スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/30 フィギュア「ジャパンオープン」遂に開催 - ユリア・リプニツカヤは不出場

(2014-09-30)

報道機関

マイナビニュース

見出し

フィギュア「ジャパンオープン」遂に開催 - ユリア・リプニツカヤは不出場

発行日

2014930日 

http://news.mynavi.jp/news/2014/09/30/313/

◆内容◆

国際スケート連盟公認のフィギュアスケート大会「木下グループカップ フィギュアスケートジャパンオープン2014 3地域対抗戦」が104日、さいたまスーパーアリーナにて開催される。
同大会は「日本」「欧州」「北米」の3地域による団体戦形式での対抗戦。各地域は男女各2名ずつ、計4名のチームを組み、各個人のフリー演技の総合得点で順位を競う。
各地域の代表選手は以下の通り。

                    
日本:村上佳菜子/宮原知子/小塚崇彦/無良崇人

北米:アシュリー・ワグナー/長州未来/パトリック・チャン/ジェフリー・バトル

欧州:アンナ・ポゴリラヤ/エレーナ・ラジオノワ/ハビエル・フェルナンデス/トマシュ・ベルネル

当初、欧州地域代表として出場予定だったソチ五輪の個人5位、ユリア・リプニツカヤ選手は、コンディション不良のために不出場となり、代わりにアンナ選手が出場する。また、ゲストとして「皇帝」の異名を持つエフゲニー・プルシェンコ選手も参加する予定。
今季は浅田真央選手や高橋大輔選手という、長く日本フィギュアスケート界をけん引してきた2選手が休養を宣言しているが、同大会を皮切りにいよいよフィギュアスケートの本格シーズンが始まる。
なお、同大会は同日の16時から1825分までテレビ東京系列6局ネットにて放送予定。解説は八木沼純子さんが務める。

001_20141003185635b72.jpg

浅田真央選手がいないフィギュアスケートのシーズンがいよいよ始まる

スポンサーサイト


9/30 冨田のカメラ泥棒ではっきりした日本スポーツ界の深刻腐敗

(2014-09-30)

報道機関

日刊ゲンダイ

見出し

冨田のカメラ泥棒ではっきりした日本スポーツ界の深刻腐敗

発行日

2014930日 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/153695

◆内容◆

一選手の盗難事件と看過するべきではない
「カメラを見た瞬間、欲しくなった」
 アジア大会が行われている韓国で、同国メディアのカメラを盗んだ競泳男子の冨田尚弥(25)は警察の事情聴取でこう供述した。
 欲しいから盗んだというのでは、アメ玉欲しさに万引する分別つかない子供と一緒。善悪の判断もできない愚か者だ。もちろん、スポーツ界はこんな輩ばかりではないが、たかだか、1人の愚かな選手が起こした盗難事件と看過するわけにはいかない。
「勝てば何も言われない」と開き直る選手も
 昨年一年を振り返っても、日本ハム二軍マネジャーだった宮本賢(30)は強姦容疑、元Jリーガーの後藤純二(43)は覚醒剤取締法違反容疑、サッカー元日本代表の前園真聖(40)は暴行容疑、同じく奥大介(38)は夫人への脅迫で、それぞれ逮捕された。

「プロに進んだり、日本代表になったりする選手は勝てば官軍、子供のころから勝利至上主義で育てられてきた連中がほとんどです。結果を出せば何をやっても許されると思っている。バレたって周りがモミ消してくれるくらいに考えているのでしょう」と、作家の吉川潮氏がこう言った。
「親御さんや指導者には人として最低限のモラルや、生きていくうえで不可欠な常識くらいは教えてもらいたいけど、それをしない。例えば高校野球の不祥事がなくならないのは、指導者が見て見ぬフリをしているからです。本当に厳しくしてしまったら、いい選手はメンバーに入れず、甲子園で勝てなくなってしまう。ダメなことはダメだと指摘すべきスポーツメディアも結果がすべてで、二十歳前から天才とか言って甘やかし、持ち上げている。これでは選手もおかしくなりますよ。欲しいから取ったというのでは、気持ちいいから覚醒剤をやったという芸能人と一緒じゃないですか」

