スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/3 佐々木美行の指導者としての喜び フィギュアスケート育成の現場から(8)

(2015-03-03)

報道機関

Sportstiva

見出し

佐々木美行の指導者としての喜び フィギュアスケート育成の現場から(8)

配信日

2015年 3月 3日 12:45

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1415/columndtl/201502260004-spnavi

◆内容◆松原 孝臣

教師とフィギュアスケート指導の両立

創立から20年を超える年月を重ねてきた倉敷フィギュアスケーティングクラブ(FSC)。高橋大輔をはじめとして全国大会などで活躍する選手たちも輩出してきた。
 同クラブの監督、佐々木美行は立ち上げから今日まで、常に中心にあった。クラブの歴史であると言っていいかもしれない。
 ものごとは、得てして、始めることよりも、続けることが大変であり、エネルギーを要すると言われる。それを考えれば、そもそもは決してフィギュアスケートが盛んであるとは、根付いていたとは言い切れない地での歩みにこそ、大きな価値がある。
 しかも佐々木は、小学校の教師でもある。それと同時に、スケートの指導を続けてきた。

 クラブの運営は、保護者も参加しての、ある意味、集団体制で行なわれている。
 とはいえ、中心にある佐々木の立ち位置を考えれば、両立がやさしいこととは到底、思えない。
 しかし、佐々木は言う。
「小学校、スケート、そのどちらかだけだったら、たぶん行き詰まっていたと思います。学校は、さまざまな思いを持った子たちが集まってくる場所で、クラブはスケートをしたいという明確な目標を持った子たちが集まっている。そうした違いはありますが、それぞれに面白い場所です。
 学校で何かうまくいかなくても、スケートでうまくいくとそれで復活できるし、スケートで疲れても学校で疲れがとれることもある。両方だから元気にやってくることができたのだと思います」
 2つの場があることの効用を語ると、こう付け加えた。
「大変だと思わない最大の理由は、毎日教え続けていて、飽きた、と感じることがまったくないからかもしれません」

「小さな実感の積み重ねで今がある」

 毎日繰り返される時間は、ときに、指導者にも緩みをもたらしたり、日常の単なる1つの仕事と思わせかねない危険性をはらんでいる。
 佐々木はそれを否定する。
「だって、毎日、楽しいですから。自分なりに目標を毎日立てて、例えばアクセルで苦しんでいる子がいるとすれば、今日こそ立たせてあげようと思い、それがかなえば、よかったなと思える。毎日毎日、そういう思いを抱けるのだから、楽しいですよね。そんな小さな、小さな実感の積み重ねで今があるんですね」
 さらに続けた。
「何よりも、目の前にいる子が進化するのがすごく楽しいんですね。例えば今朝も、午前4時半に家を出て、午前6時まで岡山のリンクで滑ってきました。その中に、テストの課題がまだできていない子がいました。その子が新しい級に合格できるように、課題をクリアできれば、と思っていましたが、うまくこつをつかんでくれた。よかったなと思って帰ってきましたし、もうそれだけで、早朝から出かける大変さもなくなりますよね」

パーソナルベストを目指すことが次につながる

ささいなことでも、子どもが成長、進化する姿を見たときの喜びは、クラブの立ち上げ時も、今日もまったく変わらない、と言う。
 どこに指導の喜びを見いだすかをめぐる佐々木のスタンスは、次の言葉にも通低しているようだった。
「大会でどんな成績をあげるか、それは大事なことではありません。もちろん、子どもたちそれぞれに成長していく中で、たまたま、大きな大会で活躍する選手が出てくる。例えば、高橋大輔君や田中刑事君(倉敷芸術科学大)みたいに。それに続こう、目標にしようとする子も出てくる。でもそれを課しているわけではないし、成績のよしあしを問うこともないですね」
 成績を重視しないのには、佐々木のスポーツへの考え方があった。
「スポーツというのは、結局のところ、勝つのは結局1人だけ。みんな負けるわけです。でも負ければ意味がないかといえばそうではないし、成績の面では負けたとしても、勝つことができるものでもある。自分の中で勝っていればいいからです」
 それはどういうことか。
「私は、『今回はここまでやっておこう』と定めた目標を達成できたかどうかが重要だと考えています。そして、どこまでできたか、次にどこができればよいかを本人がしっかりつかんでおくことができれば、進化できる。誰がどうこうとかじゃないのですね。その進化、自分が伸びたという事実こそ、楽しんでほしいんです。
 いまふうに言えば、パーソナルベストですかね。今日の自分より明日の自分、明日の自分よりその先の日の自分。もちろん、いい日も悪い日もあるでしょう。その中でも、いつも最善を尽くすことが、きっと次につながっていくものだと思います」

