スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/20 真央、唇かむ「頭も体もまったく動かなかった」

(2014-02-20)

報道機関

読売新聞

見出し

真央、唇かむ「頭も体もまったく動かなかった」

配信日

2014220 14:31

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/skate/20140220-OYT1T00745.htm

◆内容◆

【ソチ=読売取材団】19日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)では、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が16位と、まさかの出遅れ。

 五輪連覇を狙う金妍児(キムヨナ)(韓国)がトップに立ち、0・28点差でアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が2位につけた。アイスホッケー男子では、連覇がかかるカナダのほか、米国、スウェーデン、フィンランドが4強入り。

 55・51点という得点表示を、浅田は硬い表情でじっと見つめていた。今季の自己最高点を大きく下回り、シニアに上がってから、SPでは4番目に低い得点。「頭も体も、まったく動かなかった。(原因は)自分でもよく分からない」と唇をかんだ。

 冒頭に跳んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回転不足となり、いきなり転倒した。今季一度も完璧に決めていない大技の失敗は、想定内とも言える。しかし、ここからは、あり得ないミスが次々に起こった。続く3回転フリップは、着氷はこらえたものの、またも回転不足と判定された。3回転ループ―2回転ループの予定だった連続ジャンプは、最初のジャンプが2回転になり、「タイミングを逸してしまった」。次のジャンプにつなげられず単発となり、得点を伸ばすことができなかった。

 今季はほぼすべての試合で最高難度と認められてきたスピンやステップでも、レベルの評価を落とし、「思っていたような演技が全然出来なかった」。勝つために用意した最高難度のプログラムをこなせず、技術点は22・63点で、出場した30人のうち、下から4番目にとどまった

yomiuri2201.jpg   ジャンプの着氷でバランスを崩す浅田(19日)
スポンサーサイト


2/19 安定感・ヨナ、スピン・15歳に大技で挑む真央

(2014-02-19)

報道機関

読売新聞

見出し

安定感・ヨナ、スピン・15歳に大技で挑む真央

配信日

20142191809

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/skate/20140219-OYT1T00706.htm

◆内容◆

フィギュアスケート女子は、19日にショートプログラム(SP)が行われる。

 18日の前日練習では、金メダルを狙う浅田ら日本勢のほか、連覇のかかる金妍児(キムヨナ)(韓国)、地元ロシアの新鋭、ユリア・リプニツカヤらがプログラムの最終調整を行った。

 浅田のSPは、昨年10月のスケートアメリカで今季世界最高の73・18点を出している。現役では浅田しか跳べない、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が最大の見せ場だ。今大会の団体を含め、今季は一度も完璧に出来ていない大技が決まれば、SP首位に立つ可能性は高い。

 金妍児は、冒頭に予定している3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプが最大の得点源。練習では抜群の安定感を誇る。スピード感あふれる滑りには定評があり、芸術面を評価する演技構成点でも高得点が期待できる。

 15歳のリプニツカヤは、8日の団体女子SPで自己ベストを更新したばかり。冒頭に跳ぶ3回転ルッツ―3回転トーループは、精度が高い。柔軟性を生かした難しい体勢のスピンは、出来栄え点でも大幅な加点が期待できる。

 鈴木明子(邦和スポーツランド)は、3回転トーループの2連続ジャンプなど、団体で不調だったジャンプをどこまで戻せるか。最高難度のレベル4と評価されるステップで観客を魅了する。

 村上佳菜子(中京大)は、冒頭の3回転トーループの2連続ジャンプが好調だ。課題のステップが、直前の四大陸選手権でレベル4と評価されるなど、プログラムの完成度を高めてきた。

 ジャンプを三つしか跳べないSPでは、一つの失敗が大きく影響する。大舞台で普段通りの演技が出来るかが明暗を分けそうだ。(永井順子)




2/15 読売・YOMIURI ONLINE

(2014-02-15)

読売・YOMIURI ONLINE (http://www.yomiuri.co.jp/)
yomiuri.png 
 yomiuri1.png
yomiuri2.png



2/10 シングルの健闘及ばず…ペア種目に力不足も

(2014-02-10)

報道機関

読売新聞

見出し

シングルの健闘及ばず…ペア種目に力不足も

配信日

20142101935 

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/skate/20140210-OYT1T01019.htm

 

