スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/17 【甘口辛口】川淵氏の剛腕だけで日本のバスケットが生まれ変わるほど、ことは簡単ではない

(2015-02-17)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】川淵氏の剛腕だけで日本のバスケットが生まれ変わるほど、ことは簡単ではない

配信日

2015年 2月 17日 500

http://www.sanspo.com/etc/news/20150217/amk15021705000001-n1.html

◆内容◆

■2月17日

 「5000人収容のホームアリーナの確保」がバスケットボール新リーグ参入の第1条件になるという。国際連盟(FIBA)から無期限の国際試合出場停止処分を受けた問題で、改革を主導するタスクフォース(特別チーム)の川淵三郎チェアマンが先日、NBLとTKbjリーグを統合する新リーグの参加基準の方向性を示した。

 サッカーのJリーグ創設で川淵氏は地域密着を理念に掲げ「1万5000人収容のスタジアム」を加入条件とした。手法は同じだが、バスケの“聖地”代々木第2体育館でも3000人収容で5000人とは驚く。「まず行政を動かすこと」とはいえハードルは高すぎる。

 「サッカーの欧州型クラブ運営に対し、バスケは会社組織の米国型。根本的に考えが違う」と関係者は言う。FIBAが求めるリーグ統一へ向け両リーグは既に20回近く検討会を実施しながら、玄関さえ開かなかった。10年間株式会社でやってきたbjリーグが、加盟22チームの預託金の返還など解散には15億円必要と主張していると聞く。

 川淵氏の説明に対しbj側は「10年間の経験がリセットされないよう、われわれの意見も取り入れていただきたい」とコメント。やんわりと拒否反応を示した。新リーグ移行措置として15年度の両リーグによる交流戦などの実施も「川淵氏の私見」としてスルーし、従来通りのリーグ戦の開催も決めた。

 NBLにはJリーグ創設時のように大企業チームが所属しており、川淵氏にとって重要パートナーになりうる。しかし、bjにとっては裏付けなしの改革で反発するのも無理ない。氏の剛腕だけで日本のバスケットが生まれ変わるほど、ことは簡単ではないだろう。 (今村忠)

スポンサーサイト


2/13 日本バスケットボール協会「高額活動費」ポンと出せる理由

(2015-02-13)

報道機関

東スポ

見出し

日本バスケットボール協会「高額活動費」ポンと出せる理由

配信日

2015年 2月 13日 1100

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/366485/

◆内容◆

日本バスケットボール協会(JBA)が国際連盟(FIBA)の処分解除に携わる特別チーム「タスクフォース」(TF)の活動費として合計3000万円を予算に計上したことが11日、分かった。
 2015年度の予算がこの日、都内で開かれた理事会で承認された。川淵三郎チェアマン(78)が束ねるTFは6月の問題解決を目指しており、経費はすべてJBA持ちとなる。3月までに見込む1200万円に加え、4~6月で1800万円を計上した。FIBAのパトリック・バウマン事務総長(47)らの渡航費やホテル代も含まれる。
 また、同金額はあくまでもJBAの見積もりだという。実際の費用がいくらかかるのかはすべてTFの請求次第で「向こうが決めるもの。これよりかかるようであれば補正予算で対応していく」(関係者)。総額はかなりの高額になりそうだ。
 JBAはFIBAからの処分で、日本オリンピック委員会(JOC)から強化交付金の20%(120万円)減額を通知された。出費の増加は追い打ちになるが、JBAは十分対処できるという。その根拠はいざという時の“内部留保金”の存在だ。正式名は前期繰越金で現在約4億円の蓄えがある。ある幹部は「余剰金は4億ナンボある。(3000万円は)たいしたお金じゃない」と涼しい顔で言い切った。
 国際試合禁止処分が解け、16年リオ五輪予選に出場できるのであれば、“投資”は惜しまない。ここにきて威勢のいいJBAだが、制裁で失った信用はもちろん“プライスレス”。こちらはマネーパワーで簡単に回復とはいかないだけに、前途はまだまだ多難だ。



2/11 バスケ、特別チームに1800万 協会が15年度予算に計上

(2015-02-11)

報道機関

共同通信

見出し

バスケ、特別チームに1800万 協会が15年度予算に計上

配信日

2015年 2月 11日 1724

http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101001196.html

◆内容◆

日本バスケットボール協会は11日、東京都内で理事会を開き、無期限の国際試合出場停止処分を受けている協会の運営改革を主導する国際連盟のタスクフォース(特別チーム)関連費用として、1800万円を計上した2015年度予算案を承認した。

 費用は制裁解除の目標期限とする6月までの活動を見込んでいる。15年度の重点実施事項としては16年設立を目指す男子の統一プロリーグ設立へ向けた準備活動などを掲げた。また、特別チームの川淵三郎チェアマンが12日、ナショナルリーグとTKbjリーグの代表者会議にそれぞれ出席し、リーグ統一へ向けた意見交換を行うことも発表された。

 

“大名旅行”でも文句いえない? バスケ協会、タスクフォース費用全額負担 (サンスポ 2015/2/11 1749

http://www.sanspo.com/sports/news/20150211/oth15021117490005-n1.html

◆内容◆

日本バスケットボール協会は11日、東京都内で理事会を開き、500万円の赤字となる来年度の予算案を承認した。また今年度決算の見込みも報告され、900万円の赤字になることが分かった。

