スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/23 韓国GP来季復活を模索…違約金回避が目的か/F1

(2015-02-23)

報道機関

サンスポ

見出し

韓国GP来季復活を模索…違約金回避が目的か/F1

配信日

2015年 2月 23日 1126

http://www.sanspo.com/sports/news/20150223/mot15022311260003-n1.html

◆内容◆

F1世界選手権で2013年を最後に開催されていない韓国GPの地元運営団体が、16年の復活開催を求める意向であることが22日、わかった。欧米で伝えられたところによると、運営団体が、「GPを復活させたい。FOM(F1の興行権を持つF1管理会社)と交渉する予定だ」と話しているという。

 韓国GPは06年10月、10年から16年までの7年契約(その後は5年間の延長オプションつき)での開催を発表。サーキットが新設されたが、初開催の10年にはGP開幕後に、韓国軍兵士まで動員して座席の設置を行うなどの準備不足が明らかになった。

 また、同国南西部にある霊岩の会場付近は宿泊施設が不足し、取材記者や、マクラーレンのような有力チームのスタッフですら、ラブホテルでの宿泊を強いられた。その上、観客動員もままならず、13年までの4年間で1900億ウォン(約203億円)の累積赤字を計上した。

 これを受けて14年は地元運営団体の要望で開催を中止したが、国際自動車連盟(FIA)は昨年12月、契約を順守する格好で今季の日程に韓国GPを含めた。今年も開催不可能と確認後、結局、日程から削除したが、今月にはFOMが1大会の開催権料の倍にあたる8600万ドル(約102億円)の違約金を請求したと伝えられた。

韓国の地元開催者は、違約金は報じられた額より少ないとしているが、欧州のスポーツサイトでは、「赤字を理由に開催を中止しながら、違約金の方が高くつくとわかった途端、やはりやりますでは筋が通らない」というファンの声も。一部報道では、「FOMは韓国側がどこまで本気なのか懐疑的になっているようだ」としながらも、14、15年の不手際はあったにせよ、16年まで契約を結んでいる韓国側が契約どおりGPを開催すると主張した場合、それを容易に阻止できるかは不明だとしている。
スポンサーサイト


2/14 F1韓国GPの違約金騒動 財政難で日程から除外 “ずさん”な運営に続く恥の上塗り

(2015-02-14)

報道機関

iza!

見出し

F1韓国GPの違約金騒動 財政難で日程から除外 “ずさん”な運営に続く恥の上塗り

配信日

2015年 2月 14日 20:33

http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/150214/spo15021420330057-n1.html

◆内容◆

自動車レースの世界最高峰、フォーミュラワン(F1)の韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が、大会を開催できなかったとして、F1側から最大120億円もの違約金を請求される見通しであることが分かった。過去に開かれた大会でもずさんな運営ぶりが批判されたが、巨額違約金で国際的な恥の上塗りとなってしまうのか。

 韓国GPは、同国南部にある全羅南道の霊岩(ヨンアム)で2010年から13年まで開かれたが、財政難から14年シーズンの開催を断念した。昨年12月に国際自動車連盟(FIA)が発表した15年シーズンの暫定カレンダーには5月に韓国GPが組み込まれていたが、結局、予定から除外された。

 AFP通信によると、全羅南道の地元自治体関係者などで構成される韓国GPの組織委員会に対し、F1の興行権を持つフォーミュラワン・マネジメント(FOM)から通達が届き、15年大会の開催に必要な銀行の信用状を用意できなければ契約に対する「重大な違反」になることが伝えられたという。

 朝鮮日報によると、組織委は昨年と今年、韓国GPを開催できなかったことによる違約金として最大1億ドル(約120億円)を支払わねばならない見通しとなったという。組織委は韓国GPを16年まで開催する契約をFOMと取り交わしており、来年の不開催に伴う分についても違約金を支払わねばならない状況に追い込まれそうだと報じている。

韓国GPではサーキットまで新たに建設するなどこれまでに総額1兆ウォン(約1086億円)が投じられたというが、観客動員は伸び悩み、4年間で1900億ウォン(約206億円)の累積赤字を計上した。会場へのアクセスが悪いことや、周辺の宿泊施設不足によって、有力チームのマクラーレンのメカニックですらラブホテルでの宿泊を強いられるなど不評だった。

 韓国の国際大会では、18年の平昌冬季五輪でも資金難による準備の遅れが指摘されている。

 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は背景について「韓国の地方都市は借金が多く財政的に厳しいのだが、日本への対抗意識に加え、地域別の対抗心も強いため、無理をして国際大会を開こうとする」と分析した。



2/11 舛添都知事の来年度出張費は約2.4億円 随行員が増加し膨張

(2015-02-11)

報道機関

週刊ポスト

見出し

舛添都知事の来年度出張費は約2.4億円 随行員が増加し膨張

配信日

2015年 2月 11日 16002015220日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20150211_302988.html