◆内容◆

フィギュアスケート団体で男女シングルは健闘した日本だが、ペアとアイスダンスは力不足が目に付いた。

日本代表の小林芳子監督は、「これが日本の実力。4種目の選手をそろえて、チームが組めただけでも良かった」と率直に語った。

 日本の男女シングルは、今大会に出場する各3人が全員世界ランク10位以内に入るなど、世界屈指の強さを誇る。一方で、ペアは昨年末の全日本選手権に出場したのが高橋成美、木原龍一組(木下ク)だけ、アイスダンスも4組だけと、層の薄さが目立つ。

 2006年のトリノ五輪で荒川静香さんが金メダルを獲得し、浅田真央(中京大)の活躍もあって、フィギュアの競技人口は急増している。これに対し、ペアとアイスダンスのカップル競技は増えていない。

 最大の原因はリンク事情だ。フィギュア人口が増えたことで逆にリンクが不足し、今や一流選手でも練習環境を確保するのが難しくなっている。小林監督は「日本は欧米に比べてリンクが少ない上に、指導者も足りない」と嘆く。フィギュア人気の上昇が、カップル競技を圧迫する皮肉な現象が起きている。

 一方で、今大会で新種目の団体が導入されたことで、カップル競技が注目されることに関係者は期待する。昨年1月にペアを結成し、わずか1年余で五輪出場を果たした高橋は、「日本代表としていい演技をして、ペアの魅力を広めたい」と、11日からの個人種目へ向けて力を込めた。

 団体でメダル獲得はならなかったが、13日からは男子シングル、19日からは注目の女子シングルが始まる。金メダルが期待される浅田は10日、ソチからアルメニアの首都エレバンに移動した。日本スケート連盟はここにリンクを確保し、選手は落ち着いた環境で本番に向けて調整できる。浅田は「もう一度、通常の状態に戻すよう、調整したい。あとは気持ちだけ」と話した。団体を教訓に、巻き返しを狙う。(永井順子)



2/10 真央転倒、重圧に大技失敗…「何なの」と憤り

(2014-02-10)

報道機関

読売新聞

見出し

真央転倒、重圧に大技失敗…「何なの」と憤り

配信日

20142100945 

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/skate/20140210-OYT1T00115.htm

◆内容◆

4年ぶりに帰ってきた五輪の舞台で、浅田がアウェーの雰囲気にのまれた。

 「これだけ練習してきたのに、こういう演技をして。何なのかなと思う」。演技後は、自分に対する憤りの言葉が口をついた。

 「予想していたより緊張して、気持ちを整理できないまま滑り始めてしまった」という胸中を、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が象徴していた。踏み切りに思い切りがなく、明らかに回転が足りない。両足で着氷して派手に転倒。回転不足の判定による減点に、出来栄え、転倒の減点が重なり、10点近く稼げるはずの大技で、結果として1点足らずしか手にできなかった。

 勢いは戻らず、スピンやステップでも珍しくミスが出た。SPの今季自己ベストを10点近く下回り、「最後まで自分の滑りができなかった」と表情を曇らせた。

 緊張は当日昼から始まった。周囲に「フリーにつなげられなかったらどうしよう」と不安を漏らしていた。団体4種目の最後に登場し、チームの浮沈の鍵を握る重圧は、これまで感じたことのないものだった。

 直前に演技した15歳のリプニツカヤが、地元開催の重圧をはねのけてすべての要素を完璧にこなし、会場中から熱狂的な声援を浴びたことも追い打ちをかけた。佐藤信夫コーチは「トリプルアクセルの出来が一番の問題。慣れない団体、前に滑った選手への声援、様々な要素が影響して、重圧があった」と指摘した。

 地元の新星に加え、ベテランのカロリナ・コストナー(イタリア)にも後れを取った。個人種目には、五輪連覇を狙う金妍児(キムヨナ)(韓国)も参戦する。悲願の個人金メダルへは不安も漂う。

 とはいえ、浅田の調子自体は良く、練習では大技を立て続けに決めている。今後は日本代表の練習拠点であるアルメニアに移動して滑り込む。女子の個人種目が始まるのは19日で、立て直す時間はある。

 トリプルアクセルを得意としたアルベールビル五輪銀メダルの伊藤みどりさんは、この大技を「他のジャンプと比べものにならないくらい勇気がいる」という。必要なのは、自信を取り戻すこと。本来の気持ちの強さがよみがえれば、目指す「最高の演技」が見えてくる。(永井順子)


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。