スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/31 全日本女王の宮原、作品通して観客を魅了したい

(2015-01-31)

報道機関

産経新聞

見出し

全日本女王の宮原、作品通して観客を魅了したい

配信日

20151月 31日 1035

http://www.sankei.com/sports/news/150131/spo1501310026-n1.html

◆内容◆

フィギュアスケートの全日本選手権(昨年12月、長野)で初優勝した16歳の宮原知子(大阪・関大高)は“新女王”として世界選手権(3月、上海)に挑む。16歳での全日本優勝は元世界女王の安藤美姫さんや、今季休養中のバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)らに並ぶ。産経新聞のインタビューに応じ、「作品全体を通して観客を魅了できる演技」を理想に掲げた。(田中充)

 ◆イメージは真央

 --全日本女王となり、これからどんな選手を目指していくか

 「全日本女王のイメージは浅田選手。何回も優勝しているのに、毎年、挑戦している姿を見てすごいなと思っていました。私自身も今年は世界選手権もあり、どんな試合でも、きっちりと自分の演技ができる選手になりたいです」

 --浅田にはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)という武器があった。自身はどんな「個」を確立していきたいか

 「ジャンプやスピンなど、一つの演技要素ではなく、プログラム全体を通して観客を魅了できるようになりたい。滑り終わったときに、みんながすごく拍手してくれるように、作品を通じて『個』を出していきたいです。そのためには、ジャンプでの回転不足をなくすことや、スピードに乗って滑ることが大切になってきます」

◆連続3回転目標

 --2018年の平昌五輪へ向けて、よりレベルの高い演技構成を目指す予定は

 「フリーの後半に連続3回転ジャンプを跳べるようになりたい。(今回の全日本で挑んだ)ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)-3回転はできるようになってきましたが、連続3回転はまだ難しい。そこができるように目指しています」

 --両親は医師。自身の将来像は

 「まずはスケートを精いっぱい頑張ろうと思っています。まだ具体的には考えていませんが、スケートが終わった後に勉強をやり直して、医学の道にも進みたいと思っています。五輪も出たいし、医師にもなりたい。そういうふうになれたら格好良いな、と」

 --幼少期を海外で暮らし、英語でのコミュニケーションも勉強中

 「聞くことはできますが、話すことはなかなか難しいです。でも、外国人選手と仲良くなりたいので、英語の塾に週1回通っています。英検は小学生のときに2級を取得。いつか、海外での記者会見では、英語で話せるようになりたいです」

【プロフィル】宮原知子 みやはら・さとこ 中学3年生だった2012年全日本選手権の3位で注目されたが、13年大会は4位でソチ五輪代表を逃した。今季GPシリーズはスケートカナダとNHK杯で3位。全日本ジュニア選手権は11年、12年と2連覇。大阪・関大高2年。147センチ、35キロ。16歳。京都府出身。

201502011.png
16歳で全日本選手権を制した宮原。「どんな試合でも、自分の演技ができる選手になりたい」と語る
スポンサーサイト


1/31 フェルナンデスが欧州選手権3連覇!恋人・美姫のエールに応えた

(2015-01-31)

報道機関

スポニチ

見出し

フェルナンデスが欧州選手権3連覇!恋人・美姫のエールに応えた

配信日

2015131日 603

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/31/kiji/K20150131009725590.html

◆内容◆

フィギュアスケートの欧州選手権は30日、ストックホルムで男子フリーを行い、ハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)は173・25点、ショートプログラム(SP)との合計を262・49点として3連覇を果たした。同大会男子の3連覇は1987年~89年のアレクサンドル・ファデーエフ(旧ソビエト連邦)以来の快挙となった。
 SPでもトップのフェルナンデスは3回の4回転ジャンプを予定していたが、冒頭の4回転トーループはきれいに決めたものの、コンビネーションに組み入れていたサルコは3回転となり、もう1回は転倒。滑走後の表情は冴えなかったが、ほかの選手にもミスが出て、2位に25点以上の差を付けての優勝となった。
 フェルナンデスは安藤美姫(27)と交際しており、フリーの前には「インスタグラム」でフェルナンデスを含むSPトップ3の選手に「今日も輝いて!」とエールを送られていた。
 ロシア王者のマキシム・コフトゥン(19=ロシア)が157・47点、合計235・68点でSP4位から順位を上げて2位、前回2位のセルゲイ・ボロノフ(27=ロシア)が151・99点、合計233・05点で3位に入った。



