スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/26 浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

(2014-02-26)

報道機関

週刊FLASH

見出し

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

配信日

2014226日 700(週刊『FLASH3 11日号)

http://jisin.jp/serial/社会スポーツ/sports/8926

◆内容◆

自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。 

「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。 

そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。 

しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。 

「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者) 

連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。 

「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者) 

それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。 

「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター) 

今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。 

「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」 

五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。

◆この記事と合わせて読んでいただきたいブログの紹介◆ 
『あんたたちもっと驚きなさいよ』
テーマ:浅田真央を最悪のリンクで調整させたスケート連盟の失態

     砂混じりアルメニアリンクの再現実験

続きを読む

スポンサーサイト


2/20 東スポ・【メダル絶望的のSP16位】浅田真央“失速”の原因

(2014-02-20)

報道機関

東スポ

見出し

【メダル絶望的のSP16位】浅田真央“失速”の原因

配信日

20142201830

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/236769/

◆内容◆

【ロシア・ソチ19日(日本時間20日)発】フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(23=中京大)は代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)など3つのジャンプすべてに失敗。55・51点の16位とメダル獲得が絶望的となった。銀メダルに終わった前回バンクーバーのリベンジへ「集大成」として臨んだソチで、まさかの惨敗危機。失速の原因はどこにあったのか? 最大の武器であるトリプルアクセルが最後まで真央を苦しめた――。
 直前に滑ったアデリナ・ソトニコワ(17=ロシア)に向けられた“ソトニコール”のなか、リンクに立った時点で真央には違和感があった。
「滑り出しからちょっと違うけど、行かなきゃって。自分の体と考えと気持ちが違って、体がついて来なかった」。経験したことのないような大きな緊張が、真央自身も言葉ではうまく説明できないような特殊な状況を生み出した。
 いきなり冒頭のトリプルアクセルで回転不足となり転倒。続く3回転フリップも回転不足を取られると、スピンを挟んでの3回転ループ―2回転ループのコンビネーションは単発の2回転ループとなった。ジャンプ以外でもステップ、スピンでレベル4を取り逃すなど、ミスの連鎖は最後まで止まらなかった。
 首位の宿敵キム・ヨナ(23、韓国)に大差をつけられ、悲願の金メダルどころか、メダル圏内も絶望的。入賞(8位以内)さえも怪しくなり、まさかの惨敗危機だ。この失速ぶりはどこに原因があったのか。
 真央の最大の武器はトリプルアクセル。大きな得点源だけに、長らくジャッジにクリーンな成功と認められることがなくても、プログラムに組み込んできた。しかし、ここでミスが出れば精神的に苦しくなる。今季はそこから崩れない強さを見せていたが、大一番ではそれができる精神状態ではなかった。
 また、真央はSPの3つのジャンプのなかで最後にコンビネーションジャンプを跳ぶ。今大会に出場した30選手のなかでこれは一人だけ。多くの選手は最初に連続ジャンプを入れている。この日の鈴木明子(28=邦和スポーツランド)のように、仮にそれが単発になった場合には、その後のジャンプを連続ジャンプに変更することで減点をある程度抑えることができる。
 一方、真央のプログラムではこうした“保険”をかけられない。この日の連続ジャンプのミスは基礎点だけで5点以上のマイナス。体力がある演技の最初でトリプルアクセルを跳ぶことのしわ寄せが来た形だ。
 もう一つ、事前の調整も完璧ではなかった。日本で十分な練習を積み、自信を持ってソチ入りしたが、団体SPで失敗(3位)。「大丈夫かな?」と真央の心は揺らいだ。その後は、鈴木とともに合宿地のアルメニアに移動して調整したが「調子が上がってこなかった」と振り返る。
 最低気温が7度前後のソチに対し、アルメニアは0度前後。これだけ気温差のある場所を短期間で行き来したのが正解だったのか?
 さらには「氷に砂が混じっていた」など現地のリンクに問題があったという情報も流れており、アルメニアで調整するプラン自体に無理があった可能性もあるのだ。

