スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/10 韓国競泳“英雄”ドーピング疑惑 必死の釈明に冷淡な韓国メディア「リオ五輪出場は黄信号」

(2015-02-10)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

韓国競泳“英雄”ドーピング疑惑 必死の釈明に冷淡な韓国メディア「リオ五輪出場は黄信号」

配信日

2014年 2月 10日 600

http://www.sankei.com/premium/news/150210/prm1502100005-n1.html

◆内容◆

韓国スポーツ界に衝撃が走った。韓国競泳初の五輪メダリストである朴泰桓(パク・テファン、25)がドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示したからだ。1月26日に韓国各メディアが報じた。「マリンボーイ」と呼ばれ、国民的スター選手なだけに報道は過熱。昨年の韓国・仁川アジア大会前にソウル市内の病院で受けた注射に禁止薬物が含まれていたとみられ、所属事務所は担当医を傷害などで検察に告訴した。韓国のネットユーザーは「彼を信じる」「潔白だ」などと擁護する声が多いが、韓国メディアには故意性がないと判断されても2年間の選手資格剥奪の可能性が高く、2016年リオデジャネイロ五輪は絶望的だと報じる。

 喘息治療のため、医者に勧められて5歳で水泳を始めた朴泰桓。メキメキと頭角を現し、2008年北京五輪の男子400メートル自由形で金メダル、200メートル自由形で銀メダルを獲得し、韓国競泳で初めての五輪メダリストになった。12年ロンドン五輪でも両種目で銀メダルを獲得し、韓国競泳初の2大会連続のメダリストの快挙を担った。

 敵なしのスター選手として人気は高く、さわやかなルックスも相まって女性ファンも多いという。このため、様々な企業の広告モデルを務め、芸能人との親交も深い。最近、美人女子アナとの熱愛も報じられていた。

人気者ゆえに、本人は人一倍ドーピング問題に敏感で、韓国メディアによると「10年を超える活動期間でドーピング問題を懸念して風邪薬さえも服用しない」という。

 ところが、筋肉強化剤成分テストステロンが含まれた男性ホルモン注射を受けたことが確認された。韓国紙・中央日報は、今回初診の病院で、無料サービスとはいえ、不用意に注射を打ったことを疑問視する。

 報道によると、朴泰桓は昨年7月29日、ソウル市内の病院の勧めでネビド注射を受けた。ネビドの主成分テストステロンは1990年代から禁止薬物に指定されている。この病院はスポーツと特に関係がなく、医師はネビドについて無知だったとみられる。

 朴泰桓は昨年初めまで他の病院に通っていた。いくら無料とはいえ、重要なアジア大会を控え、そのような病院になぜ行ったのか。中央日報によると、この病院は「診療当時、朴泰桓の男性ホルモン数値が低く、これを高める注射(ネビド)を勧めた。これが禁止薬物とは知らなかった」と主張している。ある専門家は「普通、選手たちは絶対にネビドは打たない。しかし朴泰桓の場合は知らずに打った可能性がある。競技力の上昇を期待したとすれば、3回以上注射を打ったはずだが、一度だけ打ったのはミスだったという意味」と語った。

マネジメント会社は声明で「病院から注射を勧められた際に、朴は何度も禁止薬物が入っていないか確認した」と主張。「医師はまったく問題ないと答えた。それにもかかわらず、禁止薬物が含まれていたことが判明した」と憤りを隠さない。そして「朴は風邪薬さえも服用していないのに、ドーピング検査で陽性になるはずがない。今回の結果には誰よりも本人が衝撃を受けている」と同情を誘った。

 報道を総合すると、朴泰桓側は不慮の事故であり、故意性を全面否定する。韓国のネットユーザーは「朴泰桓は韓国の英雄だ。彼を信じている」「朴泰桓は潔白だ!」「彼は本当に誠実な人間。こんな騒動に巻き込まないでほしい」「病院側に責任があるに決まっている。医者が薬の成分もわからないのか? あきれて言葉が出ない」「疑わないで。どれだけ大きな夢を与えてくれたか忘れたの? 韓国人が信じてあげなければ、朴泰桓は誰にも信じてもらえない」などと擁護する声が寄せられていた。

この声に呼応するように、韓国メディアは韓国の英雄を擁護しそうなものだが、中央日報は追及を緩めない。「朴泰桓がテストステロンが含まれた薬物を投薬した事実は間違いない」とバッサリ。そして「2月の国際水泳連盟(FINA)反ドーピング委員会の公聴会で釈明しても、事実関係を翻すのは難しい。世界反ドーピング機関(WADA)は禁止薬物の投薬が確認されれば最長4年の資格停止処分とする。故意性がないと判断しても選手資格を2年間剥奪するのが慣例だ」と推測し、朴泰桓が懲戒を受ければ、リオ五輪が開催される16年8月まで「選手資格を回復するのは容易でない」と悲観的な見方を示す。

 昨年のアジア大会で獲得したメダル6個(銀1個、銅5個)を剥奪される可能性もあるとする。

 日本のネットユーザーは「韓国ではスポーツ選手の薬物使用はよくあること」「懸命に言い訳しているが、何か隠している感じがする。世界水連には厳しく対応してもらいたい」「昨年のアジア大会で繰り広げられた萩野公介、孫楊との激しい争いがまだ目に浮かぶ。あれはなんだったのか、アジア大会を貶める行為だ」などとコメントしている。

スポンサーサイト


2/6 競泳ドーピングで病院長起訴=朴泰桓に注射-韓国

(2015-02-06)

