スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/11 進化するライバル 浅田真央の「天下」は続くのか

(2015-01-11)

報道機関

東スポ

見出し

進化するライバル 浅田真央の「天下」は続くのか

配信日

2015111日 1600

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/355124/

◆内容◆

劇的な進化を遂げるフィギュアスケート女子の流れに、休養中の浅田真央(24=中京大)はついていけるのか。10日に行われたアイスショー「スターズ・オン・アイス」(大阪・なみはやドーム)に出演した真央は多くのファンから大声援を浴びたが、その一方で新女王の座を狙うライバルたちの新たな戦略が判明した。
 真央の代名詞といえばトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)。現在、トリプルアクセルは真央しか跳ばず、公式戦で4回転ジャンプに挑む選手もいない。技術的に真央の“天下”は続いているが、昨年末の全日本選手権で3位に入った樋口新葉(ひぐち・わかば=14、日本橋女学館中)がトリプルアクセルの導入を目指し練習中だという。中学2年生の樋口はジャンプに定評があり、将来的には4回転トーループも組み込む予定。世界との勝負に向けて高い目標を立てている。
 それだけではない。樋口を指導する岡島功治コーチは「ロシアなど海外の選手がトリプルアクセルを練習していて、中国の選手はちゃんと下りている(成功している)そうです。世界と戦うためには、習得は不可欠です」と驚きの証言。トリプルアクセルがもはや真央の専売特許ではなくなる時が、すぐそこまで来ているというわけだ。 真央はこの日、去就について触れなかったが「スケートは5歳からともに歩み、成長してきたもの。休養したことで、スケートが好きなんだなと感じることができた。2015年が終わった時に、充実した1年だったなと思えるようにしたい」といずれの道でも完全燃焼を誓っていた。

 レベルアップが進む海外勢や新星たちに対し、スケートの申し子はどんな答えを出すのか。

2015011101.png
スポンサーサイト


11/13 「浅田真央に合コン10回セッティング」記事に姉・舞が反論

(2014-11-13)

報道機関

東スポ

見出し

「浅田真央に合コン10回セッティング」記事に姉・舞が反論

発行日

20141113日 1831

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/333463/

◆内容◆ 

女子フィギュアスケートの浅田真央(23=中京大学)の姉で、元女子フィギュアスケート選手の浅田舞(25)が、13日発売の週刊文春の記事に“クレーム”をつけた。
 文春は「充電中・浅田真央に『10回以上合コンをセットした』姉・舞」との見出しで、「真央の5月の“休養宣言”以降、舞ちゃんは妹のために、十回以上も合コンをセッティングしてあげているそうです」という、浅田姉妹の知人のコメントを用いた記事を掲載しているが、舞は同日夕、ツイッターでこれに反論した。

<本日発売の週刊誌に載ってた姉妹の話ですが、まっさらな嘘です。私がセットするわけないし、まず姉妹で行こうとも思わないし、真央も合コンには行かないです。なんで嘘ばっか載せるのかなぁ~泣 やめてほしいです。こんなことTweetしたくないけど、嘘ばかり許せないので書かせてもらいました。>
 休養中の真央だけに、男性との出会いがある可能性は大いにありそうだが、姉がその世話をしたという内容の記事には納得いかなかったようだ。

maimao1.png


3/2 姉・舞のピンチ救った浅田真央の会心演技

(2014-03-02)

