スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/28 【甘口辛口】10日満員御礼の名古屋場所…今こそ本当のファンサービスを

(2014-07-28)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】10日満員御礼の名古屋場所…今こそ本当のファンサービスを

発行日

2014728日 500

http://www.sanspo.com/etc/news/20140728/amk14072805000001-n1.html

◆内容◆

■7月28日

 時刻は午前6時5分。大相撲名古屋場所の千秋楽を迎えた27日、名古屋城内の愛知県体育館当日券売り場には、215枚の当日券を求めて40人ほどの行列ができていた。当日券の販売開始は2時間後の8時。名古屋場所取材の出張中も日課にしていた朝のウオーキングの途中で目にした光景だった。

 先頭の男性は睡眠中だったので、2番目の中年女性に聞くと「石川県から車で午前3時半に着いた。前の男性は1時に並んだそうです」。聞けば息子の高木(木瀬部屋、拓大出)が中入り前の序二段優勝決定戦に出るという。「この時間にこんなに人が並ぶとはびっくり。満員のお客さんの中で相撲を取れるのは息子も私も幸せです」。

 1990年代の若貴全盛時代には徹夜組や始発電車組が国技館や、地方場所の当日券売り場に長い列を作ったものだ。度重なる不祥事で愛想をつかされて以来、そんな話はついぞ聞かなかっただけに意外でもあった。平日は升席が半分うまるのがやっとの状態が続いた名古屋が、今場所15日間のうち10日満員御礼という盛況ぶりだ。

 遠藤や大砂嵐ら若手が台頭し、いい相撲を見せていることが人気回復の何よりの原動力だろう。「『お姫様抱っこパネル』や記念写真などのサービスで人を集めるのもいいが、早朝から並ぶ人たちこそ本当に相撲を愛する熱心なファン。一番大事にすべき」とある親方はいう。

 名古屋場所は白鵬の優勝で終わったが、この熱気は秋場所も続き国技館にも同じような列ができそうだ。そんなとき理事クラスの親方が現れて「朝からご苦労様です」と声をかけたら、どんなに喜ばれるか。「行列は当たり前」で片付けては元のもくあみになりかねない。 (今村忠)

スポンサーサイト


ぼちぼちゆっくりとやっていこうかと思います。

(2014-07-27)
拙いブログを訪問してくださって、ありがとうございます。

休んでいたブログの更新、再開しようかと思います。

でもフィギュアスケート偏向報道のまとめのブログなので、ここでアップする記事がない!になってもらわないと、困る思いに変わりはなく・・・

アップする記事がない、更新できない~という時に、1日も早くなりますように!

ぼちぼちゆっくりと、?と思う記事を見かけたら資料として残しておこうと思います。

?と思う記事を見かけたとき、教えていただければ、幸いです。よろしくお願いします。


そしてたくさんの感動をくれる、頑張ってるフィギュアスケーターに方々の努力が報われますように!
幸せになられますように!

続きを読む



7/27 キム・ヨナに「日本デビュー」騒動、日韓ネットで非難合戦に 所属事務所は否定に躍起

(2014-07-27)

報道機関

産経新聞 【スポーツ異聞】

見出し

キム・ヨナに「日本デビュー」騒動、日韓ネットで非難合戦に 所属事務所は否定に躍起

発行日

2014727日 1200

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140728/oth14072818000001-n1.htm

◆内容◆

今年2月のソチ五輪後に現役引退したフィギュアスケートの元女王キム・ヨナに、突如として「日本の芸能界デビュー」説が浮上し、日韓のネット上で非難合戦が展開される騒ぎになっている。所属事務所は火消しに躍起で、日本の芸能界進出を全面否定し、韓国メディアにはデマを拡散しないよう注意を促した。日本のネットユーザーからは「広告に出るなら、その製品は買わない」など反発の声が上がり、韓国のユーザーからは「それだけ人気があるってことでしょ」など“上から目線”の物言いになっている。