「したいことを極めたい」思いが強かった高橋大輔

 ふと、佐々木が以前語っていた、高橋の少年時代の話が思い出される。

「(印象に残っているのは)『誰がライバル?』と聞いても答えを返してこなかったことです。それよりも『僕がしたいことを極めたい』という思いが強い生徒でした。誰に勝つとか負けるじゃなく、中身をちゃんとしたかったのですね」
 それは高橋本人がそもそも持っていた姿勢であったかもしれない。佐々木の影響もあったかもしれない。
 いずれにせよ、2人のスタンスには、相通じるものがあったのだ。
「大会というのは、“人間ドック”みたいなものなんですね。検査を受けて、ここはいいところ、ここは悪いところ、これからはこういうところに気をつけて生活しましょう、と。
 それと同じように、練習を見直して、自分の進化を追求しましょう、それを一緒に楽しみましょう、それが大会なんです。いい負けをしてくれたらいい」
 と、佐々木は笑う。
 指導者であると同時に、あるいはそれ以上に、教育者であるようにも思える佐々木のもとにいたから成長した、育った選手たちもいただろう。
 飽きることなく、子どもたちの成長、進化に喜びを見いだし、20年を超える時間を刻んできた佐々木と倉敷FSC。
 ただ、そのすべてが順調であったわけではない。ときに危機を迎えることもあった。
 それを跳ね返してきた原動力は、佐々木のスタンスにあり、そしてクラブそのものの力でもあった。
(第9回に続く/文中敬称略)

201502260004-spnavi_2015022600026_view.jpg

佐々木が監督を務めるFSCは高橋大輔ら全国大会などで活躍する選手たちを輩出してきた

201502260004-spnavi_2015022600027_view.jpg
子どもたちの成長、進化に喜びを見いだし、佐々木と倉敷FSCは20年を超える時間を刻んできた
スポンサーサイト


3/3 開催懸念払拭を目指す平昌冬季五輪 リオへ15億ドル支援決定したIOCも加わる「統合協議体」を新たに発足へ

(2015-03-03)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

開催懸念払拭を目指す平昌冬季五輪 リオへ15億ドル支援決定したIOCも加わる「統合協議体」を新たに発足へ

配信日

2015年 3月 3日 1636

http://www.sankei.com/sports/news/150303/spo1503030020-n1.html

◆内容◆

2018年2月に韓国で開催される平昌冬季五輪まで3年を切ったが、開催準備の遅れへの懸念は消えない。こうした中、懸念払拭を目指し、新たに「統合協議体」が発足することになった。

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)が報じたところによると、平昌五輪・パラリンピック大会組織委員会は2月27日、ブラジル・リオデジャネイロで国際オリンピック委員会(IOC)関係者と会談し、IOCと五輪組織委、韓国政府、江原道、国際競技団体が参加する「統合協議体」を運営することを決めた。同協議体は、平昌五輪の懸案について迅速に意思決定を行うのが目的で、最低でも月1回以上、会合が開催されるという。初会合は、3月17日から行われるIOC調整委員会に先立って行われる予定だ。

 確かに、準備遅れは深刻だ。新設の6競技場の建設が開催1年前の「テストイベント」に間に合わないことが懸念されている上に、大会運営費の4割近くを賄うはずのスポンサー契約も2月の段階で目標の30社に対し4社。さらに、五輪後の後利用計画でも新設の6施設のうち4施設の計画が未定という状況とも報じられている。朝鮮日報によると、会場整備の進捗状況(今年1月時点)はわずか6~14%。さらに、大会運営費捻出の問題では、インフラ関連予算を除く大会運営予算を2兆540億ウォン(約2259億円)とし、このうち8530億ウォン(約938億円)をスポンサー契約で賄う計画なのだが、契約数は4社のみというのだから、不安は尽きない。

