スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高橋大輔 振付勉強のNY留学先はなんと「女子大」だった!【高橋大輔】

(2015-05-26)

報道機関

女性自身

見出し

高橋大輔 振付勉強のNY留学先はなんと「女子大」だった!【高橋大輔】

配信日

2015年 5月 26日 000064日特大号)

http://jisin.jp/news/2682/8653/

◆内容◆

4月下旬、アメリカ留学のためにニューヨークに渡った高橋大輔(29)。今回の留学に際して、高橋はスケート靴も持参しなかった。スケートを始めて21年。これまでごくプライベートな南国への旅行を除いて、スケート靴を持たずに海外を訪問した経験はないという。

「ニューヨークの高橋は『何だか落ち着かなくて……。スケート靴は僕の体の一部だと実感しました』と長光歌子・元コーチにメールで心境を書き送ったそうです」(スケート関係者)

しかし、スケートを絶ってまで留学した本来の目的は、語学とダンスの修行だ。

「高橋は将来、フィギュアの振付師になりたいと考えています。振り付けの基礎であるダンスを学ぶために、ニューヨークを訪れたのです。そんな彼は週の半分は、セントラルパークの近くにあるバーナードカレッジという大学に通っているそうです。彼が通うバーナードカレッジは、実は女子大なんです」(前出・スケート関係者)
バーナードカレッジの創立は1889年。コロンビア大学から独立した、名門の女子大だ。社会のリーダーなるための女性の育成に力を入れているという。高橋は、ニューヨークの女子大生に囲まれているの?
「この学校には『エクステンション・コース』といって、正規の学生ではない、社会人などでも通える制度があるんです。その制度を利用して彼はダンスのコースを選択し、学んでいるのです。8年前にも、2週間ほど通ったことがあるそうなので、よほどこの“女子大”が気に入っているのでしょう」(前出・スケート関係者)
 世界のトップ・アスリートやダンサーたちに囲まれながら、高橋は“次の夢”を追いかけている。

スポンサーサイト


1/6 高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人【高橋大輔】

(2015-01-06)

報道機関

女性自身

見出し

高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人【高橋大輔】

配信日

201516日 000 

http://jisin.jp/news/2663/8136/

◆内容◆

氷上でお互いを見つめ合う高橋大輔(28)と浅田真央(24)。浅田は満面の笑みを浮かべるが、高橋はどことなく照れくさそう。ネット上などでは、“2人は恋人関係では!?”という書き込みが見られるほど、親密なシーンがこれまでも目撃されてきた。そんな高橋が浅田を“お姫様抱っこ”すると、観客席からは拍手と歓声が沸き上がった――。
 2人が初共演したアイスショーは、1224日のクリスマスイブに最終日を迎えた。高橋にとっては、昨年10月に現役引退を発表した後、初めてとなるショーだった。ショーの終演後、会場近くの新横浜のレストランで午後10時過ぎから打ち上げが行われた。
「この会は高橋選手の20年間の競技人生を労う会という意味もありました。そのため参加したのは出演者とその家族、高橋選手と親しいスタッフたちだけ。シャンパンで乾杯し、真央ちゃんも『大ちゃん、お疲れさま!』と声を掛けていました」(フィギュア関係者)
実は、この打ち上げに高橋は“大切な女性”を密かに呼んでいるという情報を本誌は事前にキャッチしていた。会がお開きになったのは午前2時ごろ。店から出てきた高橋には、確かに寄り添う女性の姿が。小顔でスリムなその女性は、『NEWS ZERO』に出演しているフリーアナウンサーの山岸舞彩(27)をほうふつとさせる黒髪の美女。彼女は、酒に酔い少しふらつく高橋の体を支えるようにして、彼をホテルへと送っていった――。
「実は高橋選手は引退後、関西在住の一般女性と交際を始めたそうです。彼女はフィギュアとは関係のない一般の女性。万事控えめで、古風な性格の“和風”美人ですね。高橋選手は仲のいいスケート仲間が集まる今回のアイスショーを機に“みんなにお披露目をしたい”と、打ち上げに彼女を誘ったそうです。もちろん自分のことを“大ちゃん”と慕い続けてきた真央ちゃんにも、彼女を紹介したようですね」(前出・フィギュア関係者)
 年が明けた後、岡山県在住の高橋の母・清登さんに、交際について聞いてみた。
「いえいえ、私は聞いていません。彼女ができるできない以前に、10月に、引退会見でこっち(実家)に戻ってきた後、1回も帰ってきていませんし、連絡すらありません。もし本当に彼女ができたなら、こっちが知りたいぐらいです(笑)。大輔に言っといてください。うちにもたまには連絡しなさいと(笑)」
 明るく笑いながらも、息子を心配する清登さん。いくら大切な存在といっても、お母さんには彼女のことを報告してあげて!