 協会は国内男子リーグが2つ存在する問題などで国際連盟(FIBA)からガバナンス(組織統治)不足として無期限の国際試合禁止など資格停止処分を受けている。先月にはFIBA主導で改革案を検討するタスクフォース(特別チーム)が発足したが、これに関する費用は協会が負担。1月の理事会で今年度分として1200万円を補正しており、今回は来年度分としても1800万円を組み込んだ。これが、各年度の全体収支の赤字に直結した。さらに不足が出た場合は補正で対応することも示された。

 理事会後、タスクフォースの費用に関して梅野哲雄会長代行に報道陣が質問したが、タスクフォースメンバーの梅野氏は「協会としては何も言えない」とするばかり。広報担当者も「JBAとして口を挟むことはできない」と繰り返した。

タスクフォースの費用は、会議のための会場費や参加者の移動費、宿泊費から、ワーキンググループが調査を行う際の経費まで多岐にわたる。川淵三郎チェアマンとともに共同チェアマンを務めるインゴ・ワイスFIBA財務部長や、オブザーバーのパトリック・バウマンFIBA事務総長が会議で来日する際の航空料金や宿泊代金も含まれる。

 協会内部の問題から発生した事態であり、協会が費用を持つのは当然。とはいえ仮にワイス氏やバウマン氏が、どこかの知事の外遊時のように、ファーストクラスで移動して1泊10万円以上のスイートに宿泊しても何も文句は言えない。公金の助成を受ける公益財団法人としては、きわめて首をかしげざるを得ない状況になった。



2/11 2つのバスケ国際大会が中止に FIBA制裁の影響

(2015-02-11)

報道機関

朝日新聞

見出し

2つのバスケ国際大会が中止に FIBA制裁の影響

配信日

2015年 2月 11日 1741

http://www.asahi.com/articles/ASH2C5GZDH2CUTQP00C.html?iref=comtop_6_06

◆内容◆

日本バスケットボール協会が国際連盟(FIBA)から無期限の資格停止処分を受けている問題に絡み、日本で開かれる予定だった二つの国際大会の中止が決まった。11日に東京都内であった日本協会の理事会で報告された。昨年11月に処分を科され、あらゆる年代・性別での国際試合を禁じられて以降、大会が取りやめになる初のケースとなった。

 中止が決まったのは、5月中旬に東京都内で開催予定だった日韓学生競技大会と、7月下旬に札幌市で開かれるはずだった日韓ママさん親善大会。ともに日本と韓国の選抜チームが対戦することになっていた。

 FIBAは、男子のナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)とターキッシュエアラインズbjリーグの併存などを問題視。事態解決のための作業チームを発足させ、6月までの処分解除を目指している。作業チームの川淵三郎チェアマンは12日にNBL、bjリーグのチーム代表者と意見交換を行う。



1/29 川淵チェアマン バスケ統一新リーグ開幕は「来年10月目標」

(2015-01-29)

報道機関

スポニチ

見出し

川淵チェアマン バスケ統一新リーグ開幕は「来年10月目標」

配信日

20151月 29日 530

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/29/kiji/K20150129009711210.html

◆内容◆

国際バスケットボール連盟(FIBA)が無期限の国際試合禁止処分を科した日本協会の組織改革を担うタスクフォース(関係者10人の改革チーム)が28日に設立され、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)がチェアマン(議長)に選任された。都内で会見した川淵氏は「ナショナルリーグ(NBL)とbjリーグをどう一つにするか、それに尽きる」と意気込みを語った。

 課題はNBLとターキッシュエアラインズbjリーグの統合だ。6月上旬までにそのノルマをクリアすることで処分が解かれ、日本代表は16年リオデジャネイロ五輪予選に出場できる。日本協会が6年以上かけて解決できなかったリーグ統一の難題だが「解決できないわけがないと信じている」と川淵氏。サッカーJリーグの設立を支えた“剛腕”を発揮する。同氏は週1度のペースで各チームをヒアリングしてゆく予定。「地域に根差すのがキーワード」と、地域住民、自治体、企業、クラブが協力した「三位一体」の形で改革を推し進めていく方針を明かし、新リーグの開幕時期については「16年10月を目標にやるつもりでいる」と見据えていた。

【バスケ】川淵チェアマン、Jリーグ式改革案連発! (スポーツ報知 2015/01/29 600

http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20150128-OHT1T50242.html

◆内容◆

 国際バスケットボール連盟(FIBA)は28日、国際試合出場停止処分などを科している日本協会の改革を主導する10人のタスクフォース(特別チーム)を発表し、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)がFIBAのワイス財務部長とともにチェアマンに就任した。川淵チェアマンはJリーグ方式の改革私案を次々と披露した。

 FIBAのバウマン事務総長に「サッカー界での成功をいい形で生かしてくれるはず」と期待された川淵チェアマンは、NBLとTKbjリーグの統合を最重要視。新リーグ設立に向け改革案を並べた。各チームの年俸に関し「最低でも1000万円はもらわないとプロとは言えないんじゃないか」と持論を述べ、本拠地となる体育館が固定されていないチームには「行政を巻き込めていない」とバッサリ。一方で、Jリーグ発足時にも議論を呼んだ企業名をチーム名とすることには「地域に根ざしていれば絶対だめでもない」と柔軟な考えを示した。これらの条件をクリアしたチームから新リーグに加盟させ、16年10月を目標に新リーグを開幕させる考えだ。

 16年リオ五輪予選につながる男子東アジア選手権が始まる今年6月初旬までの解決を掲げる。今後は週1回の会合を予定。「子供たちがプロ選手になりたいと思える魅力的なトップリーグの姿を示したい」。1993年に初代チェアマンとしてJリーグを発足させた手腕を振るっていく。





カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。