1/30 独五輪委が検査の見直し要請 スケート選手のドーピング違反

(2015-01-30)

報道機関

共同通信

見出し

独五輪委が検査の見直し要請 スケート選手のドーピング違反

配信日

2015130日 133

http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012901003891.html

◆内容◆

ドイツ・オリンピック委員会は29日、冬季五輪スピードスケート女子で5個の金メダルを獲得したクラウディア・ペヒシュタインがドーピング違反のため2年間の資格停止を受けた件で処分を不当とし、国際スケート連盟に検査の見直しを要請した。ペヒシュタインは血液ドーピングをしたとして2009年に処分されたが、薬物検査では一度も陽性反応を示していなかった。(AP=共同)



1/29 ドーピング検査で共同研究 LSIメディエンスと筑波大、東京五輪にむけて新たな検体分析法を開発へ

(2015-01-29)

報道機関

産経新聞

見出し

ドーピング検査で共同研究 LSIメディエンスと筑波大、東京五輪にむけて新たな検体分析法を開発へ

配信日

2015129日 2144

http://www.sankei.com/sports/news/150129/spo1501290033-n1.html

◆内容◆      

LSIメディエンス(東京都千代田区)と筑波大は29日、ドーピング検査における共同研究契約を結んだ。検体分析機関と大学が共同で研究を行うのは国内で初めて。

 同社は世界反ドーピング機構(WADA)が公認する国内唯一の検体分析機関。持久力を高める禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)について、より迅速で精度の高い新たな手法の開発を目指す。

 順調なら約1年で開発にメドをつけ、その後実用化に取り組むという。同社の陰山信二アンチドーピングラボラトリー長は「日本で唯一の認定機関として、東京五輪に貢献するのは当然のこと。それに向けて、分析技術を確立していく」と話した。



1/29 韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

(2015-01-29)

報道機関

日刊ゲンダイ

見出し

韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

配信日

20151月 29日 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/156770

◆内容◆

「臨床開発中の薬が闇市場に流出するケースが後を絶たない」
 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のバレリー・フォーネロン健康・医事・研究委員長が危機感をあらわにした。
 28日、WADAは都内でドーピング撲滅を目的とした国際会議を開催。12年のフランス・パリに次いで2度目の開催となった今回は、主に製薬会社との連携について話し合った。
 これまではWADAと大手製薬会社、各国の業界団体が覚書を交わし、共同で禁止薬物の撲滅に取り組んできた。それなりの成果は出ているものの、12年ロンドン五輪前の抜き打ち検査などで107人の違反者が発覚。最近では北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(25)が国内の検査で陽性反応を示すなど、「撲滅」には程遠いのが現状だ。
 大きな原因は他でもない、製薬会社からの流出だという。
 冒頭のフォーネロン委員長の指摘通り、製薬会社から新薬に関するデータが何らかの形で外部に流出、悪質な業者の手に渡って、禁止薬物として転売されるケースが大半とか。中には当局の承認が得られなかった薬物が、製薬会社社員によって大量に売却された例もある。新種の成分が含まれた薬剤も少なくなく、流出した薬を使用して選手がドーピング検査を免れていた事例も報告されている。
 WADAは今後、国際刑事警察機構(ICPO)や各国の警察と連携して薬物の流出を取り締まる方針ながら、サイエンス・シニアディレクターを務めるオリビエ・ラバン氏は「中小企業が薬の開発に携わっている場合、(監視は)難しい」とお手上げ状態だ。
 かくして、WADAとドーピング選手のいたちごっこはしばらく続きそうだ。



1/29 競技者であり続ける恩田美栄  フィギュアスケート育成の現場から(6)

(2015-01-29)

報道機関

Sportsnavi

見出し

競技者であり続ける恩田美栄  フィギュアスケート育成の現場から(6)

