スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/31 フェルナンデスが欧州選手権3連覇!恋人・美姫のエールに応えた

(2015-01-31)

報道機関

スポニチ

見出し

フェルナンデスが欧州選手権3連覇!恋人・美姫のエールに応えた

配信日

2015131日 603

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/31/kiji/K20150131009725590.html

◆内容◆

フィギュアスケートの欧州選手権は30日、ストックホルムで男子フリーを行い、ハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)は173・25点、ショートプログラム(SP)との合計を262・49点として3連覇を果たした。同大会男子の3連覇は1987年~89年のアレクサンドル・ファデーエフ(旧ソビエト連邦)以来の快挙となった。
 SPでもトップのフェルナンデスは3回の4回転ジャンプを予定していたが、冒頭の4回転トーループはきれいに決めたものの、コンビネーションに組み入れていたサルコは3回転となり、もう1回は転倒。滑走後の表情は冴えなかったが、ほかの選手にもミスが出て、2位に25点以上の差を付けての優勝となった。
 フェルナンデスは安藤美姫(27)と交際しており、フリーの前には「インスタグラム」でフェルナンデスを含むSPトップ3の選手に「今日も輝いて!」とエールを送られていた。
 ロシア王者のマキシム・コフトゥン(19=ロシア)が157・47点、合計235・68点でSP4位から順位を上げて2位、前回2位のセルゲイ・ボロノフ(27=ロシア)が151・99点、合計233・05点で3位に入った。

スポンサーサイト


1/28 “美姫の恋人”フェルナンデス 欧州選手権3連覇へSP首位発進

(2015-01-28)

報道機関

スポニチ

見出し

“美姫の恋人”フェルナンデス 欧州選手権3連覇へSP首位発進

配信日

2015128日 2347

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/28/kiji/K20150128009713190.html?feature=related

◆内容◆      

 フィギュアスケートの欧州選手権は29日、ストックホルムで男子ショートプログラム(SP)を行い、ソチ五輪4位で欧州選手権2連覇中で世界選手権で連続3位のハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)が89・24点でトップとなった。
 2位は前回欧州選手権2位のセルゲイ・ボロノフ(27=ロシア)で81・06点、3位にミハル・ブジェジナ(チェコ=24)が80・86点で続いた。
 安藤美姫の交際相手としても知られるフェルナンデスは、冒頭の4回転サルコー、連続3回転のコンビネーションジャンプで着地が乱れる場面もあったが、2位に8点以上の差を付け、3連覇へ好発進となった。



12/5 公共放送NHKのスポーツ放送に異議あり 生中継されなかった「錦織」快進撃

(2014-12-05)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

公共放送NHKのスポーツ放送に異議あり 生中継されなかった「錦織」快進撃

配信日

201412月 5日 600

http://www.sankei.com/sports/news/141205/spo1412050001-n1.html

◆内容◆          

「世界の4強」を脅かすテニスの錦織圭の今季の躍進を受けて、NHKが来年1月19日に開幕する四大大会の全豪オープンを地上波で放送予定という。国民的偉業ともいうべき歴史的瞬間を地上波で放送することは「多様な国民のニーズに応える」公共放送として当然の役割といえるだろう。海外で活躍する日本人アスリートが多くなるにつれて、衛星放送に対する期待が高まる一方だが、同局のスポーツ中継は「競技バランスに欠く」という声も聞く。さらに言えば、スポーツ中継は「ライブ」が生命線であることをお忘れなく-。

◇国民的関心事と公共放送

 今年9月、錦織が全米オープン決勝に進出した試合をWOWOWが独占放送した。結果的に錦織のグランドスラム(四大大会)優勝は来年以降に持ち越されたが、この歴史的マッチをNHKが生放送しなかったため、同局には苦情が相次いだという。

 11月にロンドンで開催された世界の上位8人で争う「ATPツアー・ファイナル」にしても、テレビ朝日が錦織の準決勝の模様を地上波で生放送。深夜帯にもかかわらず、15.2%の高視聴率を記録した(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。NHKはまたしても、民放に“先手”を打たれる形になった。