報道機関

時事通信

見出し

競泳ドーピングで病院長起訴=朴泰桓に注射-韓国

配信日

2015年 2月 6日 1638

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date3&k=2015020600701

◆内容◆

【ソウル時事】韓国競泳男子の第一人者で、北京五輪金メダリストの朴泰桓選手がドーピング検査で陽性反応を示した問題で、韓国検察は6日、同選手に禁止薬物を注射したとして、業務上過失致傷などの罪で、ソウルの病院長を在宅起訴した。聯合ニュースが報じた。

 院長は、仁川アジア大会開幕前の昨年7月、筋肉増強剤の一種で禁止薬物のテストステロンを成分に含む薬剤「ネビド」を、副作用や注意事項を説明しないまま、看護師に注射させたとされる。朴選手は事前に「ドーピング検査で問題にならないか」と尋ねたが、院長は問題なしと答えたという。検察によると、院長と看護師はテストステロンが禁止薬物とは知らなかったという。

 

韓国競泳界ヒーロー「ドーピング疑惑」 注射した病院長を業務上過失致傷罪で在宅起訴 (産経新聞 2015/2/6 1255

http://www.sankei.com/sports/news/150206/spo1502060023-n1.html

◆内容◆

2008年北京五輪の競泳男子400メートル自由形の金メダリスト、朴泰桓氏(25)=韓国=のドーピング疑惑で、ソウル中央地検は6日、朴氏に筋肉増強効果のあるテストステロンの成分を含む注射を打ったとして、ソウル市の病院の院長を業務上過失致傷罪で在宅起訴した。聯合ニュースが報じた。

 同ニュースによると、地検は朴氏と医師側の双方とも禁止薬物との認識がなかったとみているが、薬の成分などについて説明義務がある病院に過失があると判断した。

 国際水泳連盟(FINA)が処分を検討する上で、故意でなかったことを示す判断材料となり得るが、韓国メディアは過失の場合でも出場停止処分を受ける可能性があると指摘している。朴氏は昨年7月、同病院でカイロプラクティック(整体療術)を受けた際に注射した。(共同)



1/30 独五輪委が検査の見直し要請 スケート選手のドーピング違反

(2015-01-30)

報道機関

共同通信

見出し

独五輪委が検査の見直し要請 スケート選手のドーピング違反

配信日

2015130日 133

http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012901003891.html

◆内容◆

ドイツ・オリンピック委員会は29日、冬季五輪スピードスケート女子で5個の金メダルを獲得したクラウディア・ペヒシュタインがドーピング違反のため2年間の資格停止を受けた件で処分を不当とし、国際スケート連盟に検査の見直しを要請した。ペヒシュタインは血液ドーピングをしたとして2009年に処分されたが、薬物検査では一度も陽性反応を示していなかった。(AP=共同)



1/29 ドーピング検査で共同研究 LSIメディエンスと筑波大、東京五輪にむけて新たな検体分析法を開発へ

(2015-01-29)

報道機関

産経新聞

見出し

ドーピング検査で共同研究 LSIメディエンスと筑波大、東京五輪にむけて新たな検体分析法を開発へ

配信日

2015129日 2144

http://www.sankei.com/sports/news/150129/spo1501290033-n1.html

◆内容◆      

LSIメディエンス(東京都千代田区)と筑波大は29日、ドーピング検査における共同研究契約を結んだ。検体分析機関と大学が共同で研究を行うのは国内で初めて。

 同社は世界反ドーピング機構(WADA)が公認する国内唯一の検体分析機関。持久力を高める禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)について、より迅速で精度の高い新たな手法の開発を目指す。

 順調なら約1年で開発にメドをつけ、その後実用化に取り組むという。同社の陰山信二アンチドーピングラボラトリー長は「日本で唯一の認定機関として、東京五輪に貢献するのは当然のこと。それに向けて、分析技術を確立していく」と話した。



1/29 韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

(2015-01-29)

報道機関

日刊ゲンダイ

見出し

韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

配信日

20151月 29日 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/156770

◆内容◆

「臨床開発中の薬が闇市場に流出するケースが後を絶たない」
 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のバレリー・フォーネロン健康・医事・研究委員長が危機感をあらわにした。
 28日、WADAは都内でドーピング撲滅を目的とした国際会議を開催。12年のフランス・パリに次いで2度目の開催となった今回は、主に製薬会社との連携について話し合った。
 これまではWADAと大手製薬会社、各国の業界団体が覚書を交わし、共同で禁止薬物の撲滅に取り組んできた。それなりの成果は出ているものの、12年ロンドン五輪前の抜き打ち検査などで107人の違反者が発覚。最近では北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(25)が国内の検査で陽性反応を示すなど、「撲滅」には程遠いのが現状だ。
 大きな原因は他でもない、製薬会社からの流出だという。
 冒頭のフォーネロン委員長の指摘通り、製薬会社から新薬に関するデータが何らかの形で外部に流出、悪質な業者の手に渡って、禁止薬物として転売されるケースが大半とか。中には当局の承認が得られなかった薬物が、製薬会社社員によって大量に売却された例もある。新種の成分が含まれた薬剤も少なくなく、流出した薬を使用して選手がドーピング検査を免れていた事例も報告されている。
 WADAは今後、国際刑事警察機構(ICPO)や各国の警察と連携して薬物の流出を取り締まる方針ながら、サイエンス・シニアディレクターを務めるオリビエ・ラバン氏は「中小企業が薬の開発に携わっている場合、(監視は)難しい」とお手上げ状態だ。
 かくして、WADAとドーピング選手のいたちごっこはしばらく続きそうだ。



カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。