 キム・ヨナの日本の芸能界デビューに関しては、韓国の大手メディアである中央日報、朝鮮日報がそろって7月16日付で取り上げた。

 中央日報は「日本の芸能界に進出? 絶対ない」と題し、マネジメント会社による「最近、記事で報道されている『キム・ヨナの日本芸能界進出説』は全く可能性がない」とのコメントを掲載した。

 さらに「『日本の芸能事務所から話を受けたこともなく、また、そういう話があったとしても、キム・ヨナが日本の芸能界に進出することは絶対にないだろう』と強調した。続いて『キム・ヨナ本人が芸能界に進出して活動する考えが全くない』と伝えた」とし、根も葉もない話で、芸能界活動自体に興味がないと、とりつく島もない談話になっている。

では、なぜ「キム・ヨナ日本デビュー」という話題が拡散したのか。7月15日付の中央日報が「日本のTBSは8日、『日本人が知らない真実』というドキュメンタリー番組を放送し、キム・ヨナのフィギュア人生18年を詳しく紹介した」と伝え、「『多くの芸能プロダクションがキム・ヨナを日本に進出させようとしている』と伝えた」と報じ、今回の騒動に火がついた。

 韓国の2紙はキム・ヨナのタレントとしての商品価値を具体的な金額で示してはいないが、中国のメディアは「ある広告代理店の関係者が『広告なら1本5000万~6000万円、バラエティー番組でも1本80万~150万円と高額な契約になるだろう』と話したことも紹介した」と放送内容を伝えている。ちなみに米誌フォーブスは2013年8月にキム・ヨナの年間広告収入が1400万ドル(約14億円)に上ると報じている。

 ところが、名指しされたTBSに確認したところ、7月8日に同タイトルでドキュメンタリー番組が日本で放送された事実はないという。キム・ヨナに関する番組としては、4月6日に「今夜解禁!石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」と題した番組で取り上げはしたが、ヤンキース田中将大、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、元ヤンキースの松井秀喜氏といった錚々たる顔ぶれの中の1人として紹介したという。なので、TBSサイドも首をかしげざるを得ない状況のようだ。

いずれにしろ、韓国メディアの過剰反応といってよさそうだ。ただ、ネット上は騒々しいことになっていた。

 韓国のネットユーザーからは「日本が汚くて醜い策略をしようという魂胆が見えるので、気になってしまう」「日本はどっかに行ってくれ。独島も奪って、キム・ヨナも奪うのか」「日本とロシアには行ってはいけない」「日本は私たちを批判しながら、キム・ヨナのドキュメンタリーをつくった。日本は内心、韓国を義望(原文まま)している」などと勝手な言い分が並ぶ。

 対して、日本のユーザーからは、「キム・ヨナは日本で需要はない」「来てほしくないけど、韓国の悔しがる姿を見てみたい」といった反発も。「あれほど盛り上がって国民全体で崇拝していた数少ないアスリートだったのになあ。引退したら認定敵国で場末の芸能活動かよ」「エイプリルフールならもうとっくに過ぎているけど」など非難の応酬となっている。

oth14072818000001-n1.jpg

韓国メディアはキム・ヨナが日本の芸能界にデビューかと伝え、日韓のネットユーザーによる非難の応酬に発展した



7/25 織田信成 新人なのにケンコバ並み…泣き芸で特番1本80万円【織田信成】

(2014-07-25)

報道機関

女性自身

見出し

織田信成 新人なのにケンコバ並み…泣き芸で特番180万円【織田信成】

発行日

2014725日 1900

http://jisin.jp/news/2642/7481/

◆内容◆

 フィギュアスケート選手として活躍してきた織田信成(26)は、昨年末に現役を引退。その後、今年に入ってからは、新たにタレントとしてバラエティ番組に出演中だ。関西出身だけあって、ノリのよさも天下一品!
「トークも上手ですし、何より彼にはプロの芸人顔負けの“泣き芸”もあります。元スポーツ選手だけあって礼儀も正しく、現場での評判もいいんです。この芸と彼のキャラクターで、一気にブレイクを果たしました」(前出・番組スタッフ)
人気上昇とともに、ギャラも大幅アップ中だという。
「彼はまだタレントとしては新人ですが、バラエティ番組ではすでに中堅芸人クラスのギャラをもらっています。価格は1時間で30万~50万、2時間の特番1本で70万~80万円くらいです。これは、吉本興業でいうとケンドーコバヤシさんや陣内智則さんらと同じくらいだそうです」(芸能事務所関係者) 
氷上では華麗なスケートを披露していたが、番組では、決してすべらない!?