 メダルは絶望的となったが「明日は明日で自分のやるべきことをしたい」。最後となる可能性もある五輪で「集大成」にふさわしいフリーの演技を見せられるか。



2/17 羽生、疲労のため休養 回復を優先

(2014-02-17)

報道機関

日刊スポーツ

見出し

羽生、疲労のため休養 回復を優先

配信日

2014217802

http://www.nikkansports.com/sochi2014/figureskate/news/f-sochi-tp0-20140217-1258721.html

内容

 フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦(ANA)が体調不良のため、日本チームが練習拠点を置くアルメニアでの調整を取りやめた。

 日本スケート連盟の広報担当者が17日に「疲れがたまっていて(体が)しんどいと訴えている」と明らかにした。22日(日本時間23日未明)に上位選手のエキシビション出演を控えており、ソチで休養して回復を優先させる。

 羽生は17日にソチを出発してアルメニアに向かう予定だった。日本オリンピック委員会(JOC)の医師の診断を受け「体力が回復しておらず、このまま練習に行っても大きな効果を挙げることができないため、しばらく休養に充てた方がいい」と判断されたという。



2/16 真央、表情すっきりソチ入り 15日の練習には姿見せず

(2014-02-16)

報道機関

スポニチ

見出し

真央、表情すっきりソチ入り 15日の練習には姿見せず

配信日

2014216530

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/16/kiji/K20140216007596570.html

内容

ソチ五輪フィギュアスケート女子SP (219日)

フィギュアスケート女子の浅田真央(23=中京大)が15日、個人戦(19日SP、20日フリー)に向け、アルメニアの首都エレバンに日本チームが用意した前線基地から予定より2日早くソチへ戻った。
 紺色のジャケットに白パンツという日本選手団公式服装に白いニット帽をかぶり、到着ロビーに現れた。韓国のテレビクルーに取り囲まれ、係員が「正面を空けてください」と制止する場面もあった。
 浅田は取材対応しなかったが、すっきりした表情。十分な練習時間を確保して復調の手応えをつかんだ様子だった。佐藤信夫コーチは「落ち着いて練習できたか?」という質問に「はい」と力強く答えた。15日午後にサブリンクで行われた練習には姿を見せなかった浅田だが、今後は集大成となる最後の大舞台に向けて仕上げの調整に入る。

G20140216007597230_thum.jpg ソチに戻ってきた浅田



2/15 真央、練習拠点から再びソチ入り 19日SPへ落ち着いた表情

(2014-02-15)

報道機関

スポニチ

見出し

真央、練習拠点から再びソチ入り 19日SPへ落ち着いた表情

配信日

20142152340

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/15/kiji/K20140215007597810.html

内容

フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が15日、日本チームの練習拠点があるアルメニアから再びソチ入りした。空港では日本と韓国の報道陣30人以上が待ち受けたが取材対応はなく、落ち着いた様子で迎えの車に乗り込んだ。
 浅田は団体のショートプログラム(SP)に出場後、ソチと時差がなく飛行機で1時間ほどの距離にあるアルメニアのエレバンで調整した。「落ち着いて練習できたか」と問われた佐藤信夫コーチは「はい」と短く答え、前夜に金メダルに輝いた羽生結弦(ANA)については「日本男子で初めてなので素晴らしいこと」とたたえた。
 鈴木明子(邦和スポーツランド)も同便でソチに戻った。その後、村上佳菜子(中京大)とともに練習した鈴木は「アルメニアでは団体戦のフリーの演技を修正しながら基本的なスケーティングに時間を取って、しっかりいい状態にしてきた」と笑顔で話した。浅田は練習しなかった。
 女子は19日(日本時間20日未明)にSP、20日(同21日未明)にフリーが行われる。(共同)
G20140215007598030_thum.jpg アルメニアでの調整を終え、ソチに戻った浅田真央





カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。