◆内容◆

舛添要一・東京都知事が就任1年を迎える。この間、舛添氏がとくに注力してきたのが東京五輪の開催準備などを名目とした都市外交だ。『週刊ポスト』がその経費の詳細を情報公開請求によって入手したところ、5か国で計1.8億円も使っていたことがわかった。来年度予算では、出張費は約24000万円とさらに上積みされた。
 五輪誘致という海外出張の大義名分があった前任者・猪瀬直樹氏が11か月間で海外出張6回、総経費14000万円だったことを踏まえるとその膨張には首を傾げたくなる。
 費用が膨れあがる背景には同行職員の存在がある。2月のソチ出張では総勢8人だったのが回を重ねるたびに増え続け、10月のロンドン・ベルリン訪問では20人の大名行列となっている。
 都は「ベルリン市との都市間協力を進める合意書締結に必要な職員などが同行した」(政策企画局外務部外務課)とするが、民間企業で社長の出張に20人の社員が付き添うなどまず考えられない。現地案内人や車両手配、通訳への支払額が膨れあがる理由の一つとして随行職員の多さがあるのは間違いない。
 しかも、そうした職員まで高級ホテルで知事と同様に条例で定められた宿泊費上限の規定額を上回る部屋に宿泊しているのだ。
 ロンドンのドーチェスターホテルでは政策企画局秘書事務調整担当部長と同担当課長が、規定額の約5倍となる114000円の部屋(スタンダードルーム)に泊まっている。

「増額理由」としてセキュリティ確保や早朝・深夜の緊急連絡、打ち合わせを速やかに行なうため、「知事の部屋を取り囲むように配置することが求められる」と記されている。外務長、オリンピック・パラリンピック準備局次長なども「知事や特別秘書からの突然かつ想定外の指示に対して迅速に対応するため、(中略)知事と同一フロアである必要がある」との理由で同様に規定の約5倍の額の部屋に泊まっている。
 この文章を読んで、舛添氏の出張では緊急の呼び出しが多くて大変だな……と思う納税者はいないだろう。知事が出張好きであるのをいいことに、まともなチェックもされず都役人の作文に判子が押され、高級ホテル宿泊にしているのだ。政治評論家・屋山太郎氏はこういう。
「都知事の外交に意味がないとまではいわないが、基本的には親善を深めることしかできない。韓国・朴槿惠大統領との会談のように、国の外交に悪影響を及ぼすケースまである。そのことを肝に銘じるべきだ」
 都民の税金を使った高級ホテルのスイート巡りにどれだけの意味があるのか。舛添氏は、慰安婦問題について朴氏の主張を一方的に聞き、「安倍首相に伝える」と返すだけで、さらには「東京都民の90%は韓国が好き」と講演で発言し、都庁に抗議が殺到した。任期2年目に入った舛添氏の言動はより厳しく監視されるべきだ。



2/10 出張が多い舛添都知事 ロンドンで1泊15万、ベルリンで9万

(2015-02-10)

報道機関

週刊ポスト

見出し

出張が多い舛添都知事 ロンドンで115万、ベルリンで9

配信日

2015年 2月 10日 16012015220日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20150210_302823.html

◆内容◆

都知事就任わずか10日後の昨年221日からのソチ五輪視察に始まり、同10月のロンドン・ベルリン訪問まで、舛添要一氏のこの1年の外遊は計6回、5か国7都市に及んだ。
 昨年10月には外遊で不在中に羽田でエボラ出血熱感染の疑いのある旅行者が見つかり、デング熱騒動や小笠原諸島(東京都)近海への中国密漁船の来襲などの際も海外出張中であったことから、都議会自民党も「緊急時に知事がいないのはいかがなものか」と外遊の多さに批判の声をあげた。
 そうまでして海外を飛び回る舛添氏はどれだけの出張経費を使ったのか。
『週刊ポスト』の情報公開請求によって東京都が使途を明らかにした6回の外遊費用は合計約18000万円にのぼる(一部は精算が終わっていないため予算額)。3日~1週間の日程で、どの国でも1000万円単位の支出があった。
 各国への出張費で目立つのが宿泊費だ。
 2月のソチでは高級リゾートホテル「ソチスパ」に2泊し、五輪開催中の繁忙期とはいえ料金は1151800円。ちなみに経由地のフランクフルトで空港ストに遭遇して急遽、宿泊したホテルは152300円だった。

 7月のソウル訪問でロッテホテルの16万円のスイートルームに2泊したのは安価な方で、ロンドンではドーチェスターホテルのジュニアスイート(158000×3泊)、北京ではニューオータニ北京のスイート(69500×2泊)、ベルリンではインターコンチネンタルベルリンのジュニアスイート(95000×2泊)など世界の一流ホテルのスイートを利用してきた。
 もちろん東京都知事が安宿に泊まるわけにはいかないだろうが、舛添氏はどこの出張先でも条例で定められた都知事の宿泊費上限を大幅にオーバーしている。
 上限額は滞在地によって異なり、たとえばロンドンなら4200円で、実際に泊まったホテルは規定の4倍近い額だ。
 担当部局の承認があれば宿泊費の増額が認められるというが、ことごとく上限を超えるのであれば、条例の規定そのものを変えるべきだ。それをしないのは条例改正を議会に諮ることで、「豪華外遊」批判を浴びることを恐れているからではないか。だから情報公開請求をしない限り明らかにならない「増額申請」が毎回のように出される。