7/24 浅田真央さんから直筆のアンサーメッセージと、「銀メダル体験」コーナーが初登場!

(2014-07-24)

報道機関

Digital PR Platform

見出し

浅田真央さんから直筆のアンサーメッセージと、「銀メダル体験」コーナーが初登場!

発行日

2014724日 1805

http://digitalpr.jp/r/8433

◆内容◆

「浅田真央23年の軌跡展」アンコールにお応えした夏休み企画!東京開催は今回が最後のチャンス!
「浅田真央23年の軌跡展」
会期:2014724日(木)~83日(日) 新宿高島屋11階特設会場
入場無料
主催:朝日新聞社  企画協力:IMG
協賛:株式会社エアウィーヴ、アルソア本社株式会社、伊藤ハム株式会社、住友生命保険相互会社、株式会社ロッテ、王子ネピア株式会社、佐藤製薬株式会社
姉・舞さんと遊びに行ったリンクで出逢ったフィギュアスケート。5歳から始まった浅田真央さんのスケート人生は、栄光だけでなく、さまざまな苦難への挑戦の積み重ねでもありました。そして、可愛い少女スケーターだった真央ちゃんは、いつしか世界の浅田真央へと成長。本展は、浅田真央さんの23年間の活動の軌跡を紹介し、その素敵な真央SMILEに感謝を込めて開催する展覧会です。写真パネル約100点、衣装約30点、メダルなどを展示するとともに、201448日から616日まで高島屋日本橋店、横浜店、大阪店、JR名古屋高島屋の4店舗開催時に来場のお客様から浅田真央さんへ寄せられたメッセージボードの展示と、それに対する浅田真央さんから直筆のアンサーメッセージを今回、初展示いたします。また、2010年のバンクーバーオリンピック開催時に浅田真央さんが獲得した、銀メダルのレプリカを実際にお試しいただける「銀メダル体験」コーナーも初登場しファンからファミリーまでお楽しみいただけます。
【記念撮影コーナー】
 演技の得点が発表されるのを待つ「キスアンドクライ」を再現。等身大の真央ちゃんの写真と一緒に思い出の一枚を撮影できます。
【浅田真央プロデュースブランド MaoMaoグッズショップ】 
1階 特設会場にて
フィットネスウエア、コラボレーションジュエリー、バッグ、スケートベアなど浅田真央プロデュースブランド商品を取り揃えて販売いたします。             

【お問合せ】新宿高島屋 TEL03-5361-1111(代表)

【関連リン】
新宿高島屋
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/index.html
浅田真央23年の軌跡展
http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/asada.html

286_162_2014072417521853d0c94238583.jpg 286_162_2014072417521853d0c94267f39.jpg 286_162_2014072417521853d0c94268320.jpg   
286_162_2014072417521853d0c94268709.jpg 286_162_2014072417521853d0c94268af0.jpg


7/24 真央スマイルの軌跡展 新宿高島屋

(2014-07-24)

報道機関

朝日新聞

見出し

真央スマイルの軌跡展 新宿高島屋

発行日

2014724日 1431

http://www.asahi.com/articles/ASG7K3J50G7KUKJH001.html

◆内容◆

フィギュアスケーター浅田真央選手(23)の競技人生を、写真や衣装など約200点で振り返る「Smile 浅田真央23年の軌跡展」(朝日新聞社主催、IMG企画協力)が24日、新宿高島屋で開幕した。4月の日本橋を皮切りに、名古屋、大阪、横浜の高島屋を巡回し計52万人を集めた人気催事。東京のファンのアンコールに応えての開催となる。8月3日まで、無料。問い合わせは新宿高島屋(03・5361・1111)。

