スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/3 開催懸念払拭を目指す平昌冬季五輪 リオへ15億ドル支援決定したIOCも加わる「統合協議体」を新たに発足へ

(2015-03-03)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

開催懸念払拭を目指す平昌冬季五輪 リオへ15億ドル支援決定したIOCも加わる「統合協議体」を新たに発足へ

配信日

2015年 3月 3日 1636

http://www.sankei.com/sports/news/150303/spo1503030020-n1.html

◆内容◆

2018年2月に韓国で開催される平昌冬季五輪まで3年を切ったが、開催準備の遅れへの懸念は消えない。こうした中、懸念払拭を目指し、新たに「統合協議体」が発足することになった。

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)が報じたところによると、平昌五輪・パラリンピック大会組織委員会は2月27日、ブラジル・リオデジャネイロで国際オリンピック委員会(IOC)関係者と会談し、IOCと五輪組織委、韓国政府、江原道、国際競技団体が参加する「統合協議体」を運営することを決めた。同協議体は、平昌五輪の懸案について迅速に意思決定を行うのが目的で、最低でも月1回以上、会合が開催されるという。初会合は、3月17日から行われるIOC調整委員会に先立って行われる予定だ。

 確かに、準備遅れは深刻だ。新設の6競技場の建設が開催1年前の「テストイベント」に間に合わないことが懸念されている上に、大会運営費の4割近くを賄うはずのスポンサー契約も2月の段階で目標の30社に対し4社。さらに、五輪後の後利用計画でも新設の6施設のうち4施設の計画が未定という状況とも報じられている。朝鮮日報によると、会場整備の進捗状況(今年1月時点)はわずか6~14%。さらに、大会運営費捻出の問題では、インフラ関連予算を除く大会運営予算を2兆540億ウォン(約2259億円)とし、このうち8530億ウォン(約938億円)をスポンサー契約で賄う計画なのだが、契約数は4社のみというのだから、不安は尽きない。

組織委は13、14年の協賛費収入をそれぞれ175億ウォン(約19億円)、675億ウォン(約73億円)と予想。しかし、13年は収入ゼロ、14年は35億ウォン(約4億円)にとどまったという。このため、13年は110億ウォン(約12億円)、14年は105億ウォン(約11億円)を政府や関連機関から借り入れた。

 昨秋開催された仁川アジア大会でもスポンサー集めは苦戦。頼みのサムスン電子は2020年までIOCと公式スポンサー契約を延長しており、国内スポンサーになる必要がないのも痛い。それだけに、政府が乗り出さないと問題は解決しないといった声も出ている。

 懸念がなかなか払拭されないだけに、インターネット上には「国際的に大きな恥をかきかねない」「失敗して恥をかけばいいさ。そうすれば2度と招致しようなんて言わないだろう」「できないなら最初からするな」といった声が寄せられているという。

 今回、IOCも加わるという「統合協議体」の発足で、大会に向けた準備が加速するか。2月26日のリオデジャネイロでのIOC理事会では、リオ五輪開催準備などに15億ドル(約1785億円)を支援することが決まった。平昌へのIOCからの資金援助の行方も注目される。

スポンサーサイト


3/3 平昌五輪が宿泊施設にホームスティ導入でトラブル続出必至

(2015-03-03)

報道機関

週刊実話

見出し

平昌五輪が宿泊施設にホームスティ導入でトラブル続出必至

配信日

2015年 3月 3日 1100312日特大号)

http://wjn.jp/article/detail/5285491/

◆内容◆

金欠病から開催が危ぶまれ続けている平昌冬季五輪('18年開催予定)。それを打破しようと、現地韓国であ然とするような“奇策”が打ち出された。
 「実は、金欠病に喘ぐ平昌五輪は競技場建設の遅れと共に宿泊施設不足も指摘されてきたが、氷上競技の会場となる江原道の江陵市が、宿泊施設の確保に一般家庭でのホームステイ制度を導入することを発表したのです」(外信部記者)
 218日に同市が行った発表によれば、五輪中に必要な宿泊施設は29282室。ところが、五輪のクライアントや組織委員会が要求したものを除くと2200室あまりが不足すると予想され、この苦肉の策に舵を切ったというのである。
 「そのため、同市はホームステイに応じてくれる3000家庭の募集と市内620カ所のワンルームマンションの活用でこれを補おうと動き出した。ただ、江陵市はソウルからバスで1時間もかかる田舎。3000軒も受け入れる家庭を探すのも、至難の業と見られているのです」()
 もっとも、トラブルの兆しはこれだけではない。
 「宿泊時の要となるトイレ事情も懸念されている。韓国のトイレは便器にトイレットペーパーを流せない。下水設備が脆弱だからです。また、女性が使うタンポンも韓国では既婚者が使うものとの観念がいまだに残り、これらがトラブルの火種となりそうな雲行きなのです」(ソウル特派記者)
 また、ご存じの通り、韓国は世界有数のレイプ大国。そのため、ホームステイの増加による性犯罪の多発も懸念されているのだ。
 「これには地元警察もピリピリしているという。五輪中に観光客へのレイプが多発すれば、国の権威が地に落ちる。特に韓国の男性は欧米女性に性的な憧れを抱いているだけに、その危険性が高いのです」()
 これを見る限り、もはや平昌五輪の開催は末期的。観光客が激減する可能性も否めないのだ。