男子柔道73キロ級エースの大野将平(22)は昨年9月、天理大柔道部で発覚した暴力事件の加害者のひとり。ところが、8月の世界選手権前に日刊ゲンダイ記者が直撃すると、「あれ(暴力事件)は周りが騒いだだけ。もう済んだこと。この世界は結局勝てば文句言われないんですよ」と開き直った。
 スポーツ界に犯罪者やその“予備軍”がゴロゴロしているのは、それなりの理由があるのだ。

日本に五輪を開催する資格はない
 そんな日本のスポーツ界を牛耳っているといっても過言でないのが、12年に政界から身を引いた森喜朗元首相(77)だ。日本ラグビー協会会長や日本体育協会名誉会長を歴任する森氏は、スポーツ好きといわれる。本人によれば、早大時代にはラグビー部に4カ月在籍したことがあるそうだが、定かではない。
「仮に、たった4カ月間部員だったとしても厳しい練習をしたわけでもない。OB面する神経がわからない」という声が、一部の若いOBにはあるという。
 森氏は首相時代、「神の国」発言で波紋を呼び、00年夏の衆院選では「選挙に興味がない人は寝ていてくれたらいい」と発言。01年2月には、高校生の練習船がハワイ沖で米国の原子力潜水艦と衝突して沈没した際には、緊急連絡が入ってもゴルフを続けていた。立場をわきまえない軽薄な言動から、「サメの脳みそ首相」と揶揄された。

最近ではソチ五輪の舞台で転倒した浅田真央に対し、「あの子、大事な時に必ず転ぶ」と言って、世の反感を買ったことは記憶に新しい。
スポーツ文化育成より利権が大事な上層部
 森氏は現在、20年東京五輪・パラリンピックの組織委員会の会長でもある。スポーツライターの工藤健策氏は「政治家を引退しても森さんは、スポーツを利用して影響力を維持したいのではないか」と言ってこう続ける。
「選手あがりの役員では正常な組織運営は難しい。何より資金集めは一番の難問です。だから権威に頼り、ホイホイ政治家を連れてくる。五輪の場合は、そこに大きな建設利権が絡んでくる。政治家を引退した森さんが五輪ベッタリなのは、各団体に影響力を持ち続ければおいしい思いができるからではないか。すでに建設バブルで資材高騰や人手不足が起きている。予想されたことですが、大震災による被災地復興はますます遅れる。安倍さんが『汚染水はコントロールできている』と嘘ついて、20年東京五輪を招致した理由が鮮明になった。自国の民さえ救えず何が五輪か。財布を落としても返ってくると自慢した日本の、国を代表する選手が海外の大舞台で窃盗事件を起こした。これだって大変恥ずかしいことです。何度でも言いますが、この国に東京五輪を開催する資格なんてありません」
 スポーツバカの選手、彼らを育てた親に指導者、アホな選手を増長させるスポーツメディア……。そういったスポーツ界の大元締が「サメの脳みそ」の元首相なのだから、上から下までおかしくなるわけだ。



9/30 【スポーツ随想】橋本聖子氏、辞退せず会長5期目へ スケート連盟の内幕とは

(2014-09-30)

報道機関

ZAKZAK(夕刊フジ)

見出し

【スポーツ随想】橋本聖子氏、辞退せず会長5期目へ スケート連盟の内幕とは

発行日

2014930日 

http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20140930/spo1409301550001-n1.htm

◆内容◆

橋本聖子氏(参院議員)の“無理チュー事件”については、先月の小欄で書いた。今年2月のソチ五輪の打ち上げで、フィギュアスケートの高橋大輔にキスを強要した恥ずかしい写真を『週刊文春』にスッパ抜かれた、アレだ。
 日本選手団長の立場を利用して? 人気者の大輔の唇を奪ったとして同世代のおばさまたちから総スカンを食った。そのせいかどうか、しばらくして激やせした本人の写真が新聞に載った。
 さすがに日本スケート連盟の会長もお辞めになるのでは、と思いきや先日の連盟評議員会の理事改選で25人の理事の中に残った。来月8日の理事会で互選によって、会長5期目に入るというからしぶとい。
 「フィギュアの世界では慰労や祝福の意味でハグやキスは当たり前で、騒ぐことでもないが、会長としてああいうのはどうか。しかも彼女はスピードスケートの人だから…」と、あるフィギュア関係者は苦笑いした。
 同じ氷上の競技でも、タイムを競うスピードと美を競うフィギュアは、全くといっていいほど相いれない仲。浅田真央、羽生結弦らスーパースターを抱え、大会とアイスショーの両方で莫大な収入のあるフィギュアに比べ、競技会の観客など数えるほどで、ソチではメダルなしだったスピードは稼ぎようがない。