配信日

20151月 29日 1117

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/201501260008-spnavi

◆内容◆  松原 孝臣

・「教えるのは簡単なことじゃない」

2002年のソルトレイクシティ五輪出場をはじめ、国内外の数々の大会で活躍。07年春に競技生活から退いた恩田美栄は、その後、指導者を志し、08年5月には「スペリオール愛知FSC」を立ち上げた。
 競技へのこだわりから、プロフィギュアスケーターよりも指導の道を選んだ。
 今日まで教え続ける中で、すべてが順調であったわけではなかった。
 選手とコーチの立場の違いを痛感したのもその1つだ。
「現役のときは、ただ練習すればいいと思っていたから、コーチになっても、『練習しなさい』と言えばするものと考えていたんですね。だから初めの頃は、『右向け、右』みたいな感じでやっていました」
 だが、そうではなかった。
 選手であった頃は、自分がどれだけ頑張ればいいかを考えていればよかった。しかし、何人もの生徒を教えるとなれば事情は異なってくる。1人ひとり性格は違うし、同じアドバイスをしても、受け止め方が変わってくる。その日その日で気持ちも違う。
「例えば、こういう状況ならこんな精神的な状態にあるという選手時代の経験を持っていても、教えている生徒には当てはまらなかったりするということに気づきました。それを知る前は、『こうしなさい』と言っても、それが砕かれるようなことがありました。コーチは単に教えるだけじゃいけないんだと、何年もかけて分かってきました。
 だから、一見スケートとは関係ない話をしたりして、コミュニケーションをとるようにしています。始めた頃には思ってもいなかったですけどね。本当に教えるのは簡単なことじゃない。一番しんどいのは、年に3回くらいあります。自分のやってきたこと、やっていることが正しいのか、自分に問い掛けるときです。そのときが大変かな」

フィギュア人気の実感はあまり感じられない

 それでも、気持ちが切れることはなかった。
「大変なことがあっても、モチベーションそのものはぜんぜん変わらないんですよ。自分は何時間同じことをやっても苦じゃないし、競技者であるという意識、試合に向けて頑張っていく気持ちは今も変わらない」
 そして、今日まで教え続けてきた。
 その年月の間に、フィギュアスケートの認知度や人気や注目度はさらに高まっていった。恩田もそれを認める。
「そうですよね。昔はフィギュアスケートは深夜に放送するくらいのものだったのに、ゴールデンタイムに放送されるのも珍しくないのが今ですよね」
 ただ、「現場」に立つ恩田には、その変化の実感はあまり感じられないと言う。

「ソチ五輪が終わって、スケートをやる子が増えたかと言えば、そんなことはない。バンクーバーの後は増えた実感はありました」
――その背景にあるのは?
 すると、こう答えた。
「やはり、スケートはお金がかかるということもあるのではないでしょうか。自分も現役だった頃、よく続けてこられたなと思います。『うちは賞金のお金でしかやっていけないから。底がついたらおしまい』と言われていましたから。
 ですから、子供にやらせたいという方が来られたときは、最初にお金の話をして確認します。もっとそういう面でも、現場が取り組みやすい環境になればいいのにな、という気持ちになることもあります」

・選手が切磋琢磨していた時代

また、環境という点については、こうも語る。
「名古屋にもう1個リンクがあったらいいのに、と思うこともあります。もうちょっと分散できると練習するには楽なのにな、と」
 そのあとで恩田は「ただし」、と言った。
「環境がどうあれ、その中でどのように練習すればいいのか、育てていけばよいか、工夫していくのも大事だと思います」
 そこには、自身の体験がある。
「私が選手だった頃もリンクは混んでいたんですね。でも、たくさんの選手が育った。思い出すのは、(中野)友加里ちゃん、(安藤)美姫、それに(浅田)真央ちゃんがいたりしたわけですけど、誰かがジャンプを跳ぶと、変な話、いやでも跳ぼうとするというか足がひとりでに動き始めるんです。『私も跳ぼう』と連鎖反応が起こって、ジャンプがエンドレスになっていく。熱意がお互いに伝わっていくと言えばいいのか」
 知らず知らずに切磋琢磨(せっさたくま)していた時代だった。
「みんな、人がいたとしても跳んでいた。混んでいても、ちょっと隙を見つければ跳んだ。1点に集中して跳べば跳べる。ちょっとでも気をそらせると跳べない。あの集中力というのは、すごかったですね。育てる環境としてはよくなくても、奮い立たせる環境としてはよかった。だから、名古屋にいたメンバーには感謝ですね」
 だからこう考えている。
「環境がどうあれ、言い訳することなく、取り組んでいかないと。環境がいいせいで甘えが出ることだってあるわけだし、悪い中でもできることはたくさんありますから」