組織委は13、14年の協賛費収入をそれぞれ175億ウォン(約19億円)、675億ウォン(約73億円)と予想。しかし、13年は収入ゼロ、14年は35億ウォン(約4億円)にとどまったという。このため、13年は110億ウォン(約12億円)、14年は105億ウォン(約11億円)を政府や関連機関から借り入れた。

 昨秋開催された仁川アジア大会でもスポンサー集めは苦戦。頼みのサムスン電子は2020年までIOCと公式スポンサー契約を延長しており、国内スポンサーになる必要がないのも痛い。それだけに、政府が乗り出さないと問題は解決しないといった声も出ている。

 懸念がなかなか払拭されないだけに、インターネット上には「国際的に大きな恥をかきかねない」「失敗して恥をかけばいいさ。そうすれば2度と招致しようなんて言わないだろう」「できないなら最初からするな」といった声が寄せられているという。

 今回、IOCも加わるという「統合協議体」の発足で、大会に向けた準備が加速するか。2月26日のリオデジャネイロでのIOC理事会では、リオ五輪開催準備などに15億ドル(約1785億円)を支援することが決まった。平昌へのIOCからの資金援助の行方も注目される。



3/3 韓国まだ言うソチ「キム・ヨナ採点」遺恨 ニューズ・ウィークが示した「恨文化」の歴史的考察

(2015-03-03)

報道機関

産経新聞【スポーツ異聞】

見出し

韓国まだ言うソチ「キム・ヨナ採点」遺恨 ニューズ・ウィークが示した「恨文化」の歴史的考察

配信日

2015年 3月 3日 600

http://www.sankei.com/premium/news/150303/prm1503030006-n1.html

◆内容◆

韓国メディアは、今年2月にソウルで開催されたフィギュアスケートの「四大陸選手権大会」で、2014年ソチ五輪でキム・ヨナが銀メダルに終わった「採点」に対する抗議行動が行われたと一斉に報じていた。観客が「ソチは終わっていない」などと英語で書かれた横断幕を掲げた。韓国スケート連盟は国際スケート連盟(ISU)への提訴を断念し、「キム・ヨナ採点」問題は幕引きされたはず。1年が経過し、韓国特有といわれる「恨文化」の一端が垣間見られた。

 韓国・聯合ニュースによると、抗議行動は2月13日、女子ショートプログラム(SP)の整氷時間に行われた。「キム・ヨナの一部のファン」(韓国メディア)は英語で書かれた「我々は絶対に忘れない」「ソチは終わっていない」「ISUは改革が必要だ」「2017年までにスポーツ仲裁裁判所(CAS)に抗議するぞ」などの横断幕を一斉に広げた。

 ソチ五輪のSPで1位だったキム・ヨナはフリーで、SP2位だった開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワに逆転され、五輪連覇を阻まれて銀メダルに終わった。その際、採点を疑問視する声が韓国内に上がり、韓国連盟はISUに異議を申し立てた。ただし「採点」に関するものではなく、審判員の「構成」に疑義を提示するものだった。ISUに棄却され、韓国連盟はCASへの控訴も断念した経緯がある。

 韓国メディア・OSENによると、四大陸選手権では観客のプラカード持ち込みが禁止されていたという。大会組織委員会関係者は「発見した場合は強制回収する」としていた。

ところが、別の韓国メディアによると、韓国スケート連盟の関係者は横断幕について「ISUの規定上、問題になることはない。選手が競技をするときに横断幕を下ろし、整氷時やウオーミングアップの時間にのみプラカードを掲げているため、競技の妨害になる行為ではない」と述べた。主張が真反対だ。どちらが真実なのかは不明だが、日本人が韓国選手に対して同様の行為を行ったとしたら、このような寛容な態度を取るだろうか。

 今回の横断幕提示には「恨」という国民文化が強くうかがえる。昨年2月に米誌ニューズ・ウィークにこのような考察が掲載されていた。「恨を引き起こす大きな要因の一つは、大国から不当な扱いを受けた歴史にある。韓国人が厳しい歴史を経験する中で育まれてきた哀しい感情だ」