NHKが来年の全豪オープンに食指を伸ばした背景には「錦織の快挙をテレビで見たい」という視聴者からの強い要望がある。同局は歴史的にも、五輪やサッカーのワールドカップ(W杯)、メジャーリーグ(MLB)、ゴルフの米ツアーなどに力を入れてきた。しかし、テニスに関してはウィンブルドンを除くと、必ずしも熱心であるとはいえない。ATPツアー・ファイナルの存在自体、錦織の快挙によって知った国民も多く、テニスのテレビ中継はそれだけ馴染みがないということだ。

◇「ライブ」であることの意味

 五輪の衛星放送の歴史を振り返ると、1988年ソウル五輪からスタートし、以降、生中継が加速度的に増えていく。今年6月のサッカー・ブラジルW杯では、日本時間の深夜から未明の試合だったにもかかわらず、多くの試合がライブで中継された。しかし、一方で開催地との時差の関係で、時間をずらして放映する「録画放送」も放送形態の一つである。

 NHKの場合、視聴者の関心が高い五輪やサッカーW杯、MLB中継は生中継であることが多い。中でも大リーグは日本人が出場していなくてもライブで放送するほど熱心だ。しかし、日本人が活躍するイタリア・セリエAなどの欧州サッカーやウィンブルドンなどは、残念ながら録画放送が中心だ。

 ライブと録画放送との間には、大河の両岸ほどの「隔たり」がある。例えば、ACミランの本田圭佑が出場する試合を放映してくれても、それが録画放送であればスコアだけでなく、本田が得点するかどうかもネットを検索すれば分かり、興ざめのテレビ観戦と化してしまう。

インターネットの普及に伴い、スポーツの結果をいち早く知ることができる時代。時間を遅らせて放送する通称「ディレイ放送」は視聴者をときに裏切るということだ。画面に「ライブ」の表示があれば生中継と分かるが、表示がない場合、およそディレイと思っていいのだが、放送局側もわざわざ「録画放送」とは表示しない。そのため、視聴者はライブか否かで困惑してしまう。

◇若者のスポーツ離れとテレビ中継

 試合の臨場感を伝えることは、スポーツ中継の大切な使命である。1日前の映像を垂れ流ししているだけなら、テレビの視聴は単なる“確認作業”になってしまうだろう。

 繰り返しになるが、スポーツ中継の鍵はライブにある。そして、ゲームセットの瞬間まできちんと放送することも大切な使命である。最大のクライマックスを迎えた瞬間に、中継が終わってしまえば、放送局に対する信頼をも失墜することになるだろう。欲を言えば、試合後の余韻を楽しむために放送時間に余裕を持たせてほしいものだ。

 若者のスポーツ離れはテレビの視聴にも及び深刻な状況だ。しかし、その懸念はテレビ局側の創意と工夫、スポーツ中継に対する崇高なる理念によって少しは解消できるだろう。スポーツ中継がよりスリリングな娯楽になることを願ってやまない



11/30 11/30付のスポーツ誌

(2014-11-30)
◆11/30◆ (ネットで確認できたもののみ)
2101411301.png 201411302.png

 2014113010.png

201411303.png


11/29 羽生舞台裏では一人勝ち ライバルこぞって白旗ムード

(2014-11-29)