201408012.png 
日本橋会場を訪れ、笑顔みせる浅田真央選手


7/23 <お知らせ>浅田真央23年の軌跡展、あすから新宿で

(2014-07-23)

報道機関

朝日新聞

見出し

<お知らせ>浅田真央23年の軌跡展、あすから新宿で

発行日

2014723日 500

http://www.asahi.com/articles/DA3S11259328.html

◆内容◆

東京・日本橋から名古屋、大阪、横浜の高島屋を巡回し計52万人を超える来場者を集めた「Smile 浅田真央23年の軌跡展」が再び東京で開かれます。世界のフィギュアスケートファンを魅了する浅田選手(23)=写真、(C)Japan Sports=の成長の記録や輝く笑顔をいま一度ご堪能ください。少女スケーター時代からの衣装約30点やバンクーバー五輪の銀メダル、スケート靴、写真など約200点をご紹介します。

 ◇24日[木]~8月3日[日]、東京・新宿高島屋11階特設会場(03・5361・1111)。午前10時~午後8時(25・26日は午後8時30分まで、8月3日は午後6時閉場。入場は閉場の30分前まで)。無料
 201407241.png 
※髙島屋 新宿店のface book:https://www.facebook.com/takashimaya.shinjuku
 201407242.png 

201407243.png


※参考までに
新宿高島屋で「浅田真央23年の軌跡展」-東京開催はラスト、初展示の直筆メッセージも /東京





7/23 浅田真央に村上佳菜子…日本女子たちも苦しめられるフィギュアルール改正

(2014-07-23)

報道機関

マイナビニュース

見出し

浅田真央に村上佳菜子…日本女子たちも苦しめられるフィギュアルール改正

発行日

2014723日 

http://news.mynavi.jp/news/2014/07/23/067/

◆内容◆

スポーツでは時折、ルールが改正されることがある。ゲームの構造そのものに影響を及ぼすレベルのものもあれば、本当に細かな部分のものもある。そして、選手たちはその改正されたルールにあらがうことができない。

2年ごとに大きくルールを改正

改正にあたっては、さまざまな背景が存在する。事故のリスクをなるべく減らして選手の安全性を高めることを意図していたり、より公平性を追求するという目的があったりする。あるいは、テレビ中継のしやすさ、見栄えといったビジネス面を考慮して変えられるケースも決して珍しいことではない。

フィギュアスケートの場合は、2年ごとになされる大きなルール改正を含め、毎年、細かな"調整"がなされる。他の競技と比べても多い方であるし、改正がもたらす影響の度合いも決して小さなものではない。

近年で最も大きかったルール改正は、2002年のソルトレイクシティ五輪の後に「ISUジャッジングシステム」へと舵(かじ)が切られたことだろう。2003-2004年シーズンにグランプリシリーズなどで試験的に導入され、その次のシーズンから正式に用いられるようになったものだ。種目ごとに技術点「構成点」などを算出する同システムは、現在も変わることなく採点のベースとなっている。

その上で、採点をはじめ、さまざまな点で手が加えられてきた。2014-2015年のシーズンへ向けても改正があった。そして、それは多岐にわたる。

「ルッツとフリップのエッジエラーを厳格にする」

「一度は廃止された『!(軽度のエラー)を再び導入する」

「重度のエラーを表す『e』が付くと、各技の基礎点の70%しか与えられない」

「重度のエラーとアンダーローテーションが重なると、基礎点の50%しか与えられない」

「フリースケーティングでは、いかなるダブルジャンプも2回まで」

などがそうだ。ジャンプばかりではない。ステップやスピンなどでも変わったところはたくさんある。

一時期、4回転が少なくなった理由

そしてもちろん、ルールの改正は選手に影響を及ぼす。

例えば、2010年のバンクーバー五輪を迎えるまでの間と大会期間中、男子で4回転ジャンプに挑戦する選手が減少したことの是非が議論となった。当時、4回転ジャンパーが少なくなった理由を、プロフィギュアスケーターや解説者などで幅広く活躍する本田武史氏が、後にこう分析していた。