 たとえば、2013年3月1日、韓国の朴槿恵大統領は独立運動を記念する政府式典の演説で、加害者と被害者の立場は「千年の歴史が流れても変わらない」と強調していた。

 さらに、ソトニコワが昨年7月19日から23日にかけて長野で開催されたアイスショーに出演した際、ジャンプで尻もちをついたり、回転不足や着地で乱れるなど大きなミスを連発。これに韓国メディアは「ソトニコワ 日本のアイスショーでジャンプをすべて“失敗” これが金メダリスト?」(ヘラルド経済)、「ソトニコワ フィギュア金メダリストで合ってる?」(スポーツ京郷)、「ソトニコワ アイスショー、見るに哀れなほど? 金メダリストの大屈辱!『あんまりだね!』」(MTN)などといった見出しの記事と転倒写真を掲載し、批判した。

韓国のスケートファンからは、今回の集団行動に対して「キム・ヨナを心配するファンによる抗議だが、こんなことをしても仕方がない。韓国のスケート協会は動かないから、ファンたちはプラカードで意思を示すことしかできないのだ」といった声が漏れた。韓国メディアの中には「ソチ五輪から1年が経つが、女子フィギュアの不公平はいまだに忘れることができない」との指摘もある。

 日本のネットユーザーは「規定上問題にならないからやっていいって話じゃないと思う」「何より『いつまでやってんだ』という気がしてうっとうしい」「選手が抗議するならまだ分からんでもないけど、ファンがこんな抗議って逆効果にしかならないと思うけどね」「キム・ヨナの件はしつこいと思いますが、どうしてもまだ抗議を続けたいのならIOC(国際オリンピック委員会)に直接するべきでしょ」などの意見が多くみられた。



3/3 文科省、IOCに職員派遣 国際的人材の育成狙う

(2015-03-03)

報道機関

共同通信

見出し

文科省、IOCに職員派遣 国際的人材の育成狙う

配信日

2015年 3月 3日 1240

http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030301001568.html

◆内容◆

文部科学省は3日、河村裕美スポーツ・青少年局オリンピック・パラリンピック室専門官を今春から国際オリンピック委員会(IOC)本部(ローザンヌ=スイス)に派遣することを明らかにした。最低1年の勤務が決まっているが、複数年になる見通し。

 スポーツ界で国際的に活躍できる人材を育成することが狙いで、初の事例という。河村専門官は、現在は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会で文化教育担当部長を務めている。

国際競技団体ポスト狙え、文科省が人材育成へ (読売新聞 2015/3/3 1745

http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20150303-OYT1T50004.html?from=ycont_top_txt

◆内容◆

国際競技団体に人材を送り込め――。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、文部科学省はスポーツ界の国際的な人材育成に乗り出す。

 ルール改正や大会開催地の決定など強い権限を持つ各競技の国際連盟(IF)に役員を積極的に送り込み、国際舞台での発言力を強めるのが狙いだ。かつては日本の大物選手がIF役員を務めた時代もあったが、最近は人材難が続く。同省は来年度予算で新規に7000万円を計上し、官民一致でスポーツ界の「国際化」に取り組む。

 韓国・中国に後れ

日本スポーツ振興センター(JSC)によると、夏季と冬季の五輪競技のIFは35あり、会長、副会長、理事などで約650人の役員がいるが、昨年1月段階で日本人の役員は14人にとどまる。会長はゼロで、副会長は2人。現在は日本卓球協会の前原正浩・専務理事が唯一の副会長だ。

 昨年11月、国際バスケットボール連盟が日本協会を資格停止処分としたように、IFは強力な権限を持ち、成績に直結するルール改正などについても主導的な立場にある。役員の多くは欧米のスポーツが盛んな国が占めるが、アジア諸国では、韓国が会長1人、副会長5人を含む計24人、中国も副会長4人を含む計18人と存在感を示している。

 対応が後手に

 国際的人材不足は、競技団体を巡るトラブルのほか、大会招致などで日本が後手に回る事態を招いている。日本バスケットボール協会の資格停止処分は、IFの情報を入手できる立場に日本人がおらず、要求を的確に把握できなかったことで事態をこじれさせた。