報道機関

東スポ

見出し

羽生舞台裏では一人勝ち ライバルこぞって白旗ムード

配信日

20141129日 1600

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/339684/

◆内容◆

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯初日(28日、大阪・なみはやドーム)、男子ショートプログラム(SP)でソチ五輪金メダリストの羽生結弦(19=ANA)は4回転ジャンプなどに失敗し、78・01点で5位発進となった。8日の中国杯フリーでの流血事故後初となる演技では精彩を欠いたが、舞台裏では“主役”を譲らない。まさに「羽生劇場」が繰り広げられていた――。 苦難を乗り越え氷上に立った。ショパンの曲「バラード第1番」に乗って演技をスタートしたが、冒頭の4回転トーループで転倒。2連続3回転ジャンプも1つ目で転んで単発に。得点は78・01点と普段の羽生にとっては考えられない点数だったが「悔しい。悔しいのみです。結果的にこうなったのは自分の実力の足りなさ。ケガではない」と言い訳はしなかった。
 8日の中国杯フリー前の6分間練習で中国選手と激突し流血の惨事。9日に負傷が全治2~3週間と診断された。直後は痛みで眠ることもできず、歩行すら大変な思いをした。「どうしようもなく痛かったので両親に『NHK杯に出られないかも』と相談した」ほどだったが「中国杯ではファイナルに出たいという自分の意思を尊重して滑らせていただいた。その演技を無駄にしたくなかった」と出場を決意した。
 ただ、氷上練習の開始が1週間前とあって万全にはほど遠かった。5位に沈んだのはある意味仕方のないところだが、舞台裏ではやはり羽生が“主役”だった。今大会、各国代表が集まる会議では中国杯での“羽生アクシデント”を踏まえて「GPシリーズも最後。6分間練習ではお互いよく気をつけて、滑走しよう」との申し合わせが行われ、選手にも伝えられたという。

 そうした関係者による注意喚起もあって、今回はアクシデントを回避。それでも羽生がリンクに登場した際には、会場中に妙な緊張感が走った。すべての観客が羽生の一挙手一投足に注目。他の選手と少しでも接近するたびにざわめきが起き、何事もなく終えると会場全体からホッとする声が上がった。
 
さらには、SP3位までが臨む記者会見には不在だったが、話題は五輪王者で一色首位に立った無良崇人(23=HIROTA)は「彼がこの場にいないのは想像だにしていなかった。ましてや僕がセンター(1位の席)にいるなんて」と素直な感想を口にした。
 2位ジェレミー・アボット(29=米国)は「羽生は戦士のような人。意気込んで今日より上げてくると思う。抜かされるのは必然だと思うけど、自分のために滑りたい」と29日のフリーで羽生に逆転される…とまで予測した。3位の村上大介(23=陽進堂)にいたっては「彼は僕のアイドル。がんばってほしい。僕は順位は落ちると思う」と話したほどだった。

 今大会で3位に入ればGPファイナル(12月、スペイン)出場が決まる。羽生は「GPファイナルに行きたいとばかり言っていたが、今、気がつきました。これはNHK杯なんだぞって。今は今だし、この大会に集中しないといけない。明日は一つひとつ丁寧に滑りたい。今でも優勝したいと思っている」と話したが、リンク外では「そりゃ3位には入るでしょう」(フィギュア関係者)との声がもっぱらだ。
 羽生一人だけ、別次元にいると言っても過言はない。しばらくはリンクの内外で王子が主役の座に君臨し続けそうだ。

※参考までに

無良、羽生との競演に「僕もうれしい」 NHK杯男子SPトップ3会見コメント (スポーツナビ 2014/11/28 2214

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/201411280007-spnavi?page=1

◆内容◆

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は28日、大阪・なみはやドームで男子ショートプログラム(SP)が行われ、無良崇人(HIROTA)が自己記録を更新する86.28点でトップに立った。2位はジェレミー・アボット(米国)で81.51点、3位には79.68点の自己ベストをマークした村上大介(陽進堂)が入った。羽生結弦(ANA)は78.01点で5位だった。
 SPトップの無良は、演技冒頭の4回転トウループ−トリプルトウループを着氷させると、直後のトリプルアクセルも高さのあるジャンプを見せ流れに乗る。トリプルルッツも危なげなく降り、終盤には全身を大きく使ったステップを披露。大きなミスなく演じ切った。
 男子フリースケーティングは29日に行われる。
 以下は演技後のトップ3会見での無良、アボット、村上のコメント。

無良「しっかり演技ができた」

――今日の出来と明日に向けての抱負を。
無良 カナダ大会が終わって緊張している中で、2戦目がどういうふうになるか分からない状態で迎えて、公式練習や6分間練習ではあまり良い状態ではなかったんですけど、自分の中ではしっかり演技ができたかなと思っています。ただジャンプを3回跳んだ後に、緊張がほぐれ過ぎてステップで詰まってしまったので、明日はそういうことがないようにしたいと思います。
アボット 今日は非常に満足しています。このプログラムはすごく大好きで、演じていてすごく気持ち良く演じられる。まるで自分の体の一部みたいです。スコアに関しては理解できないところもありましたが、私にとって一番重要なのは演技です。明日も安定した演技で、今と同じポジションに立っていられればいいなと思っています。
村上 このポジションを想像していなかったので、とにかくこのNHK杯はファイナルも懸かっていないし、僕にとって全くプレッシャーがなかったんですね。でも今日の結果で空気が変わってしまいました(笑)。

