スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6/30 【中野友加里のスケーターたちの素顔】エース2人の休養宣言 「まだできる」の思い

(2014-06-30)

報道機関

SANKEI EXPRESS

見出し

【中野友加里のスケーターたちの素顔】エース2人の休養宣言 「まだできる」の思い

発行日

2014630日 1225

http://www.sankeibiz.jp/express/news/140630/exe1406301225003-n1.htm

◆内容◆ 

「またご飯行こうね」。こんなメールをもらったのは、フィギュアスケート男子の髙橋大輔選手が来季の休養を明らかにしたときのことでした。

 2006年のトリノ五輪から今年2月のソチ五輪まで3大会連続出場。10年のバンクーバー五輪で日本男子初の銅メダルを獲得したのをはじめ、世界選手権もグランプリシリーズ(GP)のファイナルも日本男子で初めて制しました。実力、人気ともに日本男子を牽引(けんいん)してきたエースの休養には、少なからず驚きもありました。

 1年ほど前に話をしたときには、「俺は(18年の)平昌(五輪)までやる。ずっと競技を続けたい」と明言していたからです。それでも、五輪シーズンが始まると、古傷だった右膝の痛みに苦しめられ、五輪に万全のコンディションで臨むことができなかった。そんな中で、一度切れてしまったモチベーションは、来季へとすぐに高めることができなかったのだと思います。

 では、引退できるかといえば、そこまでの踏ん切りもつかなかったのでしょう。悩んだ末の「休養宣言」だったのだと思います。

さらに、女子の浅田真央選手も来季の休養を宣言。日本フィギュア界は来季、男女のエースだった2人抜きでシーズンを迎えることになったのです。

進退考えさせられる

 06年トリノ五輪。男女を通じて日本で初めて金メダルを獲得したのが、荒川静香さんでした。惜しくも表彰台には届きませんでしたが、卓越した表現力で村主章枝(すぐり・ふみえ)さんも4位入賞を果たしました。

 2人は五輪から帰国後、自らの意思でその後の進退を決断しました。荒川さんは引退してプロの道へ。そして、村主さんは4年後のバンクーバー五輪を目指し、さらに再びソチ五輪へと目標を定めてチャレンジを続けました。いまなお現役を続けています。

 私がまだジュニアの選手だった中学2年のとき、推薦枠で初めて選ばれた全日本選手権に荒川さんも村主さんも出場していました。2人はお姉さんのような存在で、目標でもあり、トリノ五輪を目指したときにはライバルでもありました。そんな2人の決断は、私がスケート選手としての進退を初めて意識したときかもしれません。

バンクーバー五輪を目指した私は24歳のときの全日本選手権で3位となり、残念ながら夢をかなえることができませんでした。振り返れば、体はすでに限界を超えていました。最後のシーズンは、練習量に体がついていかなくなっていました。「もっと滑っていたいのに…」。痛み止めを飲んでリンクに上がる日々でした。いわば、全日本での演技の瞬間に私は完全燃焼していたのです。次の4年間を考えることはもう無理でした。

 ・競技見つめ直して

 大ちゃん、そして真央の休養を聞き、改めてスケーターの進退を考えさせられました。

 海外では金妍児(キム・ヨナ)さん(韓国)をはじめ、休養後に再び五輪を目指す選手がいますが、日本ではこれまであまりなかった選択肢です。

 私個人の考えとしては、選手としての理想は、試合をコンスタントにこなして実績を積み重ねていくことだと思っています。休養が大きな決断なのは、ブランクによって試合勘が失われるリスクがあり、復帰の道がそれだけ険しいのも現実だからです。安藤美姫さんが休養から復帰して、「試合はこんなに疲れるんだ」と嘆いていた姿が印象に残っています。

一方で、「まだやれるかもしれない」という思いが少しでも残っている間は、休養という選択肢も有効だと思います。引退するのは「本当にやめたい」「やりきった」と思った時点でいいと思うからです。

 とくに真央は幼少期から大きな期待を背負って滑ってきました。ソチ五輪ではショートプログラムで16位と出遅れながら、フリーで巻き返して「やっぱり真央は強いな」と感心させられました。3月にさいたまで行われた世界選手権も圧巻の演技で優勝。このとき、「自分が求めているスケートがようやくできた」と思えたのと同時に、心身ともに疲れたのかなというのが私の受け止めです。