 申請書類の「増額理由」として、「セキュリティ性」「移動が容易な立地」などに加えて「緊急事態発生時でも東京都事務局と緊密な連絡をとれる設備(インターネット等)が整備されていること」など挙げられるが、今時、どの国の主要都市でもネット環境が整備されていないホテルを見つけるほうが難しい。屁の臭いが漂う理屈にしか思えない。


2/9 「汚い」「他国を不愉快にさせる」準優勝でも尊敬されぬ韓国…「豪州の選手からユニホーム交換を拒否されていた」

(2015-02-09)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

「汚い」「他国を不愉快にさせる」準優勝でも尊敬されぬ韓国…「豪州の選手からユニホーム交換を拒否されていた」

配信日

2014年 2月 9日 700

http://www.sankei.com/premium/news/150209/prm1502090008-n1.html

◆内容◆

豪州で開催されたサッカーのアジア・カップで、韓国は1月31日の決勝で豪州に延長戦の末に2-1で敗れ、55年ぶりの優勝を逃した。昨年9月に就任したウリ・シュティーリケ監督の守備重視の戦術が奏功した一方で、決勝ではその肝心な守備で集中力を欠いた印象だった。指揮官は「選手を誇りに思ってほしい」と労をねぎらったまでは良かったが、豪州が「アジア大陸ではない」として敗者がいないなどと発言。「相手をリスペクトしていない」と物議を醸している。また、日本のネットユーザーは韓国が試合後のユニホーム交換を拒否されたと書き込んでいた。

 韓国紙・中央日報によると、シュティーリケ監督は「攻撃が優れたチームは勝つが、守備が優れたチームは優勝する」という哲学を持っていると紹介としている。準決勝までの5試合は確かに失点0に抑えていた。

 しかし、豪州との決勝で前半45分、ゴール正面で縦パスを受けたMFルオンゴの周りには韓国守備陣がいたが、ボールウオッチャーとなって一瞬動き出しが遅れて失点。延長前半15分ではゴール右の深いゾーンで豪州FWジュリッチを囲い込んだがボールを奪取しきれずクロスを入れられ、トロイージに決勝点を許した。その際もトロイージを韓国DFカク・テヒがマークしていたが、パスコースをふさぐ位置に体を入れていなかった。

内容的には不満が残るはずだが、それでも1次リーグで敗退した昨年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、空港に帰国した時、選手らは「韓国サッカーは死んだ」と書かれた横断幕を持ったファンに侮辱を意味する“飴”を投げつけられる洗礼を受けたのとは格段の違いで迎えられた。中央日報によると、空港には約1000人のファンが集まり、多くの少女ファンはアイドルグループに熱狂するよう歓声をあげていた。「よく頑張った孫興民(ソン・フンミン)」と書かれた横断幕を持ったファンもいた。

 韓国にとって準優勝も1988年大会以来のことなので、結果に浮かれるのも無理もない。だが、日本は1992年大会以降、4度の優勝を遂げている。決勝戦を翌日に控えた1月30日の記者会見で、韓国のキ・ソンヨンは「韓国代表はずっと強いチームだったが、アジア杯の優勝は少ない。日本とサウジアラビアは私たちより多く優勝している。これは私たちにとって恥辱だ」と述べた。

 甚だしく礼を欠いた発言だが、ウリ・シュティーリケ監督も試合後「豪州はアジア大陸ではないので、優勝というか、今日の試合だけを見れば敗者がいない素晴らしい試合だった」と発言した。

日本のネットユーザーからは「せっかく健闘したのに最高に格好悪い」「マジで恥ずかしい発言だと思わないのかね。日本人なら絶対に公でこんな発言しないよね」「相手をリスペクトすることってないのかね」と指摘した。

 さらに決勝前に複数の豪州サポーターが「日本代表は豪州との対戦で勝っても負けても侮辱したり異議を唱える発言をしない。勝敗に関わらず、良い影響を与え合うライバルだが、韓国は汚いサッカーをするし、負けたら難癖をつける」と書き込んでいたのを受けて、「その通りになっちゃいましたね」と呆れるしかなかった。

 追い打ちをかけるように、日本のネットには「試合終了後、韓国がユニホームの交換を断られた」との書き込みが散見された。必ずしなければならないことはないが、互いの健闘を称えあって交換するのが慣習である。

 拒否される場合もあるが、原因は相手に対して嫌悪感を抱く場合がほとんど。過去にイングランド代表のベッカムが韓国代表とのユニホーム交換を拒否した。12年6月にはスペイン代表が韓国との親善試合の際、ユニホームを交換しなかっただけでなく、握手もせずにロッカーに引き揚げたという話もある。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。