「バンクーバーの頃は、『4回転ジャンプがなくても勝てる』と(の意識があったと)いうより、4回転に取り組む時間が(選手たちには)なかったと思うんです。ルールが変わり、スピンやステップのレベルをどう取っていいか分からない状態が続き、対応するのに精いっぱいでした」。ルール改正が影響した事例の一つであったと言える。

大小を問わずなされてきた数々の改正は、フィギュアスケートの進化やレベル向上を意図してのことではあるかもしれない。今回のルッツとフリップの厳格化も、正しく跳べる選手からすれば当然のことだろう。ただ、改正のすべてが、意図した通りの「フィギュアスケートの進化へとつながる改正」と言ってよいものだったかどうかは別の話だ。

頻繁な改正は、ISUサイドの試行錯誤ととらえることもできる。そもそも、ルールがどのようにあろうと、そのもとで判断するジャッジの「目」こそが、最も問われるものであるかもしれない。

平昌五輪へ向けて、どのような流れが生まれるか

いずれにせよ、少なくとも選手は改正に対応せざるを得ず、対処を図ってきた。だから今回のルール改正に対しても、選手は対策を考えて、新しいシーズンに臨んでいくことになる。

僅差の勝負の場面となれば、エッジエラーの厳格化などは選手の採点に大きく関わってくることになる。プログラムをどう組み立てていくのか、対応が問われることになるのではないか。仮に克服しようと試みても、長年、身につけてきたものだけに、修正は決して容易なことではない。浅田真央が苦しみ続けたように。あるいは村上佳菜子が苦しんでいるように。

ソルトレイクシティ五輪から、トリノ、バンクーバー、そして今年のソチと、そのときどきのルール改正にまつわる流れがあったように、2018年の平昌五輪へ向けても、新たな流れは起こってくるだろう。

ルールと付き合い、あるいは戦いながら、選手たちは自身の目指す理想像へと進んでいく。そして、その付き合い方や戦い方は2年ごとに大きく変わる可能性を秘めている。フィギュアスケート選手たちは、己やライバルたちと戦う以前に、強大な相手と向き合わねばならないのだ。

筆者プロフィール : 松原孝臣(まつばら たかおみ)

19671230日、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。その後スポーツ総合誌「Number」の編集に10年携わった後再びフリーとなり、スポーツを中心に取材・執筆を続ける。オリンピックは、夏は'04年アテネ、'08年北京、'12年ロンドン、冬は'02年ソルトレイクシティ、'06年トリノ、'10年バンクーバー、'14年ソチと現地で取材にあたる。著書に『フライングガールズ-高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦-』『高齢者は社会資源だ』など。

続きを読む



7/23 キム・ヨナ銀の恨み? 韓国メディアがソトニコワを“一斉攻撃”

(2014-07-23)

報道機関

サンケイスポーツ

見出し

キム・ヨナ銀の恨み? 韓国メディアがソトニコワを“一斉攻撃”

発行日

20147231333

http://www.sanspo.com/geino/news/20140723/sot14072313330004-n1.html

◆内容◆

ソチ五輪女子フィギュアの金メダリスト、アデリナ・ソトニコワ(18)=ロシア=が23日、韓国メディアから一斉に“集中砲火”を浴びた。

 ソトニコワは、19日から21日まで長野・ホワイトリングで開催されたアイスショー「THE ICE 2014」に出場。ジャンプで尻もちをついたり、回転不足や着地で乱れるなど大きなミスを連発し、不本意な演技を披露してしまったのだが、これに大喜びで食いついたのが、韓国メディアだった。