連盟の2013年度決算では単年度で約11億6752万円の黒字で、いかにフィギュアが儲かっているかだろう。前出のフィギュア関係者はいう。「スピードの赤字を埋めて、なおそれだけ儲かったことになる。しかもフィギュアには、いろんなエージェントが絡んでおいしい蜜を吸い取っていく。連盟がしっかりして自分たちの手でやれば、実入りはもっと増えるはずだ」
 スケート先進国は、ほとんどがフィギュアとスピードが独立した組織になっている。「日本も早く別々の連盟にすべきだ」とフィギュア界から声が上がって久しい。
 しかし、06年に発覚した連盟の大規模な不正経理で「スケート界の天皇」として君臨していた久永勝一郎元会長の失脚後、フィギュア側は政治力を失い、理事会も数で上回るスピード側の発言力が大きいという。
 今回の改選でも、サラエボ五輪男子500メートル銀メダリストの北沢欣浩氏が理事になった。「スピードの方は名前の通った“キャリア”の理事が多いが、フィギュアは有名人がプロになってしまうので、キャリアで対抗できる理事が少ない」と関係者。
 なるほど“チュー”程度で会長が代わらないのも合点がゆく。これからも高名、高収入の奥さま(フィギュア)が不本意ながら、うだつの上がらぬ亭主(スピード)を食わせていかねばならないようだ。 (作家・神谷光男)



9/29 安重根肖像画問題で日本選手団が再発防止を要請 韓国メディア「日本が言いがかり」

(2014-09-29)

報道機関

産経新聞

見出し

安重根肖像画問題で日本選手団が再発防止を要請 韓国メディア「日本が言いがかり」

発行日

2014929日 2209

http://www.sankei.com/world/news/140929/wor1409290035-n1.html

◆内容◆

【ソウル=名村隆寛】韓国・仁川で28日夜に行われたアジア大会サッカー男子準々決勝の日韓戦の観客席に、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根(アンジュングン)の肖像画が掲げられた。政治的な活動を禁じる国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する可能性があり、日本選手団の田嶋幸三副団長は29日、大会組織委員会に再発防止を求める意見書を提出したと明らかにした。

 韓国では昨年7月にも、ソウルで行われたサッカー日韓戦で同様の問題が起きた。安重根の巨大な幕と「歴史を忘れた民族に未来はない」と日本を非難する横断幕が広げられ、日本サッカー協会が主催する東アジア・サッカー連盟に抗議文を出していた。

 今回の肖像画も韓国サポーターが持ち込んだものだが、昨年よりも小さく、両国のサポーターの間では混乱はなかったもようだ。

 この問題について韓国の一部メディアは29日、日本での反応を交え簡単に報じた。しかし、中には「安重根義士の肖像画再登場に日本が言いがかり」(文化日報)だとし、韓国サポーターの一方的な“政治色”の極めて強い行為は棚に上げ、逆に日本を批判する論調も見られる。

 同紙はさらに、「昨年7月には、少数の日本の観衆が試合開始前に旭日旗を振り、これに対し(韓国側から)安義士の肖像画が掲げられた」と正当化している。



9/29 サッカー日韓戦でまた「安重根」横断幕 FIFAはなぜ韓国を処分しないのか

(2014-09-29)

報道機関

J-CASTニュース

見出し

サッカー日韓戦でまた「安重根」横断幕 FIFAはなぜ韓国を処分しないのか

発行日

2014929日 1830

http://www.j-cast.com/2014/09/29217050.html?p=all

◆内容◆

男子サッカーの日韓戦で、またも「安重根」が現れた。韓国・仁川のアジア大会で、韓国サポーターがスタンドでその肖像画を掲げたのだ。近年だけでも2010年、2013年に次ぐ。