小さな一歩が大きな一歩に

 恩田のスペリオール愛知FSCは、大きいクラブではない。歴史も新しい。そうそうたるクラブが数ある中で、存在感をどのように出していくのか、それは決してやさしいことではない。
 すると、恩田は言った。
「こんな励ましを受けたことがあるんですね。『小さな一歩が大きな一歩になるから頑張りなさい』。そのつもりです」
 そして続けた。
「リンクに立ったら、もう選手本人がやるしかない。だからこそ、そこに立つまでの、それこそ毎日のプロセスが大事です。そこで悔いのないようにして、選手を送り出したいですね。自分がそうであったように、選手に完璧に演技させたい、それだけを思っていますね」
 いかなる環境でも言い訳せずに取り組みたい。選手を万全な状態でリンクに立たせたい。選手とともに競技者でありたい。
 そこに、恩田美栄の指導者としての信念があった。(第7回に続く/文中敬称略)

201501260008-spnavi_2015012600021_view.jpg
指導者としての道を選んだ恩田美栄だが、すべてが順調であったわけではなかった
201501260008-spnavi_2015012600022_view.jpg 

恩田の選手時代、名古屋には互いに切磋琢磨する環境があった



1/29 川淵チェアマン バスケ統一新リーグ開幕は「来年10月目標」

(2015-01-29)

報道機関

スポニチ

見出し

川淵チェアマン バスケ統一新リーグ開幕は「来年10月目標」

配信日

20151月 29日 530

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/29/kiji/K20150129009711210.html

◆内容◆

国際バスケットボール連盟(FIBA)が無期限の国際試合禁止処分を科した日本協会の組織改革を担うタスクフォース(関係者10人の改革チーム)が28日に設立され、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)がチェアマン(議長)に選任された。都内で会見した川淵氏は「ナショナルリーグ(NBL)とbjリーグをどう一つにするか、それに尽きる」と意気込みを語った。

 課題はNBLとターキッシュエアラインズbjリーグの統合だ。6月上旬までにそのノルマをクリアすることで処分が解かれ、日本代表は16年リオデジャネイロ五輪予選に出場できる。日本協会が6年以上かけて解決できなかったリーグ統一の難題だが「解決できないわけがないと信じている」と川淵氏。サッカーJリーグの設立を支えた“剛腕”を発揮する。同氏は週1度のペースで各チームをヒアリングしてゆく予定。「地域に根差すのがキーワード」と、地域住民、自治体、企業、クラブが協力した「三位一体」の形で改革を推し進めていく方針を明かし、新リーグの開幕時期については「16年10月を目標にやるつもりでいる」と見据えていた。

【バスケ】川淵チェアマン、Jリーグ式改革案連発! (スポーツ報知 2015/01/29 600

http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20150128-OHT1T50242.html

◆内容◆

 国際バスケットボール連盟(FIBA)は28日、国際試合出場停止処分などを科している日本協会の改革を主導する10人のタスクフォース(特別チーム)を発表し、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)がFIBAのワイス財務部長とともにチェアマンに就任した。川淵チェアマンはJリーグ方式の改革私案を次々と披露した。

 FIBAのバウマン事務総長に「サッカー界での成功をいい形で生かしてくれるはず」と期待された川淵チェアマンは、NBLとTKbjリーグの統合を最重要視。新リーグ設立に向け改革案を並べた。各チームの年俸に関し「最低でも1000万円はもらわないとプロとは言えないんじゃないか」と持論を述べ、本拠地となる体育館が固定されていないチームには「行政を巻き込めていない」とバッサリ。一方で、Jリーグ発足時にも議論を呼んだ企業名をチーム名とすることには「地域に根ざしていれば絶対だめでもない」と柔軟な考えを示した。これらの条件をクリアしたチームから新リーグに加盟させ、16年10月を目標に新リーグを開幕させる考えだ。

 16年リオ五輪予選につながる男子東アジア選手権が始まる今年6月初旬までの解決を掲げる。今後は週1回の会合を予定。「子供たちがプロ選手になりたいと思える魅力的なトップリーグの姿を示したい」。1993年に初代チェアマンとしてJリーグを発足させた手腕を振るっていく。





1/29 【甘口辛口】同じ土俵に上がってないのに…世界卓球の代表選考は釈然としない

(2015-01-29)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】同じ土俵に上がってないのに…世界卓球の代表選考は釈然としない

配信日

2015129日 500

http://www.sanspo.com/etc/news/20150129/amk15012905000001-n1.html

◆内容◆

■1月29日

 五輪や世界選手権の代表選考には競技を問わず釈然としないケースがつきものだ。世界卓球(4月26日開幕、中国・蘇州)の代表選考はその最たるものではないか。女子ダブルスの代表2組は先の全日本選手権2連覇の平野早矢香、石川佳純組ではなく福原愛、若宮三紗子組と、ともに14歳の平野美宇、伊藤美誠組が選ばれた。