2/28 準備迅速化、IOCなどと作業部会設立へ 組織委「新しいスポンサーもうすぐ発表」

(2015-02-28)

報道機関

産経新聞【平昌五輪】

見出し

準備迅速化、IOCなどと作業部会設立へ 組織委「新しいスポンサーもうすぐ発表」

配信日

2015年 2月 28日 1106

http://www.sankei.com/sports/news/150228/spo1502280021-n1.html

◆内容◆

2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会は27日、遅れが懸念されている会場建設などの準備を迅速化するため、国際オリンピック委員会(IOC)や会場の関連自治体、国際競技連盟の代表者が参加した合同作業部会を設立することを決めた。今後毎月会合を開く。

 組織委はリオデジャネイロで開かれたIOC理事会で、会場変更がないことやテスト大会を予定通りに実施することを報告した。

 組織委によると、そり競技の施設建設は15%まで進み、アルペンスキーのテスト大会は17年に行う。財政難が不安視されているが、趙亮鎬会長は「新しい国内スポンサーとの契約をもうすぐ発表できるはずだ」と述べた。(共同)

 



2/24 スポンサー集まらず、競技場建設も1割ほど 平昌五輪開催は「崖っぷち」のピンチ

(2015-02-24)

報道機関

J-CASTニュース

見出し

スポンサー集まらず、競技場建設も1割ほど 平昌五輪開催は「崖っぷち」のピンチ

配信日

2015年 2月 24日 1950

http://www.j-cast.com/2015/02/24228738.html?p=all

◆内容◆

20182月開幕の韓国「平昌(ピョンチャン)冬季五輪」まであと3年後に迫ったが、準備が進まずピンチだと韓国メディアなどが報じている。F1誘致のときなどの惨状を再現しかねないというのだ。

   「このままでは成功どころか、国際的な恥さらしになる」「今でも遅くない。日本に渡そう」。平昌五輪の危うさが次々に露呈し、韓国のネット上では、こんな意見が相次いでいるという。

・「ナッツ姫」父親の組織委員長も、事件で手につかず

   朝鮮日報などによると、韓国は、五輪で使う13競技場のうち6競技場を新設するが、20151月時点での建設工事の進捗率は614%に留まっている。このため、開催1年前のプレ五輪に間に合わない懸念も出てきた。国際スキー連盟は29日、フリースタイルの競技場について大幅改修が必要だとして「不合格」のお墨付きまで出したほどだ。

   また、運営費の4割近くを賄うスポンサー契約は、目標が30社のところまだ4社に留まっている。20年の東京五輪では、すでに目標15社のうち5社もがスポンサーに決まっていることに比べて、なかなか状況は厳しいようだ。

   さらに、五輪終了後も競技場の利用を考えないといけないが、6競技場のうち4競技場の利用計画が未定のままだという。

   こうした苦境の背景には、財閥への依存度が高い韓国経済が失速ぎみなことがある。このほか、大会組織委員長が「ナッツ姫」の父親の大韓航空会長で、事件の余波で仕事が手につかない状態だと報じられており、資金集めが捗らない一因にもなっているらしい。

   一時は日本との分散開催もIOCで検討されたが、韓国のパク・クネ大統領はそれを拒否して単独開催にこだわった。競技場建設などについて組織委は五輪までに間に合うと強調したというが、朝鮮日報が「崖っぷち」と報じるなど懸念は解消されていない模様だ。

・五輪招致で約束した高速鉄道も建設されないことに

   もし、このまま本番まで問題が解決されないとすると、平昌五輪は一体どんな状況になってしまうのか。

   その前例と言えるのが、韓国が誘致したF1レースかもしれない。

  首都ソウルからかなり離れた開催地で、鉄道も通っておらず、2013年のレースは「客席ガラガラ」などと韓国のネット上でも揶揄された。宿泊施設も足りず、メカニックや報道関係者はラブホテルに泊まらざるを得なかった。

   10年の開始当初はサーキットが未完成で、その後のレースでも、エンジンギアボックスにダメージとなる粉末消火器でマシンの火を消すなど設備の貧弱さも露呈した。結局、14年から開催されなくなり、200億円もの赤字のうえに100億円超の違約金まで請求されていると報じられている。