 大ちゃんにも真央にも、まずはゆっくりと休み、昨季までとは違う目線で「フィギュアスケート」を見つめな直してほしいなと思っています。その上で、もう一度、試合の会場で滑りたいと心から思えたときに、ぜひ戻ってきてほしいです。

そして、次の世代の若い選手たちには、もし2人の両エースがいなくなってしまっても、日本のフィギュア界は大丈夫だとファンの方々に思わせられるくらいの演技で盛り上げていってほしいと願っています。(元フィギュアスケート選手、フジテレビ職員 中野友加里(ゆかり)/SANKEI EXPRESS)

 ■なかの・ゆかり 1985年、愛知県江南(こうなん)市生まれ。史上3人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功し、2006年~08年まで3年連続で世界選手権日本代表。10年に現役引退し、フジテレビに入社。早大大学院修了。著書「トップスケーターの流儀~中野友加里が聞く9人のリアルストーリー」(双葉社)が発売中。

201410182.png

ソチ五輪のフィギュアスケートのエキシビションの練習で手をつないで滑る浅田真央選手(左)と髙橋大輔選手



スポンサーサイト


6/28 フィギュア:GP出場選手を発表 NHK杯に羽生ら

(2014-06-28)

報道機関

毎日新聞

見出し

フィギュア:GP出場選手を発表 NHK杯に羽生ら

発行日

20146281846

http://mainichi.jp/sports/news/20140629k0000m050018000c.html

◆内容◆

国際スケート連盟は27日、フィギュアスケートの来季グランプリ(GP)シリーズ出場選手を発表し、9年ぶりに大阪で行われる第6戦・NHK杯(11月28〜30日・なみはやドーム)に、男子は羽生結弦(ANA)と無良(むら)崇人(HIROTAク)、女子は村上佳菜子(中京大)と宮原知子(さとこ)=大阪・関大高=が出場することになった。男女とも日本からもう1人出場でき、その選手は今後決定する。

 各大会の主な出場選手は別表の通り。出場2試合の総合成績で各種目の上位6人・組はGPファイナル(12月11〜14日、スペイン・バルセロナ)に進出する。来季休養を宣言した浅田真央(中京大)や高橋大輔(関大大学院)らはエントリーから正式に外れた。【芳賀竜也】

 ◇GPシリーズの主な出場選手◇

 【男 子】        【女 子】

 ◇スケートアメリカ(10/24〜26)

 町田樹(関大)      今井遥(ムサシノク)

 テン(カザフスタン)   ゴールド(米国)

<アイスダンス>キャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)

 ◇スケートカナダ(10/31〜11/2)

 小塚崇彦(トヨタ自動車)  宮原知子(大阪・関大高)

 無良崇人(HIROTAク)    本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)

 フェルナンデス(スペイン) ワグナー(米国)

 ◇中国杯(11/7〜9)

 羽生結弦(ANA)           村上佳菜子(中京大)

 田中刑事(倉敷芸術科学大) リプニツカヤ(ロシア)

 閻涵(中国)

 リーベルス(ドイツ)

 ◇ロシア杯(11/14〜16)

 小塚崇彦、フェルナンデス  大庭雅(愛知・中京大中京高)

                        ソトニコワ(ロシア)

 ◇フランス杯(11/21〜23)

 町田樹、テン、閻涵     今井遥、リプニツカヤ、ワグナー

 ◇NHK杯(11/28〜30)

 羽生結弦、無良崇人     村上佳菜子、宮原知子

 リーベルス              ソトニコワ、ゴールド

<ペア>高橋成美、木原龍一組(木下ク)

<アイスダンス>リード組



6/28 キム・ヨナ判定問題、成果なしの幕引きに韓国ネットユーザー恨み節「これが非力な国の悲しさか」 

(2014-06-28)

報道機関

産経新聞

見出し

キム・ヨナ判定問題、成果なしの幕引きに韓国ネットユーザー恨み節「これが非力な国の悲しさか」 

発行日

20146281800

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140629/oth14062918000002-n1.htm

◆内容◆

ソチ五輪のフィギュアスケート女子で銀メダルに終わったキム・ヨナの判定問題で、韓国紙・中央日報(電子版)は24日付で、韓国スケート連盟が「国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した」と報じた。3日に国際スケート連盟(ISU)から異議申し立てを棄却され、事態は収束に向かっており、大韓体育会も「これで、この件は終了」としている。五輪終了から約4カ月続いた“キム・ヨナ狂想曲”は「論争だけ繰り広げたまま終わった」(中央日報)ことになる。ただし、韓国のネットユーザーからは「我々は昔から妥協せずに戦ってきた。キム・ヨナの名誉のために最後まで戦う」などと抗議が殺到している。