 この日、各メディアは「ソトニコワ 日本のアイスショーでジャンプをすべて“失敗” これが金メダリスト?」(ヘラルド経済)、「ソトニコワ フィギュア金メダリストで合ってる?」(スポーツ京郷)、「ソトニコワアイスショー、見るに哀れなほど? 金メダリストの大屈辱!『あんまりだね!』」(MTN)などといった見出しの記事と転倒写真を掲載して、叩きまくっている。

 スポーツ京郷に至っては、「キム・ヨナを実力ではなく、権力で制したアデリナ・ソトニコワは―」という一文で記事を書き始める始末。各記事の中身も「金メダリストにふさわしくない姿を見せ、その実力に疑念を抱かせた」「観客の嘲笑を誘った」などソトニコワを叩きまくる内容がほとんどだ。また、ネットユーザーたちの「これが金メダルとはあきれる」「この子がキム・ヨナに勝ったなんて信じられない!」「本当に恥さらしだね」などといったコメントを引用しながら、溜飲を下げている印象だ。

 確かに、ソトニコワの演技はミスが多く、がっかりした観客がいたことも事実のようだが、今はオフシーズンでもあり、勝負がかかる大会とも違うアイスショーでの演技だけに、韓国メディアのソトニコワ叩きはやや異様に映る。

 もちろん、この背景にあるのは、ソチ五輪で、連覇の期待がかかったキム・ヨナがソトニコワに敗れ、銀メダルに終わったことにある。判定を不服としたヨナファンや韓国のネットユーザーらは、ソトニコワのSNSに抗議や非難のコメントを次々に書き込んだほか、韓国メディアもソトニコワを“攻撃”。その怒りはいまなお収まっていない。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、日本に対して「加害者と被害者という立場は、千年過ぎても変わらない」と発言して話題となったが、韓国的にいえば、ソトニコワとキム・ヨナの関係は、加害者と被害者の関係といったところ。今後もことあるごとに、ソトニコワ叩きが繰り返されることは必至だ。一日も早くソトニコワが“キム・ヨナ銀の恨み”という呪縛から解き放たれる日が来るのを祈るばかりだ。



7/20  舛添・東京都知事、訪韓へ 五輪での連携模索

(2014-07-20)

報道機関

朝日新聞

見出し

舛添・東京都知事、訪韓へ 五輪での連携模索

発行日

20147202229

http://www.asahi.com/articles/ASG7K51RFG7KUTIL02D.html?ref=rss

◆内容◆

川口敦子

東京都の舛添要一知事が23日、ソウル市を訪れる。日韓関係の改善をめざし、2020年東京五輪と18年平昌冬季五輪の連携を深める。

 ソウル市長の招待による都知事訪韓は18年ぶりで、舛添知事は「都市外交で日韓関係をよくしたい」と話す。ソウル市は都の姉妹都市だが、00年、「三国人が凶悪な犯罪を繰り返している」と語った石原慎太郎知事の「三国人発言」に韓国が反発し、都とソウル市の人事交流も途絶えた。

 日韓の交流は1~4月に韓国を訪れた日本人が前年比14%減で、日本を訪れる韓国人も4%減。知事は「このまま日韓関係が悪化したら誰も得しない」と危機感を抱く。<続き ログイン必要>


※参考までに

舛添都知事、ソウル訪問 冷えた日韓関係改善目指す (共同通信 2014/7/23 1201

http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072301000888.html

◆内容◆

東京都の舛添要一知事は23日、都の友好都市、韓国・ソウルを訪問した。朴元淳市長と会談して関係強化を図り、冷え込んだ日韓関係改善を目指す。

 出国前に羽田空港で、報道陣に「友好都市として環境や渋滞問題、地下鉄の安全などいろんな議論ができる」と語った。

 舛添知事は、セウォル号沈没事故で設けられた焼香所を訪れ献花。2020年に開催される東京五輪・パラリンピックに向け、ソウル五輪の関連施設などを視察するほか、ソウル大で学生らに日韓関係の現状と将来展望について講演する。25日に帰国予定。





カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。