   韓国の初代統監を務めた伊藤博文を暗殺した人物だけに、その似顔絵を日本戦で掲げれば政治的意味合いが非常に濃い。国際サッカー連盟(FIFA)はサッカーの国際試合での政治的主張を禁じているはずだが、過去の例では「おとがめなし」だった。

・アジアオリンピック評議会「スポーツの政治的悪用に反対」

韓がアジア大会で激突したのは2014928日の準々決勝。スタンドには、安重根の似顔絵が描かれた幕がはためいた。

   1年前の東アジア杯を再現したようだ。2013728日、場所は同じ韓国。この時はスタンドの1階から2階まで届く巨大な肖像画に加え、ハングルで「歴史を忘れた民族に明日はない」と書かれた横断幕が張られた。日本サッカー協会(JFA)は試合後、競技中の政治的主張を禁じるFIFAの規定に違反する可能性があるとして東アジアサッカー連盟(EAFF)に抗議文を提出したという。だがその後、EAFFが日本側の抗議を受け入れたとか、韓国にペナルティーが与えられた、という話は聞こえてこない。

   近年、韓国で開催の日韓戦には毎回「安重根」が登場する。201010月にソウルで行われた親善試合でも、巨大な横断幕が現れた。また2005213日付で朝日新聞に掲載された投書の中に、こんな内容があった。投稿者が20047月、ソウルで観戦した日韓の23歳以下代表の試合で、韓国側のサポーターが安重根の肖像画を観客席で掲げていたという。少なくとも10年以上前から始まっていたようだ。

   アジア大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)の「憲章および規則」第3条「全般的な目的」のなかに、こういう規定があった。

OCAは、スポーツおよび選手を、政治的または商業的に悪用することに反対する」。

   また第36条では、OCAによる大会での「スポーツマンらしからぬ行為」を禁じているが、その細則として「OCA 競技大会開催場所、会場または、大会に関係他のエリアにおいては、いかなる種類のデモンストレーションまたは、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」とある。会場内で行われるいかなる「政治活動」も制限されると読み取れそうだ。

・「領土主張」罰金はアルゼンチン345万円、韓国40万円

   サッカーの国際試合を見ると、サポーターの行為が処罰の対象となることはしばしばある。中でも人種差別には厳しく、対応も迅速だ。

   政治的な主張はどうか。最近の例では、アルゼンチン代表の選手たちが20146月、自国開催の親善試合直前に「マルビナス(英領フォークランド)諸島はアルゼンチン領」と書かれた横断幕を手にした。報道によるとFIFA1か月後、アルゼンチン側に罰金3万スイスフラン(約345万円)と厳重注意の処分を下した。

   類似の事例は、2012年のロンドン五輪で韓国代表の朴鍾佑選手が日本戦終了後、島根県の竹島が韓国領だとハングルで書かれたカードを持ってピッチ上でアピールしたのが思い浮かぶ。この時は試合から約4か月経過してから、FIFAが朴選手の2試合の出場停止と罰金3500スイスフラン(約40万円)と、韓国サッカー協会への警告処分を決めた。単純比較はできないが、アルゼンチンに対する措置と比べると決定までに時間がかかり、罰金も約10分の1程度にとどまった。

   サポーターによる政治活動となると、2014311日の欧州チャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)-アーセナル(イングランド)の試合で、バイエルンのファンが「人種差別にはノーを、コソボにはイエスを」と書いた横断幕を掲げたケースがある。コソボは2008年にセルビアから分離独立を宣言したが、ロシアやセルビアが国家承認していないこともあり、サッカー代表チームはFIFAや欧州サッカー連盟(UEFA)の加盟を認められていない。バイエルンはコソボ出身の選手がプレーしていることもあり、サポーターがUEFA入りを後押しするメッセージを出したようだ。この試合では、別に人種差別的な幕も観客席で見られたため、UEFAが「2件分」の制裁としてバイエルンにホームゲームでの観客席の一部閉鎖と罰金1万ユーロ(約139万円)を科したという。

   日本政府は、安重根について「テロリスト」「犯罪者」との見方を示している。韓国開催の試合で今回も繰り返された横断幕騒動に、JFAは強い態度で臨むかどうかが見ものだ。



9/29 ア大会、安重根肖像問題で意見書 再発防止求め日本選手団

(2014-09-29)