 ソチ五輪フィギュアのフリーで、着氷のミスがありながらアデリナ・ソトニコワ(ロシア)がキム・ヨナの総得点219・11点を上回る224・59点を得て金メダルを獲得。韓国側が判定に疑義を唱えていた。しかし、今回の提訴は判定そのものではなく、審判陣の構成について不適格者が含まれていたとISU側に訴状を提出していた。

 韓国スケート連盟、体育会が今回の判定に対し控訴するには、ISUからの決定文受信後21日以内に行動を起こさなければならなかった。だが、今回の事案を主導的に進めていたスケート連盟は結局、CASへ提訴しないことを決めた

これに腹の虫が納まらないのが、韓国のネットユーザー。「これから連盟に抗議電話をかけて、連盟に押しかけよう」「(韓国の)平昌五輪では、韓国選手がまた不正審判の被害を受け大混乱するのがオチだな」「大国に従って生きていけ、ということか」「理不尽な決定にもほどがある」「これが非力な国の悲しさか」などと恨みの声が並ぶ。

 以前にも紹介したが、今年2月の米週刊誌ニューズウイークは韓国独特の恨(ハン)文化について、「恨を引き起こす大きな要因の一つは、大国から不当な扱いを受けた歴史にある」と、ネットユーザーの恨み節を裏付けるような解説がみられる。さらに、こうも紹介している。「韓国人の胸には、この国の伝統的な思考様式『恨(ハン)』が渦巻いている。恨とは不公正な状況下でのやり場のない悲しみや苦悩、受容といった複雑な感情を指す言葉。特異な文化であり、外国人には非常に理解しづらいものだ」

 連盟サイドが終息宣言をしても、キム・ヨナ・ファンの抗議行動がこれで終息するかは不透明だ。



6/28 【甘口辛口】拙速な監督交代劇に疑問…W杯で勝てる日本サッカーの姿を再検証すべきでは

(2014-06-28)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】拙速な監督交代劇に疑問…W杯で勝てる日本サッカーの姿を再検証すべきでは

発行日

2014628500

http://www.sanspo.com/etc/news/20140628/amk14062805000001-n1.html

◆内容◆

■6月28日

 つくづく阪神ファンで良かった。首の皮一枚の危機的状況で奇跡を起こせ、と期待して最後はボロボロに崩壊! 毎年、甲子園で見る光景が野球ではなくサッカーで、場所がブラジルだった。悲劇的な敗退に対する悔しさを和らげる“免疫”を虎党は自然と体内に醸造している? だから、1次リーグ敗退という現実も楽に受け入れられた。

 両者が違うのは終戦処理か。ヤバくなると、監督問題が勃発し、本社案や球団案などで、大騒動に発展する阪神と違い、日本サッカー協会の監督問題はスムーズに運んでいるようだ。すでにザッケローニ監督は辞任を表明し、次期監督候補の招へい作業も水面下で着々といったところか。1次リーグ最終戦のコロンビア戦の前には外国人の監督候補者が数多く報道された。

 しかし、少し納得がいかない。敗退後、日本協会の幹部は「進めていた方向性に間違いはなかった」とコメントしていたが、1分け2敗の内容を見る限り、とてもうなずけない。その方向性とやらが、世界に通用しなかったから、目を覆う惨敗を喫した。今こそ、痛感させられた世界のレベルとの差をかみしめ、4年後のロシアW杯で勝てる日本サッカーの姿を再検証すべきではないか。

 どんなサッカーの型、戦術が未来の日本にマッチしているかを、さまざまな関係者、サッカー界の重鎮らと熟考し、指針が固まった段階で、そのスタイルに合った監督を選ぶのが正しい順序では…。これだけの惨敗を喫したのに、監督の顔を替えれば劇的に“良化”するとは、とても思えない。拙速な監督交代劇は本当の反省がないからではないか…と虎党は経験則から見ていますぞ。 (植村徹也)



6/25 20億稼ぐ荒川、安藤、織田も… バブル状態のフィギュアスケーター、なぜ儲かる?