アボット「スケートアメリカからすべて見直した」

――アボット選手、スケートアメリカからどういう変化があったのか?
アボット 筋肉をどう使うかといったことから、すべて見直しました。7月下旬から8月上旬にかけてですが、どうも自分の体の使い方が間違っているんじゃないかと思ったんです。技術面、ストロークからスピンまで変更を加えていったわけですが、スケートアメリカでは手応えは感じていたんです。でも自分のモノになっていなかった。ショートは良くできたのですが、フリーは昔のクセが戻っていたんです。そこから4週間、非常に良いトレーニングを積めたので、その成果も出て、今回の結果につながったんだと思います。
――無良選手、イリヤ・クーリック氏にジャンプを習ったと言っていたが、なぜ彼だったのか。その経緯を教えてほしい。
無良 まずいきさつとして、濱田(美栄)コーチから『ジャンプを見直しに行かないか』という話があって、僕も昨季から見直す気持ちがありました。ただ、そこで誰に頼むか迷っていたんですけど、1度習ってみたかったのがロシアの選手で、30代になってもジャンプが衰えていない選手が多い。そういう秘訣みたいなものを、今後僕も歳を重ねていく中で知っておきたいなと。
 もちろんいろいろなことがあって話が進んだんですけど、とにかく3回転というものが、いかに簡単に回れるものなんだよと認識するところから入りました。『4回転は3回転の延長なんだよ』という考え方が僕の中になかったので、そういう考え方のところからスタートして、4回転をどうやって回転させていけばいいかと。僕の中でロシアの選手というのは、ジャンプを振り回す印象があって、合うかどうか心配していたんですけど、それをうまく濱田先生がコントロールしてくれて、今の状態があるんだと思います。

村上「羽生選手は僕のアイドル」

――フリーでは羽生選手が追い上げてくると思うが、明日はどういう演技をする必要があると思うか?
無良 彼がこの場にいないことが想像できませんでした。ましてや、僕がセンターにいるということは想像していませんでした。でも彼がまず試合に出てくれたことが僕にとってはすごくうれしいことだったんですね。フリーでは同じ曲を滑るライバルですけど、仲間でもありますし、ずっと一緒に試合をしたいと思っていました。ショッキングなことがあった中での試合なので、身体的なことも含めていろいろあると思いますけど、本当に彼と一緒に試合をしていることが僕もうれしいです。もちろん今の順位をキープしたいですけど、彼の強い心というのはフリーでこそ生きるものですし、それに負けないように自分も最後までやり切ることが必要だと思います。
アボット 何と答えればいいのか分からないですけど、彼は真のチャンピオンであり、戦士のような人間です。明日は必ず順位を上げてくると思いますし、あれだけミスをしても2点差なので僕が抜かれるのは必然かなと思っています。ただ私は自分のために滑るので、1つ1つのエレメンツをしっかりこなして、スケートアメリカからこれだけ成長したというのを見せて、できることならこの順位をキープしたいと思っています。
村上 羽生選手は僕のアイドルなので、今回出るというのはすごい精神だと思います。明日は頑張ってほしいです。僕自身は絶対に順位は落ちると思いますし(笑)、ファイナルも懸かっていないので、シーズンベストを出してとにかく来年につなげられるように頑張りたいと思います。


201411280007-spnavi_2014112800047_view.jpg 大きなミスなく演じ、SP首位に立った無
201411280007-spnavi_2014112800048_view.jpg 会心の演技で観客を魅了した2位のアボット
201411280007-spnavi_2014112800049_view.jpg 自己ベストを大幅に更新し成長を見せたSP3位の村上







続きを読む



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。