 13年に発覚した全日本柔道連盟の不祥事で、上村春樹・前全柔連会長が国際柔道連盟(IJF)の理事を退いて以来、IJFの役員に日本人は不在。全柔連は昨年8月、世界ジュニア選手権の開催地争いでアラブ首長国連邦(UAE)に敗れたが、全柔連はIJF理事会の日程すら把握できず、同じアジア内に競争相手がいることも知らなかった。

 選手以外も活用

 文科省幹部は「国際的な決定事項に関われなければ、対応が後手に回る。五輪に向けた競技力強化に影響を及ぼしかねない」と危機感を示す。役員の改選期は五輪前後に集中しており、15~16年に多くの選挙が行われる。同省は要職ポストの獲得に向けたロビー活動の旅費などを負担する方針だ。

 元デンマーク大使で全柔連の特別顧問を務める小川郷太郎氏は「日本はスポーツの分野で戦略的に外交を行う意識が希薄だった。他国は選手の実績がなくても、知識や語学力を持つ人材を活用している。東京五輪を機に官民一体で環境作りを進めるべきだ」と話している。

201503031.png 201503032.png


3/3 競技団体に大会目標など提出要求 強化費配分でJOCなど

(2015-03-03)

報道機関

共同通信

見出し

競技団体に大会目標など提出要求 強化費配分でJOCなど

配信日

2015年 3月 3日 1754

http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030301001997.html

◆内容◆

日本オリンピック委員会(JOC)と文部科学省、日本スポーツ振興センター(JSC)は3日、2015年度の強化費配分に関する競技団体への説明会で、海外遠征などの強化事業計画と主要大会での目標設定を13日までに文科省に提出するよう要求した。

 15年度以降の国からの強化費は、これまでJOCが競技団体に配分してきたものを含め、全てJSCが一括管理することになった。20年東京五輪に向けて強化費の増額が見込まれる中、JOCが集約していた強化計画を文科省、JSCも共有して強化費配分の参考にする。



3/3 平昌五輪が宿泊施設にホームスティ導入でトラブル続出必至

(2015-03-03)

報道機関

週刊実話

見出し

平昌五輪が宿泊施設にホームスティ導入でトラブル続出必至

配信日

2015年 3月 3日 1100312日特大号)

http://wjn.jp/article/detail/5285491/

◆内容◆

金欠病から開催が危ぶまれ続けている平昌冬季五輪('18年開催予定)。それを打破しようと、現地韓国であ然とするような“奇策”が打ち出された。
 「実は、金欠病に喘ぐ平昌五輪は競技場建設の遅れと共に宿泊施設不足も指摘されてきたが、氷上競技の会場となる江原道の江陵市が、宿泊施設の確保に一般家庭でのホームステイ制度を導入することを発表したのです」(外信部記者)
 218日に同市が行った発表によれば、五輪中に必要な宿泊施設は29282室。ところが、五輪のクライアントや組織委員会が要求したものを除くと2200室あまりが不足すると予想され、この苦肉の策に舵を切ったというのである。
 「そのため、同市はホームステイに応じてくれる3000家庭の募集と市内620カ所のワンルームマンションの活用でこれを補おうと動き出した。ただ、江陵市はソウルからバスで1時間もかかる田舎。3000軒も受け入れる家庭を探すのも、至難の業と見られているのです」()
 もっとも、トラブルの兆しはこれだけではない。
 「宿泊時の要となるトイレ事情も懸念されている。韓国のトイレは便器にトイレットペーパーを流せない。下水設備が脆弱だからです。また、女性が使うタンポンも韓国では既婚者が使うものとの観念がいまだに残り、これらがトラブルの火種となりそうな雲行きなのです」(ソウル特派記者)
 また、ご存じの通り、韓国は世界有数のレイプ大国。そのため、ホームステイの増加による性犯罪の多発も懸念されているのだ。
 「これには地元警察もピリピリしているという。五輪中に観光客へのレイプが多発すれば、国の権威が地に落ちる。特に韓国の男性は欧米女性に性的な憧れを抱いているだけに、その危険性が高いのです」()
 これを見る限り、もはや平昌五輪の開催は末期的。観光客が激減する可能性も否めないのだ。


3/2 フィギュア世界Jr開幕!本命・宇野昌磨、金メダルへ

(2015-03-02)