(2014-06-25)

報道機関

TOCANA

見出し

20億稼ぐ荒川、安藤、織田も… バブル状態のフィギュアスケーター、なぜ儲かる?

発行日

2014625日 

http://tocana.jp/2014/06/post_4346_entry.html

◆内容◆ 

浅田真央、羽生結弦、荒川静香、高橋大輔、安藤美姫、織田信成…。63日に発売された『女性自身』(光文社)の記事によると、競技の注目度と比例するように、日本を代表するトップフィギュアスケーターの収入がバブル状態のようだ。

 記事によると、荒川はトリノオリンピックで金メダルを獲得して以降、8年間で約20億円は稼いだ可能性があるという。そんな荒川に負けない稼ぎがあるのが安藤で、同記事では最低でも年収6,000万円はあるとしている。この裏には安藤のバラエティー番組進出があるが、これは日本テレビの敏腕テレビプロデューサーによる後押しがあったためという。

 厳しいスポーツ業界のなかで、なぜ、フィギュアスケーターたちは、ここまで稼げるのか?

「日本のスポーツ業界で息を長く稼げるのは、野球とゴルフです。野球はゴールデンで中継があるし、ニュース番組のスポーツコーナーにも枠があります。ゴルフも土日には、昼に必ずと言っていいほど中継がありますから顔が知られやすいんですよ。TVで顔が売れれば、CMや講演依頼もくる。CMは数千万円入りますし、講演も数時間で三桁に近い金額を稼げます。フィギュアスケーターが稼げるようになったのは、近年、ゴールデンでの中継が増えたからです」(芸能事務所関係者)

 今年に入ってアマチュアを引退した織田も、高い知名度を武器に、TVに出演している。では実際に、フィギュアスケーターのTVでの価値はどれくらいなのだろうか?

「バラエティー番組では、織田さんは重宝されていますね。安藤さんを登場させるためには、トークスキルが高い共演者が必要になるので、織田さんの方が重宝されるハズです。それに織田さんのほうが、安藤さんよりもギャラはも安いでしょうからね。とは言え、いま一番需要があるのは、サッカーの中山雅史さんでしょう。引退発表後の2013年には、各局が争奪戦を行ったくらいです。今では現役時の給料を1か月で稼いでいるという噂もあります。まだトレーニングを重ねているため、テレビの仕事は抑え気味らしいですが…。中山さんも現役時にTV露出が多かった人ですから、引きはありますよね。そういった意味でも、フィギュアスケーターたちのTVでの価値はしばらく続くと思います」(前出・同)

 フィギュアスケーターたちがお金を稼げるのは、ゴールデンのTV放映が大きいようだ。確かに、お金を稼げないスポーツは、TVでの放映がほとんどないものばかり。ある関係者は、「Jリーグが電通と組むのも、TV露出を高めるため」と教えてくれる。TVと電通を味方にしない限り、スポーツで稼ぐのは難しそうだ。TV Journal編集部)



6/24 キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念

(2014-06-24)

報道機関

デイリースポーツ

見出し

キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念

発行日

2014624

http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/06/24/0007083137.shtml

◆内容◆

ソチ五輪フィギュア女子で銀メダルに終わったキム・ヨナ(韓国)の採点を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議申し立てをしていた大韓スケート連盟が24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した。中央日報(電子版)が伝えた。
 ISUは今月4日、大韓スケート連盟と大韓体育会が提起した審判員の構成問題に対する訴えを棄却していた。
 スケート連盟側は24日、「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と発表したという。
 中央日報は「ソチ五輪でキム・ヨナはクリーンな演技をして、計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。」と伝えている。
 韓国側は、競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面や、審判員にロシア・フィギュア連盟元会長の夫人が含まれていたことに疑問を呈していた。


6/24  Yahoo! Japan

(2014-06-24)
◆Yahoo! Japan <トップニュース>
06241.png




6/24 【甘口辛口】独自カラーがないザックは「ただの人のいいオジサン」? 協会の任命責任は…

(2014-06-24)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】独自カラーがないザックは「ただの人のいいオジサン」? 協会の任命責任は…

発行日

2014624500

http://www.sanspo.com/etc/news/20140624/amk14062405000001-n1.html

◆内容◆

■6月24日 

 サッカー日本代表が初めてアルゼンチン代表に勝ったのは、2010年10月のキリン杯だった。これがザッケローニ監督の初采配。同年の南アW杯の遺産で勝ったようなものだが、「さすがイタリアの名監督」と喝采を浴びた。それから4年近く。メンバーはほぼ同じの日本代表は素人目に全く変わっていないように見える。