報道機関

東スポ

見出し

姉・舞のピンチ救った浅田真央の会心演技

配信日

2014321100

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/239426/

内容

 なんて姉思いの妹だろう!! ソチ五輪のフィギュア女子個人で、まさかの6位入賞止まりだった“国民的アイドルスケーター”浅田真央(23=中京大)だが、ショートプログラム(SP)の失敗から気持ちを切り替えての会心のフリー演技は、日本中を感動の渦に包み込んだ。そんな真央が、プロフィギュアスケーターの姉・浅田舞(25)が“やらかしてしまった”大ピンチを救っていたという。一体どういうことなのか?
 ある制作会社の関係者は、舞に訪れた大ピンチをこう語る。
「ソチオリンピック開催中、舞がテレビやイベントで恋人の存在を明らかにしたんです。さらに、結婚宣言をしたおノロケ姿も大きく報じられました。関係者やファンから『真央が大事な時期にそんなことで話題になるな!』とブーイングが起こったんです」
 現在は競技生活にピリオドを打ち、プロスケーターとして活動中の舞。2月7日に放送された関西テレビ「快傑えみちゃんねる」では、共演者の円広志(60)から「今は(恋してるの)?」と聞かれ、「今は(恋)あるかもしれないです」と告白。周囲から「フゥ~! フゥ~!」と冷やかされると「ハハハ」と照れ笑いを浮かべた。
 さらに、ソチ五輪開催中の同15日、大阪・難波でのトークショーでは「(恋人が)います!」と堂々明言。「オリンピックが終わったら結婚するなんて言われていますけど、オリンピック前とか後とか関係なくて、チャンスがあればいつでも」と結婚宣言まで飛び出した。
“最後の五輪”と報じられ、最終調整している真央の真剣な姿が報道される一方で、舞のおノロケ全開ぶりがネットのトップニュースなどで報じられた。一部関係者や真央ファンからは「時期をわきまえろ!」などと叱り飛ばす声が届いてしまったという。
 さらに悲劇は重なるもの。現地時間(2月)19日のSPで、真央はミスを連発しまさかの16位スタートとなり、メダルは絶望的に…。インタビューでの悲愴感漂う表情は、照れながら恋人を明かす舞とは対照的に映った。
 前出の制作会社関係者は「舞自身、聞かれたことにリップサービスで答えただけ。しかも、これほど大きく報道されてしまうとは思ってもみなかったようです。ただ、妹の最後になるかもしれない大舞台直前に“姉の舞は結婚宣言”と大々的に報道されて、『ちょっと(恋人を明かす時期を)考えるべきだった』と本人も後悔していた」と明かす。しかし、そんな姉の危機を救ったのも、やっぱり真央だった。翌20日のフリーで自己最高得点をマーク。演技を終えると涙を流し、一転して充実した表情をしながら取材に応える真央の姿に、多くの国民が感動してもらい泣きした。
「もしフリーでもミスを連発して競技生活を終えていたら、舞は五輪後のテレビやイベントで恋人について笑顔で語るなんてできなかっただろう。それだけじゃない。五輪後にはファンやマスコミから真央惨敗の“戦犯探し”が始まり、大バッシングを浴びていた可能性もあった。会心のフリー演技で、すべて吹き飛ばしました」(前同)
 真央は3月に埼玉で行われる世界選手権の後、一度競技生活から離れるかどうかを決める。代わって舞は、しばらくイベントやテレビなどへの出演機会が増えそうだが、真央のおかげで今後も笑顔で恋バナができそう。ひょっとして結婚も秒読みだったりして。



2/25 森発言に佐村河内…気苦労絶えなかった橋本団長

(2014-02-25)

報道機関

東スポ

見出し

森発言に佐村河内…気苦労絶えなかった橋本団長

配信日

20142251600

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/238136/

◆内容◆

ソチ五輪が23日、閉幕した。日本は金1、銀4、銅3と長野五輪に次ぐ冬季五輪史上2番目の好成績を収めたが、日本選手団の橋本聖子団長(49)は総括会見で硬い表情を崩さなかった。
 フィギュアスケート男子の羽生結弦(19=ANA)の金メダル、ジャンプ男子の葛西紀明(41=土屋ホーム)の2個のメダル獲得などは日本選手団を盛り上げたが、長野を超えるという当初の目標は達成できず。しかも、古巣のスピードスケートは2大会ぶりとなるメダルゼロに終わり、橋本団長もヌカ喜びできない事情があった。
 
さらに、今大会は“外野”にも足を引っ張られた。特にフィギュア勢は開幕前に高橋大輔(27=関大大学院)のショートプログラム使用曲をめぐりゴーストライター騒動”が勃発したばかりか、終盤にも森喜朗元首相(76)が浅田真央(23=中京大)について「あの子、大事な時には必ず転ぶ」などと“失言”。さらには真央を団体に起用すべきではなかったと発言し、振り回された。
 橋本団長は森発言について「報道の範囲内でしか分かっていない。発言の真意が全く分からない中で、私からは発言できない」と言及を避けたものの、真央の団体起用には「選手は全力を尽くしてチームジャパンとして高い目標を目指していくのは当然の行動」と語気を強めた。
 一方、新たな課題も見つかった。橋本団長は「指導者の安定が必要。日本の場合はたくさんの皆さんが、ボランティア的な形で力を尽くしてもらっている。安定した報酬も国として考えていかないといけない」と話し、日本のコーチ制度の再構築を挙げた。実際、関係者によれば、コーチの報酬は外国の3分の1程度という。4年後の平昌五輪を見据えた選手の育成のためにも、まずはコーチの“プロ化”が必要。
 日本は連日のメダルラッシュに沸いたが、
橋本団長の気苦労は絶えなかったようだ。



2013.11.15 浅田真央まさかのボクサー転向?