11/11 羽生結弦「ユヅが壊される!」コーチが激怒した“連盟の酷使”【羽生結弦】

(2014-11-11)

報道機関

女性自身

見出し

羽生結弦「ユヅが壊される!」コーチが激怒した“連盟の酷使”【羽生結弦】

発行日

20141111日 000

http://jisin.jp/news/2656/7952/

◆内容◆ 

流血を乗り越えて演じきった安堵からか、あふれる涙は止まらなかった――。8日のグランプリシリーズ『中国杯』フリー演技の直前。羽生結弦選手(19)は公式練習中、中国人選手と激突。再び現れた羽生は頭にはテーピングを巻き痛々しい姿。それでも不運を乗り越え、彼はリンクに立った。結果は堂々の銀メダルだったが……。

「普段の羽生選手なら、練習中に選手と衝突することは考えられない。集中力を欠いていた原因は、前日のミス連発が、精神的な重圧となっていたのでしょう」(スケート関係者)
 羽生自身が前日のSP終了後「最悪の一言です。かなり悔しいです」と嘆いていたように、中国杯での不調は目に見えて明らかだった。フィギュア関係者によると、羽生選手らしくないミスが多発した原因は、あきらかに練習不足だという。
「彼はトレーニングメニューをほとんどこなせないままシーズン初戦を迎えました。日本スケート連盟はブライアン・オーサーコーチが組んだ練習スケジュールを無視し、シーズンオフ中のわずか数カ月で50を超えるアイスショーに羽生選手を出場させた。
浅田真央や高橋大輔不在の穴を埋めるために羽生を利用し、酷使してきたのです」(フィギュア関係者)
 練習の本拠地・カナダのトロントに入っても、日本でのスケジュールがあると、羽生は練習を中断して帰国するという生活が続いた。
「オーサーコーチは激怒し、ことあるごとに羽生選手を帰国させるスケート連盟へ『こんなことを続けていたらユヅが壊れてしまう!』と抗議しました」(前出・スケート関係者)
 このコーチの訴えに連盟は「意図は承りました」と返答したというが、スケジュールに変化はなかったという。
「羽生選手自身は、過酷な日程をぬってまでアイスショーに出演する理由を『ファンの方一人一人にお礼が言いたいんです』と話しています。しかし、そのために練習量を減らさなければならないことにも、ジレンマを感じていたようです」(前出・フィギュア関係者)



10/28 羽生結弦 突然のルール改正発表「王者への嫌がらせ」の声も【羽生結弦】

(2014-10-28)