報道機関

共同通信

見出し

ア大会、安重根肖像問題で意見書 再発防止求め日本選手団

発行日

2014929日 1904 

http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092901002281.html

◆内容◆

【仁川共同】仁川アジア大会で28日に行われたサッカー男子準々決勝の韓国日本の試合中に、韓国サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根の肖像が描かれた幕を掲げた問題で、日本選手団の田嶋幸三副団長は29日、大会組織委員会に青木剛団長名で再発防止を求める意見書を提出したと明らかにした。

 サッカーの日韓戦では、昨年7月の東アジア・カップでも韓国サポーターが安重根の肖像画のほか「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕を掲げ、日本サッカー協会が主催する東アジア・サッカー連盟に抗議文を出した。



9/29 サッカー日韓戦で安重根の肖像画 韓国サポーター掲げる

(2014-09-29)

報道機関

共同通信

見出し

サッカー日韓戦で安重根の肖像画 韓国サポーター掲げる

発行日

2014929日 026

http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092801001913.html

◆内容◆

【仁川共同】仁川アジア大会で28日、サッカー男子準々決勝の日本対韓国戦が行われた文鶴競技場で、韓国サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根の肖像画を描いた幕を掲げた。

 幕は人の背丈ほどの大きさ。日韓のサポーター間で混乱はなかった。

 安重根をめぐっては、中国がことし1月、暗殺現場の中国黒竜江省のハルビン駅に記念館をつくり、韓国政府関係者が訪れるなど、中韓の日本に対する歴史問題での「共闘」の象徴になっている。日本は、安重根が「死刑判決を受けたテロリスト」(菅義偉官房長官)との立場を度々表明し韓国が反発している。



9/29 韓国TV局 アジア大会で日本を「周辺国と深刻な問題ある国」

(2014-09-29)

報道機関

週刊ポスト

見出し

韓国TV局 アジア大会で日本を「周辺国と深刻な問題ある国」

発行日

2014929日 700 (20141010日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278872.html

◆内容◆

スポーツ大会での韓国の反日工作でもはや恒例となっているのが、ユニフォームのデザインなどについて「(軍国主義の象徴である)旭日旗に似ている」とクレームをつけることだが、韓国・仁川で開かれているアジア競技大会でも開幕前の916日にホッケー男子代表チームが餌食となった。
 仁川市内の女子高の屋内練習場で調整した代表選手が、友好の印として約20人の女子高生にホッケー協会のエンブレムをかたどったバッジを渡したところ、「旭日旗が描かれている!」と大会組織委員会に通報される騒ぎになったのだ。
 韓国のインターネット掲示板では、「日本人が嫌がらせで女子高生にバッジをバラ撒いた」とまで書き込まれる事態になった。日本ホッケー協会は困惑を隠さない。
「ホッケーでは試合前にバッジ交換するのが慣例で、この時には余ったものを練習を見学していた女子高生に記念品として渡したんです。彼女たちは喜んでいたと聞いています。過去に韓国で試合をした時は何もいわれなかったのに……
 ジャーナリストの室谷克実氏は、開会式から不安が拭えなかったとする。
「日本選手団が入場してきた時、韓国のテレビ局SBSは『周辺国と深刻な問題がある国』とテロップを入れて紹介していました。それを見た時から、大会中に何か卑怯な妨害工作があるのではないかと感じていました」


9/29 ア大会開会式で入場券を無料配布 空席多く、市民サポーターらに

(2014-09-29)

報道機関

共同通信

見出し

ア大会開会式で入場券を無料配布 空席多く、市民サポーターらに

発行日

2014929日 1537

http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092901001820.html

◆内容◆

仁川アジア大会組織委員会は29日の記者会見で、19日の開会式で入場券を一部無料配布したことを明らかにした。会場の仁川競技場の収容人員は約6万人。有料での入場者は3万人強だったという。

 組織委によると式典の予算は約200億ウォン(約21億円)。担当者は「それだけの規模の開会式に空席があっていいものかと悩んだ。市民サポーターら開催に力を尽くしてくれた人々を呼んで席を埋めることにした」と説明した。10月4日の閉会式も同様の措置を検討しているという。(共同)



9/29 洋菓子のヒロタがフィギュアスケートクラブを発足 無良 崇人選手の所属と広告起用が決定

(2014-09-29)