(2013-11-15)

報道機関

東スポ

見出し

浅田真央まさかのボクサー転向?

発行日

20131115日 1900

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/205063/

◆内容◆

9日のフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯で優勝した浅田真央(23=中京大)の引退後の進路について仰天情報が浮上した。来年2月のソチ五輪での悲願の金メダル獲得に向けて絶好調の真央だが、引退後にはボクシングに転向する可能性があるという。まったく異なる性質の競技とはいえ、格闘センスも抜群とお墨付きも得ている銀板の女王には名門ジムも受け入れ先に名乗りを上げている。
 真央はNHK杯のフリーで136・33点を叩き出し、自己ベストとなる合計207・59点をマーク。2位以下を寄せ付けず、10月のGP初戦スケートアメリカに続く連勝で、12月のGPファイナル(福岡)進出一番乗りを果たした。

 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)やコンビネーションジャンプのミスも、磨きをかけている表現力でカバー。自身が目指すスケートは完成の域に達しつつある。今季限りでの現役引退を表明しているが、ソチ五輪で悲願の金メダル獲得へ向け、リンクに100%集中の日々を続けていく構えだ。
 そんな真央だけに引退後の進路にも大きな注目が集まる。自分を鍛え上げることが好きな根っからのアスリートだけに、運動をやめるとは考えにくい。その中でひそかに興味を示しているのがボクシングだというから驚きだ。9月にはテレビ番組で「ボクシングをやってみたい」と発言したが、これは冗談でもリップサービスでもなかった。
 もともと、新たなトレーニング方法の一環として、姉の舞さん(25)とともにボクササイズに興味を持っていた。今夏、ブランドパートナーを務める住友生命のテレビCMを撮影する際、現場に偶然、ボクシング経験者が居合わせたことがきっかけだった。構えから始まり、パンチの打ち方まで指導を受け、即席練習が始まった。スパーリングさながらのワンツーでパンチを繰り出すと、次第に力強いものに変化していったという。この様子の一部は「MAO ASADA応援プロジェクト 住友生命You Tube公式チャンネル」にアップされているが、現場では真央の格闘センスが大評判になった。
 関係者によると、パンチを受けたボクシング経験者も「初めてとは思えない。腰が入ったいいパンチを放った」と仰天。しかも真央が不安定なスケート靴のままで強烈なパンチを放ったことに、周囲は「専用シューズを履き、リングの上に立ったらどうなるのか」と驚いたという。
 フィギュアスケートは芸術性が高いスポーツだが、競技そのものは非常にハード。ジャンプやスピンなどに必要な体幹の強さは、ほかの競技に引けを取らない。フィギュア引退後には、ボクササイズを手始めとしてグローブをはめることが濃厚で、凝り性の性格と適性からすると、まさかのリングインとなる可能性も十分ある。
 もちろん、まずは氷上の戦いに全力を尽くしてから。GPファイナル、全日本選手権(12月、さいたま)、そして来年2月のソチ五輪に向け、燃え尽きるつもりだ。

201408021.png

ワタナベジムが真央にラブコール (東スポ 2013/11/15 1900

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/205068/

◆内容◆

「ぜひ、うちに来てほしい。僕も真央ちゃんの大ファンですから」。フィギュアスケートの浅田真央(23=中京大)がボクシングに興味があることを聞き、大歓迎の意向を示して熱烈なラブコールを送ったのが、ワタナベジムの渡辺均会長(63)だ。
 同ジムの「顔」はなんといってもWBA世界スーパーフェザー級王者の“KОダイナマイト”内山高志(34)だが、日本ボクシングコミッション(JBC)が女子を公認した後の世界王者第1号、元WBC女子ライトフライ級王者の富樫直美もかつて在籍。アマチュアボクサーの南海キャンディーズ「しずちゃん」こと山崎静代(34)も練習の拠点にしている。
 さらに、50人以上の女性フィットネス会員もおり、女子の指導はお手のもの。練習メニューも真央の希望に沿ってどんなレベルでも対応可能だ。
「もちろんプロボクサーになるつもりはないでしょうが、本格的にボクシングの練習をしたいのか、あるいはボクササイズ的なことをやりたいのか。どちらにしても、ちゃんと教えさせてもらいますよ」(渡辺会長)
 ソチ五輪が終わったら、銀盤の女王とKOダイナマイトが隣り合って練習というシーンが見られるかもしれない。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。