅田真央1年休養でキャスター修行か 再来年に競技復帰説も

(2014-12-04)

報道機関

週刊ポスト

見出し

浅田真央1年休養でキャスター修行か 再来年に競技復帰説も

配信日

2014124日 70020141212日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20141204_289798.html

◆内容◆

シーズンが佳境を迎えても、いまだ女子フィギュア界の主役はスペインの人気フィギュア選手ハビエル・フェルナンデス(23)との交際宣言で世間を驚かせた安藤美姫(26)、そして休養中ながらCMバラエティ番組に引っ張りだこの浅田真央(24)だ。
 浅田をめぐっては、水面下でテレビ各局の激烈な争奪戦が始まっている。
「真っ先に名乗りを上げたのは日本テレビ。視聴率低迷が続く『NEWS ZERO』が欲しがっている。山岸舞彩の代わりに真央を起用できれば、裏の『NEWS23』(TBS系)にも対抗できると大きな期待を寄せている。
 日テレは喋りがさほど上手くなかったバドミントンの陣内貴美子を『news every.』のメインキャスターに育てた実績があるだけに、真央を第2の陣内にと目論んでいる」(テレビ局関係者)
 もちろん他局も黙っていない。GPシリーズの放映権を持つテレビ朝日、全日本選手権を中継するフジテレビは、コネクションの強さでアドバンテージを持つ。さらにフジは、姉の浅田舞(26)が系列の『東海テレビスーパーニュース』のキャスターを務めている。
「テレ朝もフジも、一番の希望は真央の競技復帰です。だから積極的に動いていなかった。しかし、他局に取られるくらいならと、一気に獲得に動き始めた。今のところ姉を囲っているフジが一歩リードでしょう」(前出・テレビ関係者)
 休養中の浅田は現在も日本スケート連盟に選手登録している。キャスターになることは現役引退を意味するが、浅田家に近い人物からはこんな声が漏れてくる。
「真央は競技から離れた生活を満喫している。来シーズンの復帰はないだろう」
 その一方でこんな仰天プランまで囁かれている。
「レギュラー出演はともかく、来年1年間キャスターを務めた後、2018年の平昌五輪(韓国)を目標に、再来年に復帰することも可能だろう」(フィギュア関係者)
 似たようなケースを辿った例としては、キム・ヨナが挙げられる。



8/6 浅田真央がダイビングへ ビキニ姿撮られないか関係者は心配

(2014-08-06)

報道機関

週刊ポスト

見出し

浅田真央がダイビングへ ビキニ姿撮られないか関係者は心配

発行日

201486日 700201481522日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20140806_269502.html

◆内容◆

銀盤の妖精が、今夏は南の海でマーメイドに変身するようだ。ソチ五輪後、現役続行について「1年間じっくり考えたい」と休養を発表した浅田真央(23)。7月末のアイスショー後は、人生初の本格的な夏休みを迎える。
「スケート靴を持たない旅行をしたい。休みになったら、沖縄に行きたいんだ」
 
ショーの控え室では周囲にそう語っていた。所属する中京大学の関係者が語る。
「真央ちゃんはこの夏、大学の課外授業の一環で沖縄で開催されるスキューバ・ダイビングのライセンス取得合宿に参加する予定です。その後、プライベートで沖縄に行く予定も立てているみたいですね」
 本誌記者はかつて名古屋駅近くの有名ダイビングショップに浅田がお忍びで訪れていたシーンを目撃している。楽しそうに機材を見ていたのが印象的だった。スケート関係者が語る。
4年ほど前、沖縄で姉の舞さんと一緒に体験ダイビングしたことがあるんです。『ウミガメに会えた!』と喜んでいました」
 ただ
、この関係者が一つ心配することが。
「ウェットスーツの下は普通、ビキニを着るでしょう? 合宿の場所を知っている追っかけのファンやメディアにビキニ姿を撮られてしまうんじゃないかとハラハラしています」
 フィギュアの衣装も露出度は高いが、たしかにビキニ姿は貴重かも。だが多くのファンにとっての心配は、プライベートの沖縄旅行に誰と行くのかということではないか。