報道機関

Press

見出し

洋菓子のヒロタがフィギュアスケートクラブを発足 無良 崇人選手の所属と広告起用が決定

発行日

2014929日 930

http://www.atpress.ne.jp/view/51500

◆内容◆

株式会社洋菓子のヒロタ(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:広野 道子、以下 洋菓子のヒロタ)は、1924年に創業し、今年201410月に90周年を迎え、新生ヒロタのスタートとしてHIROTAフィギュアスケートクラブを発足いたしました。また、HIROTAフィギュアスケートクラブに無良 崇人選手の所属が決まり、洋菓子のヒロタの広告に無良選手を起用することとなりました。
90
周年を記念して、新イメージキャラクターの「ヒロ太くん・シュー子ちゃん」も誕生いたしました。
無良 崇人選手公式応援ページ
https://www.facebook.com/takahito.mura.fanpsge?ref=bookmarks

HIROTAフィギュアスケートクラブ発足のお知らせ】
この度、洋菓子のヒロタは、フィギュアスケートクラブを発足し、無良崇人選手の所属が決まりました。クラブ名は『HIROTA』となります。(縦書き表記は『洋菓子のヒロタ』)
◆フィギュアスケートクラブ発足の理由
『頑張っている人を応援する』企業として新たな一歩をスタートします。
洋菓子のヒロタは1924(大正13)年創業。2014年に90周年を迎え、今年は100周年に向けた10YEARSのスタートの年になります。
この節目の年は、社員が一丸となって選手を応援することによって生まれる結束が、100周年を迎える10YEARSの飛躍をもたらす原動力のひとつになるのではないかと確信し、『頑張っている人を応援する』企業として新たな一歩をスタートします。
社長の広野 道子が予てより唱えている理念は『お店は舞台・スタッフは表現者』。
2013
年度のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会を観戦した社長の広野 道子は、フィギュアスケートの「スポーツと芸術の融合」に魅力を感じ、埋め尽くされた客席の一体感を目の当たりにし深く感銘を受けました。その時、それならばフィギュアスケートクラブを発足し『頑張っている人を応援する』ことによって社員の心の結束と表現力の向上を目指そうと考え、今回の運びになりました。
そこで日本スケート連盟特別強化選手( http://skatingjapan.or.jp/national/national_list.php?sports_id=2 )4人のうちのひとりで、いち早く、更なる飛躍のステージに挑戦すると表明した無良 崇人選手(世界ランキング7)に白羽の矢があたり、双方の方向性の合意により所属選手の契約を致しました。

フィギュアスケートクラブの発足を100周年に向けた社会貢献の第一歩と位置付け、未来のスケーターへ夢や希望を届けられるような活動をしていきます。
【無良 崇人選手をCMに起用】
洋菓子のヒロタは90周年を機に新たに広告戦略をスタート。
第一弾として、下記の期間中駅ナカ・トレインチャンネルで無良選手を起用したデジタルビジョン広告を試みます。
2014
929()105()
・東京メトロ全線電車内 東京メトロ車内ビジョン
JR大阪駅御堂筋口 デジタルサイネージ(電子広告)42
JR天王寺駅中央口 デジタルサイネージ(電子広告)47
【洋菓子のヒロタ 新イメージキャラクター発表】
洋菓子のヒロタ90周年を機に新キャラクター「ヒロ太くん・シュー子ちゃん」が誕生いたしました。ふたりはこれからあらゆる場面で活躍致します。
<ヒロ太くん>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51500/img_51500_4.jpg
<シュー子ちゃん>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51500/img_51500_5.jpg

【会社概要】
社名  : 株式会社 洋菓子のヒロタ
所在地 : 〒102-0084 東京都千代田区二番町5-5 番町フィフスビル5F
代表者 : 代表取締役会長 兼 社長 広野 道子
創業  : 1924101
事業内容: 洋菓子類、冷菓類の製造・販売及び卸売業、その他付帯する事業
URL
   : http://www.the-hirota.co.jp/
【お問い合わせ】
株式会社洋菓子のヒロタ(お問い合わせフォーム)
http://hirota1924.shop6.makeshop.jp/html/page26.html
img_51500_1.jpg



カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。