報道機関

東京ウォーカー

見出し

フィギュア世界Jr開幕!本命・宇野昌磨、金メダルへ

配信日

2015年 3月 2日 1800

http://news.walkerplus.com/article/55956/

◆内容◆

32()から8()まで、エストニア・タリンで開催されるフィギュアスケートの世界ジュニア選手権。男女ともに日本勢の活躍が期待できる大会だ。今回は、男子シングルの展望と、出場する日本人3選手の近況を伝えたい。
日本からは宇野昌磨、山本草太、佐藤洸彬がエントリー。羽生結弦以来の日本勢優勝の可能性が大いにあり、注目が集まっている。ずばり、今大会は本命・宇野昌磨、対抗・山本草太の2強対決になる。
実績面では文句なく宇野昌磨がN0.1。そして山本草太のここ最近の充実振りは、過去のパーソナルベストが参考にならないほどの勢いだ。一気に20点ほど更新しても何ら不思議ではない。
今季、シニアで戦っていたロシアのピトキーエフが世界ジュニアにエントリーしてきたが、ジャンプ以外の要素では宇野と山本に及ばない。
ロシアのペトロフも同様で、宇野と山本が4回転ジャンプ、トリプルアクセルといった大技を決めて安定した演技をした場合、かなりの点差が開く可能性がある。
4
回転ジャンプが武器のボーヤン・ジン(中国)もパーフェクトな演技ができて、宇野、山本にようやく対抗できるレベルだ。

台風の目となりそうなのはアメリカのネイサン・チェン。全体的にスケートのレベルが高い。しかし、かかとに故障を抱えており本調子ではないとの情報もある。試合当日の仕上がり次第だろう。
次に、日本選手の近況について触れていく。年末の全日本選手権で2位と大躍進を遂げた宇野昌磨だが、その後はジャンプの不調に苦しんだ。
インターハイでは優勝したものの荒れた演技で、直後の取材では「絶不調です。どう跳んだらいいのか悩んでいます」との弱気なコメントまで飛び出した。その後、必死の調整を積んでいるが、ジャンプに関しては今も良くなったり悪くなったりを繰り返しているようだ。
四大陸選手権でも、日ごとにコンディションが大きく変わり、悩んでいる様子だった。ただ、調子の良い日にはクオリティの高いジャンプを跳んでいたことも事実。今回のメンバーの中で、地力ではトップの彼だが、調整のピークを試合当日に持ってこられるかどうかがカギとなる。
一方、今もっとも波に乗っているのが山本草太である。全国中学校大会では、ショート、フリー合計3回のトリプルアクセルを初めて決めて、世界ジュニアの優勝を争うポジションに躍り出た。
4
回転ジャンプに挑戦するプランもあるようだが、トリプルアクセルだけでも十分に優勝圏内といえる。全国中学校大会での取材でも、意欲的なコメントが多く聞かれた。
「いろいろな方にスケーティングが素晴らしい、と言ってもらえますが、自分ではまだまだ満足していません。スピードをもっとつけて、4回転ジャンプにつながるようにスケーティングを向上させたい。目標は、ジャンプの前後でスピードが変わらない、もっと流れるジャンプを身につけること」
さらに、「今日の演技はジャンプに集中しすぎて、表現が疎かになったのが反省点です。ジャンプが完璧になれば、その分、表現力も意識して演技できる。だからジャンプをもっと強化したい」と語った。
どこまでも意欲的で飽くなき向上心を感じさせる。この取材からほぼ1カ月。どれだけ成長した姿を見せてくれるのか、楽しみでならない。
岩手県の佐藤洸彬は、幼少時から将来を嘱望されていた選手。東北地方のローカル大会で戦っていた頃は、羽生結弦のライバルと目されていた。今季、ようやく素質が開花。トリプルアクセルを習得し、年末の全日本選手権では10位と健闘。新人賞を獲得し、世界ジュニアへの切符もつかんだ。
彼にとって初めての大舞台だが、気後れすることなく、持ち前の表現力を世界の舞台で存分にアピールしてほしい。
世界ジュニア選手権において、日本男子は高橋大輔、織田信成、小塚崇彦、羽生結弦と4人の金メダリストを輩出している。日本にとって5度目の優勝なるか、しっかりと見守りたい。【中村康一】