 W杯では決勝トーナメント進出にいちるの望みがある。とはいえ、協会の強化責任者である原専務理事が終盤の「パワープレー」など監督采配を疑問視し、選手に迷いも出てチームは空中分解寸前。ザック監督は21日、急きょ練習を休みにして食事会で団結を図ったが、その場しのぎにしか見えなかった。

 歴代の外国人監督には独自のカラーがあったという。オフトは「アイコンタクト」、トルシエは「フラットスリー」、オシムは「人もボールも動くサッカー」とそのための独特の練習方法…。それぞれがトレンドを作り、それがJリーグから高校クラスにまで下りてきて国内の指導者にも大きな影響を与えた。

 しかし、ザック監督は自分のカラーを出すというより、頼りにする特定の選手にいかに気持ちよく動いてもらうか気を使っている感じだ。ある専門家は「本当は攻撃的な3-4-3など、もっとやりたいことはあっても気が弱くてできない、ただの人のいいオジさんかもしれない」と苦笑いした。

 「ザックは初めてのW杯なので予想通りにいかないと感じていると思う」と原専務理事は言ったが、そういう監督を選んだ協会の任命責任はどうなるのか。奇跡が起きて前回に次ぎ何とか1次リーグを突破したとしても、「停滞の4年間」のイメージはぬぐえない。 (今村忠)



6/18 【甘口辛口】1年で6000人減!事故、不祥事…進む柔道離れに歯止めかけたい全柔連

(2014-06-18)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】1年で6000人減!事故、不祥事…進む柔道離れに歯止めかけたい全柔連

発行日

2014618500

http://www.sanspo.com/etc/news/20140618/amk14061805000001-n1.html

◆内容◆

■6月18日

 競技人口が1年間でいっぺんに6000人も減る、とは尋常ではない。全日本柔道連盟(全柔連)の2013年度の会員登録人数が、過去最少の16万9333人となり前年から一気に6207人減った。町か、大きめの村が一つ丸ごとなくなったような数で、そのうち約4000人が明日を担う小中学生というから深刻だ。

 昨年初めに発覚した女子の代表監督による暴力指導やパワハラを皮切りに、助成金の不正受給問題、理事のセクハラ、大学柔道部の暴力事件…。世間を騒がせ、あきれさせた不祥事続発に「礼に始まり礼に終わる」はずの柔道のイメージも地に落ち、心が傷ついてやめた子供も多かったろう。

 さらに、部活動や授業などで起きる事故も柔道離れに拍車をかけている。全国柔道事故被害者の会によると、この30年間で高校、中学の事故での死亡者は118人に及ぶという。先月には、長野県松本市の柔道教室で男児に重い意識障害が残る重傷を負わせた元指導者に対し、業務上過失傷害で執行猶予付きの有罪判決が確定した。

 強制起訴による刑事裁判での画期的な有罪判決。これまで被害者の会の訴えには聞く耳をもたなかった全柔連も、さすがに骨身にこたえたようだ。今月29日に同会が開く「事故をどうなくすか」のシンポジウムに全柔連は初めて講師を派遣し、ようやく両者が「安全な柔道」を目指して手を結ぶことになった。

 子供たちに目を向けてもらうにはニッポン柔道が世界で勝つことだが、それ以前に机上の空論でない「安全・安心な柔道」を形で示すことが大事だ。えりすぐりの指導者チームが全国を回り、減少に歯止めをかけるような地道な努力が必要だろう。 (今村忠)



6/17 チンクアンタ会長を再選 国際スケート連盟

(2014-06-17)

報道機関

共同通信

見出し

チンクアンタ会長を再選 国際スケート連盟

発行日

20146172208

http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061701002192.html

◆内容◆

国際スケート連盟(ISU)はダブリンで開いた総会で、チンクアンタ会長の再選を決めた。任期は2016年まで。17日にAP通信が報じた。

 ISUには75歳以上で役員に立候補できない規定があるが、総会では今年8月で76歳になるチンクアンタ会長に対し、4年の任期を2年に短縮することで譲歩した。

 立候補できる年齢制限の変更や撤廃は否決された。(共同)



カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。