 前述のアイスショーの控え室。関係者から、「沖縄、誰と行くの?」と聞かれた浅田は「舞と!」と即答したという。
 男性とのツーショットはもう少し先になりそうです。真央ファンのお父さん、ご安心を。


3/26  「中日転落は浅田贔屓でキムヨナ転倒願うのと同じ」と森永氏

(2014-03-26)

報道機関

週刊ポスト

見出し

「中日転落は浅田贔屓でキムヨナ転倒願うのと同じ」と森永氏

配信日

2014326日 70020144411日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20140326_247537.html

◆内容◆

 328日にセ・パ同時開幕するプロ野球。開幕直前、ファンにとって気になるのが我がチームは今年はやってくれるのかということだ。経済評論家の森永卓郎氏は今年の優勝チームを「セ=巨人、パ=ソフトバンク」と予想する。

 * * *
 巨人の優勝は動かし難い。それと同じくらい、我が横浜の優勝も絶対にない。

 昨年、横浜スタジアムのネット裏で巨人戦を観戦しましたが、巨人は抑えの西村健太朗まで、出てくる投手すべてが横浜の誰よりいい。あれはずるいですよ。久保(康友)、(高橋)尚成、三浦(大輔)のおじさん投手陣がケガなく順調に活躍し、谷繁新体制でゴタつく中日がずっこけるという想定で、横浜はやっと5位。

 まァ、中日がこけるなんて、浅田真央選手への贔屓が行きすぎて、キム・ヨナ選手に転んでくれと願うようなものですけどね。

 パは西武を応援していますが、ソフトバンクが強い。

 昨年、横浜から戦力外通告された捕手の細山田武史をトライアウトの育成枠で獲得していますが、彼はいい選手だった。

 強いチームは層を厚く、厚くしていくんですよ。フロントの悪口はいいたくないが、横浜はそういうことがダメですねェ。



2/24 引退の決意固いと言われる浅田真央 1年後に復帰する説登場

(2014-02-24)

報道機関

週刊ポスト

見出し

引退の決意固いと言われる浅田真央 1年後に復帰する説登場

配信日

2014224日(201437日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20140224_242835.html

◆内容◆

ソチ五輪を最後に浅田真央だけでなく男子の高橋大輔や織田信成、女子も安藤美姫に鈴木明子らが軒並み引退を決めているが、来年以降、羽生結弦の他には活躍が期待できる選手が見あたらない。日本のフィギュアスケート界では“次代の星”不在の中、密かに驚くべきシナリオが進行しているという。

「実は浅田がいったん引退した後、1年後には復帰すると囁かれている」

 というのは、あるフィギュア関係者だ。

「本来なら、解説者やキャスターとして契約しようと、すでに各局がしのぎを削っているはず。荒川の時もそうだった。ところが今はみんな様子見状態で、具体的に動いているところはない。なぜなら、日本スケート連盟(JSF)やテレビ各局が一緒になって浅田の“来々シーズン復帰”のシナリオを描いているからだ。局や広告代理店としても、キャスターをやるより、復帰してもらうのが一番嬉しいわけだから」

 また、今回の引退については浅田の意向の前に女性マネージャーの考えも強いという。

「彼女は敏腕マネージャーであると同時に、浅田の母・匡子さん亡き後は、親がわりの立場。引退は、彼女が浅田の将来を考えて、一番いい形で引退を考えた結果。今回金を獲れなかったことで、浅田は4年後のことも考えたはず。筋書きとして一度は引退するが、早めの復帰もあり得る」(前出・フィギュア関係者)

 さらに仰天計画があるという。引退発表に際して、浅田は結婚や出産についてこう言及していた。

「将来的にはちゃんと子供が欲しい。あ、良いダンナさんとめぐり会って、良い家庭を築きたい」

 関係者が続ける。

「真央は匡子さんへの思いもあって人一倍子供が欲しいという思いが強い。いま恋人の存在が囁かれていますが現在のところはプラトニックといわれている。ただ、匡子さんが姉の舞を出産したのは25歳。現在23歳の真央がそろそろ結婚したいという思いは自然なこと。引退後すぐに結婚、出産、それからの復帰というのが連盟が描くシナリオです。その場合、復帰は2年後かもしれませんが、安藤の例もありますから、可能性は十分」

続きを読む



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。