201503024.png
優勝候補の筆頭、宇野昌磨。今季、トリプルアクセルに加え4回転ジャンプもマスター。
201503023.png 

一躍、優勝候補に名を連ねた山本草太の全国中学校大会エキシビジョンの演技。最近の急成長ぶりには目を見張るものがある。世界ジュニアでもこの演技が観られるか

201503022.png

今季、トリプルアクセルを習得し、新人賞も受賞。有力選手へと成長した佐藤洸彬。世界の舞台でも持ち前の表現力を発揮してほしい



続きを読む



3/2 宇野、フィギュア世界Jr.へ 「結果はついてくる」

(2015-03-02)

報道機関

共同通信

見出し

宇野、フィギュア世界Jr.へ 「結果はついてくる」

配信日

2015年 3月 2日 1151

http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030201001415.html

◆内容◆

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(4日開幕・タリン=エストニア)に出場する男子の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)が2日、出発前の中部国際空港で「練習通り滑れば結果はついてくると思う」と自信を示した。

 昨年12月にジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したホープ。痛めていた脚は回復したそうで「ジュニア最後をいい試合だったと思えるようにしたい」と話した。

 同2位だった男子の山本草太(邦和スポーツランド)は「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をショート、フリーとも決めたい。初出場なので攻めて、攻めていきたい」と抱負を語った。

201503021.png

フィギュアスケート世界ジュニア選手権への出発を前に、ポーズをとる宇野昌磨(右)と山本草太



3/2 浅田真央「まな板→D巨乳」休養中にぷるるん成長中

(2015-03-02)

報道機関

日刊大衆

見出し

浅田真央「まな板→D巨乳」休養中にぷるるん成長中

配信日

2015年 3月 2日 (ヴィーナス0206日号)

http://taishu.jp/14145.php

◆内容◆

姉はグラビアでEカップ美乳を披露…実は妹も!?

日本フィギュア界の至宝・浅田真央(24)。現在は長期休養中だが、仰天の噂が浮上している。
「最近はCMやバラエティに引っ張りだこの真央ちゃんですが、ハードな練習から離れ、プレッシャーからも開放されたせいか元気いっぱい。食事制限もなく、悠々自適な生活を送っているのか、ソチ五輪のときよりひと回りふっくらし、"オトナの女"らしい体つきになっています」(民放局スポーツ担当ディレクター)
そんな真央に、最近""を意識させる出来事があったようだ。
「2つ年上の姉・舞の影響が大きいです。舞は現役引退後に地元・名古屋を中心にスポーツキャスターとして活躍し、ヒップホップユニット・シクラメンのリーダー・DEppa との交際を報じられるなど話題の人物。そんな姉を、"楽しそうでいいな~。恋愛したいな~"と真央は周囲の人に漏らしているようですからね」(スポーツ紙記者)
実は舞には、「昔から女子力が高くて巨乳」(地元テレビ局関係者)との噂が絶えず、美ボディが現役時代から注目を集めていた。
「昨年末に週刊誌で推定Eカップの美乳をついに披露したんです。真央ちゃんもそんな舞に触発されたのか、最近はファッションにも気を遣うようになり、体のラインを強調する服を着るようになったみたいですよ。取材のときに見て驚いたんですが、かつては、まな板と言われていた微乳が肉付きと洋服のせいか、Dカップくらいはあるように見えました」(前同)
さて、休養中の真央が今年、どうするのか気になるところ。芸能プロ幹部が、こう語る。
「休養宣言後、民放キー局のオファーが殺到したんです。フィギュアに力を入れているフジとテレ朝がまず動き、そこに日テレが加わり三つ巴の争奪戦に。どうやら日テレが破格の条件を出し、『NEWSZERO』で、ほぼ決まりみたい。山岸舞彩も降板は秒読みで、彼女をスポーツキャスターとして看板にするつもりですよ」
もしかして、『ZERO』で巨乳解禁となるか!?



3/2 14歳・樋口新葉がフィギュア世界Jr表彰台に挑む!

(2015-03-02)

報道機関

東京ウォーカー

見出し

14歳・樋口新葉がフィギュア世界Jr表彰台に挑む!