報道機関

女性自身

見出し

羽生結弦 突然のルール改正発表「王者への嫌がらせ」の声も【羽生結弦】

発行日

20141028日 000

http://jisin.jp/news/2654/7889/

◆内容◆ 

今季のフィギュアがいよいよスタート。ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(19)は、117日からの中国杯で初戦を迎える。だが、万全ではない体調以外にも彼の前には大きな問題が立ちはだかっているという。
「国際スケート連盟(ISU)が、ルール変更を発表しました。国際大会では名前をコールされた後、決められた時間内にスタート位置へ着かなければいけません。選手が静止すると音楽が流れ始め演技を始めます。そのスタート位置に着くまでの時間が、これまでの60秒以内から30秒以内に短縮されたのです。30秒以上になると減点、60秒以上だと棄権という厳しい改正です。羽生選手はこれまで約46秒かけていましたから、新ルールを聞いた瞬間『えっ!』と絶句し、明らかに困惑した様子でした」(前出・フィギュア関係者)
 羽生の“46は、次のようなものだ。自分の名がアナウンスされるとリンクの縁に両手をつけ、1度深く屈伸。リンクを滑り始めて、スケート靴の刃の状態を確かめるように周回。体をひねりながら入念にジャンプのタイミングを確認し、スピードを落として胸で十字を切るように士の字を書く。胸の前で手を合わせて祈るような仕草をみせ、スタート位置で集中に入る……
競技前に十字を切るのは、ジャンプの回転軸と両肩を平行に保つ意識を確認するためだという。これらは羽生にとっては、どれひとつ欠かせないものだ。
「今までの46秒を30秒に短縮するのに、羽生選手はすでに1カ月以上もの時間を試行錯誤のために費やしています。実は、彼にとって16秒の時間を減らすことは、4回転ジャンプを跳ぶこと以上に難しい課題です。このままでは、羽生選手の大切な儀式である勝利の祈りも封印せざるを得なくなります」(別のフィギュア関係者)
 ルール改正の理由は――
ISUの羽生選手に対する嫌がらせという声もあります。
これまでもISUは浅田真央選手のトリプルアクセルのジャッジを変えたり、日本人選手の不利になるようなルール変更が何度もありました。欧米の選手達と違い演技前の精神統一に時間をかける羽生選手にとって、新ルールが足枷にならなければいいのですが……(別のスケート関係者)



10/2 浅田真央「授業とお仕事だけ…」寂しい24歳誕生日の夜【浅田真央】

(2014-10-02)

報道機関

女性自身

見出し

浅田真央「授業とお仕事だけ…」寂しい24歳誕生日の夜【浅田真央】

発行日

2014102日 800

http://jisin.jp/news/2650/7758/

◆内容◆

「キャンパスを歩いていた真央ちゃんは、学生たちから『誕生日おめでとう!』と口々に声を掛けられていました。そのたびに、彼女は照れたように会釈を返していましたね」(中京大関係者)
9
25日、24歳の誕生日を迎えた浅田真央。この日、彼女は今年4月に復学した中京大学での授業に出席していた。
体育学部5年生の彼女は、下級生たちと一緒に真剣に講義に聞きいって、熱心にノートを取っていましたよ」(前出・中京大関係者)
 この日の授業は『健康教育学』。授業が終わり、自宅に戻った彼女は、フェミニンなピンクのワンピースに着替え、小さなショルダーバックを肩にかけて、電車に乗った。名古屋駅に着いた彼女は、新大阪駅方面に向かう新幹線ホームに。京都駅で下車した彼女は、そのまま一人でタクシーに乗り込んだ。駅からタクシーで向かった先は……。
「この日、真央ちゃんはCMに出演しているマットレスメーカー『エアウィーヴ』主催のイベントに出席していたんです。イベントは京都・祇園の老舗お茶屋「富美代」で行われました。誕生日の真央ちゃんには関係者から花束がプレゼントされ、その席にいたみなさんからお祝いされていました。姉の舞さんも一緒だったそうです」(フィギュア関係者)

 新幹線で名古屋に帰った彼女は、タクシーで自宅のマンションに戻った。大きな花束が入った紙袋を2つ持ち、帰宅したのは午前0時を回っていた。結局、誕生日は“授業とお仕事”だけで終わってしまったのだった。
24
歳の乙女としては、恋人や友人にお祝いしてもらうこともない“ちょっぴり寂しい”バースデーの夜だった。

image_20141002111528eb5.jpg


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。