   最近でも、韓国・仁川で149月に開かれたアジア大会では、設備や運営などの不手際が次々に明るみに出た。

   各国の選手団では、照明がつかずにナイター練習ができなかったり、シャトルバスが来るまで2時間も待たされたりしたと報じられた。また、日本の選手団も、サッカーの練習は野外テントで着替えをし、エレベーター故障で22階まで歩いて上り下りしなければならない「アウェーの洗礼」を受けたとされた。

   平昌五輪も、「客席ガラガラ」とならないよう集客などにも課題が残る。雪の少ない韓国では冬季スポーツの人気はないとされ、五輪招致で約束した仁川空港平昌間を68分でつなぐ高速鉄道も建設されないことになったからだ。

   日本のネット上では、平昌五輪の危うさに関心が集まりながらも、日韓協力には冷ややかな声が多い。「関わると後で日本が悪いと言われる」「自力でなんとかしてください」といった反応で、「一番可哀想なのは選手」との声も上がっていた。



2/15 韓国ネットユーザーついに悲鳴「平昌冬季五輪の開催ムリ」

(2015-02-15)

報道機関

東スポ

見出し

韓国ネットユーザーついに悲鳴「平昌冬季五輪の開催ムリ」

配信日

2015年 2月 15日 900

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/366541/

◆内容◆

韓国メディアが連日、2018年の平昌冬季五輪の開催を危ぶむ記事を掲載している。スポンサー企業からの出資金が集まらず、競技場の建設も進まない。一時は国際オリンピック委員会(IOC)から分散開催の助言まで受け、日本が候補に上ったのは周知の通りだ。もはや韓国のネットユーザーまでも「開催はできないのでは」と悲観的な書き込みをしている。
 複数の韓国メディアによると、競技場など施設建設には約2兆ウオン(約2200億円)が必要で、うち約8700億ウオン(約957億円)をスポンサー企業からの出資で賄う予定だったが、いまだ目標額の3分の1にも届いていないという。
 最も危ぶまれているのが、競技場の建設だ。スピードスケート場は設計と土木工事を同時進行。スキー場はまだ10戸ほどの民家が立ち退いていないという。IOCはこうした状況を憂慮し、将来の五輪改革構想をまとめた2か月前、会場設置費用のかかるボブスレーなどのそり競技を念頭に分散開催も助言した。
「競技場の完成が間に合わないのだったら日本でやればどうか」という、あの話だ。韓国側はこれを一蹴し、IOC幹部も分散開催を行わないと決めたことを先月、明らかにした。だが、朝鮮日報によると「全体の工程率は6%」だというから、お話にならない。
 韓国メディアの社説、ネットユーザーなどからは「先進国をアピールするつもりが、国家的な恥をもたらす可能性」「お金もないのになぜ誘致した」「日本は嫌いだが、分散開催しかない」「今後は国際大会みたいなものを誘致するのはやめてくれ」などの声が噴出している。
「韓国呪術と反日」(青林堂)などの著書がある文筆人の但馬オサム氏はこう指摘する。
「韓国の先進国病は重篤といってもいい。彼らにとって先進国の証しの一つがスポーツの国際大会の開催です。そのため、ウォン安による見せかけの経済発展の時代、それこそイケイケどんどんで、様々なスポーツ大会を招致してきました」
 その最たるものが、昨年の仁川アジア大会だった。同大会の運営は散々で、会場設備のハード面から、誤審だらけ、観客のマナーの悪さなどのソフト面まで、批判だらけだった。
「近代スポーツ大会の主催国になる資格のないことを露呈させて終わったわけです。残ったものは、建設費用の回収さえ見込めない利便性無視のスタジアムと莫大な自治体の借金です」と但馬氏。
 F1レースも悲惨なことになっている。全羅南道・霊岩(ヨンアン)に莫大な資金を投入しサーキットを造ったが、これも累積赤字が200億円を超え、昨年、今年と韓国GPは不開催。韓国GPは、フォーミュラワン・マネジメント(FOM)から多額の違約金を請求される可能性がある。
 但馬氏は「韓国GP組織委員会が解散することになりました。解散の本当の理由はFOMに支払う100億円ともいわれる違約金を回避するため。企業でいえば、計画倒産のようなもの。いざとなったら踏み倒しというやり方はまさに韓国スタイルで、過去、WRC(世界ラリー選手権)でも同様の違約金無視がありました」と語る。
 イケイケで招致した平昌冬季五輪の問題も無責任体質そのものの産物なのだろう。
「そもそも韓国人は、純粋にゲームを楽しむというより、スポーツ大会を国威発揚の場としてのみ認識しているフシがあります。2002年のサッカーW杯では自国チーム以外の試合ではスタジアムは閑古鳥が鳴いていました。フィギュアスケートの国民的アイドル、キム・ヨナが引退した後の平昌五輪に、国民の関心が集まるかは疑問です」
 自国民からも「開催は無理」との声が出ている平昌の冬季五輪。一体どうなることやら…。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。