 これに対し、平野早が所属するミキハウスは代表選考を不服として選考の見直しや透明化を求め、木村皓一社長名で日本協会に抗議文を提出するという。木村氏はこう話した。「何のための全日本選手権か。平野、石川組には選ばれない理由がない。選考には透明性がなく選手がかわいそうだ」。

 一番問題視するのは福原、若宮組が全日本にエントリーもしていなかったことだ。「国際競争力」を選考基準とする協会側は福原組の昨年の国際大会2度優勝を重視したようだが、木村氏は「日本の女子は世界ランク50位以内に9人いて日本選手に勝つことも国際競争力。出てもいないのに代表にしたらいかん」と力説する。

 五輪で最も期待できるのはダブルス。来年のリオの代表3人は今年9月の世界ランキング上位2人が自動的にシングルス代表に決まり、今後のツアーの評価で残る1人が決まるが、当然世界選手権組の出場が優先されそうだ。木村氏は「このままでは五輪の代表も決まったも同然」と言う。

 選考方法が複雑なのは仕方ないが、同じ土俵に上がらずに代表は確かにおかしい。「どの選手にも公平に与えられた機会の中で判断すべき」というミキハウス側の声は、スポーツの根本精神でもある。卓球の将来のためにも協会は重く受け止めるべきではないか。 (今村忠)



1/28 “美姫の恋人”フェルナンデス 欧州選手権3連覇へSP首位発進

(2015-01-28)

報道機関

スポニチ

見出し

“美姫の恋人”フェルナンデス 欧州選手権3連覇へSP首位発進

配信日

2015128日 2347

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/01/28/kiji/K20150128009713190.html?feature=related

◆内容◆      

 フィギュアスケートの欧州選手権は29日、ストックホルムで男子ショートプログラム(SP)を行い、ソチ五輪4位で欧州選手権2連覇中で世界選手権で連続3位のハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)が89・24点でトップとなった。
 2位は前回欧州選手権2位のセルゲイ・ボロノフ(27=ロシア)で81・06点、3位にミハル・ブジェジナ(チェコ=24)が80・86点で続いた。
 安藤美姫の交際相手としても知られるフェルナンデスは、冒頭の4回転サルコー、連続3回転のコンビネーションジャンプで着地が乱れる場面もあったが、2位に8点以上の差を付け、3連覇へ好発進となった。



1/28 バド選手「八百長誘われた」 デンマークから来日、昨年東京で

(2015-01-28)

報道機関

共同通信

見出し

バド選手「八百長誘われた」 デンマークから来日、昨年東京で

配信日

2015128日 2217

http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015012801001353.html

◆内容◆

【ロンドン共同】スポーツ界で賭博に絡む八百長が問題となっている中、昨年6月に東京で行われたバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパンで八百長を持ち掛けられたハンスクリスチャン・ビティンフス(29)=デンマーク=が27日までに電話取材に応じ、当時の体験を語った。

 接触はどんな形で。

 「来日してホテルにいると(交流サイトの)フェイスブックに突然、メッセージが来た。2、3年前から知っていた用具メーカー関係者を名乗るマレーシア人の男からだった。日本にいるのか、試合に出るのかと聞いてきて、イエスと答えると、八百長に興味があれば胴元を知っていると切り出してきた」

 どう対応したのか。

 「断った。すると彼は守りに入り、友人を手伝っているだけだと主張した。僕は選手委員会の副委員長だし、その日のうちに世界バドミントン連盟(BWF)にメールで報告した」

 報酬は。

 「その日の夕食で代表仲間にこの話をしていた時、同僚のキム・アストルプに全く同じ(八百長の)オファーが来た。キムに詳細を聞かせたところ、報酬は1試合3千ユーロ(約40万円)ぐらいだった。男はトマス杯、ユーバー杯や世界選手権でも試合結果を操作したと言っていた。フェイスブックのように証拠が残る方法で接触してくるのは成功例があるからだと思う」

 対策は。

 「バドミントンの多くの大会で八百長が行われているのは間違いないと思う。男のフェイスブックにはアジアのトップ選手20~25人と撮った写真があった。どのような状況で撮影したのかは知らないが、日本の選手も含まれていた。用具メーカーを通して簡単に試合会場に出入りしていたのだろう。格下の大会の方が仕掛けやすいのではないか。そういう大会に出場する選手にとって3千ユーロは大金だ。まず大切なのは選手の教育。BWFには内部通報制度もある」



カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。