配信日

2015年 3月 2日 1800

http://news.walkerplus.com/article/55961/

◆内容◆

32()から8()まで、エストニア・タリンで開催されるフィギュアスケートの世界ジュニア選手権。宇野昌磨と山本草太が優勝候補の筆頭として挙げられる男子シングル。
一方、女子シングルも久々に日本勢のメダル獲得が期待されている。出場する日本人女子3選手の近況とともに、女子シングルの展望を伝えたい。
樋口新葉、永井優香、坂本花織の日本人3選手がエントリー。中でも樋口新葉はメダル獲得の可能性が高い。本命はロシアのメドベデワだろう。安定感抜群の選手で、加点を稼ぎやすい、そつのない演技をする。
同じくロシアのサハノヴィッチも力のある選手で、安定感は欠くがパーフェクトな演技をすればメドベデワよりも上。この2人の実力は高く、大きく崩れない限り、日本勢が上回ることは難しいかもしれない。
樋口新葉にとって、最も気になる存在はアメリカのカレン・チェンだ。昨季の後半に故障してからずっと本調子ではなかったが、ここに来て本領を発揮し始めた。樋口の目標であるメダル獲得のためには、カレン・チェンに負けないことが重要になる。
世界ジュニアに向けて、最後の試合となった全国中学校大会では、フリーでミスはあったもののショートでの優位性を生かして優勝。激闘の全日本選手権の反動もあり、正月休みから練習量が落ち、この試合は本調子ではなかったというが、格の違いを見せつける結果となった。
今大会への思い入れは強く、「ジュニアグランプリファイナルよりも相手は強くなるが、それでも表彰台に立ちたい」と力強く宣言した。自身の目標でもあるパーフェクトな演技をすること、そしてフリップのエッジエラーを回避することがメダル獲得へのカギを握る。
幸いなことに、全国中学校大会の後は順調に練習を積めたようで、調子を上げた状態で臨むことができそうだ。ここ数カ月の活躍で衆目を集める存在となったが、プレッシャーを感じることなく、いかんなく実力を出し切ってほしい。
永井優香は靴が合わずにかかとを痛めてしまい、エントリーしていたインターハイを欠場、韓国での四大陸選手権で復帰した。調整不足が響き、本人としては満足のいかない結果だったようだが、精一杯のアピールで可能性を感じさせてくれた。
幅と高さのあるジャンプが魅力で、特にルッツジャンプのクオリティが高い本格派。パーフェクトな演技ができれば表彰台も狙えるはずだ。ただ、現在のコンディションを鑑みるとそこまでの結果を求めるのは酷かもしれない。フリップのエッジエラー、苦手なループなど、課題を一つ一つ改善して、来季に向けて存在感を示してほしい。
関徳武コーチは永井優香の育成に関して、長期的な視野を持っているようで、シニア年代になった頃を見据えて、技術を教えているという。「浅田真央のような観る人を感動させるスケーターになりたい」。その目標に向かって、一歩一歩進んでもらいたい。
坂本花織は、樋口新葉と同様、全国中学校大会から世界ジュニアに向かうローテーション。今季は西日本ジュニアでミスの多い演技をしてしまったが、その後は立て直し、安定した演技が続いている。
「西日本ジュニアの演技は、調整ミスが生んだ体調不良が原因です。自己管理の大切さを学びました」と反省しているようで、今回は完璧な調整をしてくるはずだ。今のところ、身長が伸びてジャンプが崩れる兆しもない。
毎日の体幹トレーニングを欠かさず、現在の体格に合った体幹を作れていると自信を見せる。でき栄え点(GOE)での加点を狙い、ジャンプの入りを難しくする挑戦も続けており、世界ジュニアを見据えた戦略を立ててきた。
とはいえ、課題も多い。今季は表現力の向上に取り組み、成果があったと自信を持っているようだが、スケーティングはトップ選手と比較すると見劣りする。世界の舞台でどこまで通用するか、チャレンジ精神を持って勝負してほしい。
2010
年のオランダ・ハーグ大会以来、世界ジュニア選手権での日本女子のメダル獲得はない。かつては毎年のようにメダリストを輩出した日本女子。今年こそは日の丸を掲げることができるだろうか。【中村康一】

201503025.png

日本人の表彰台なるか!?樋口新葉にその期待が集まる。全国中学校大会の時は本調子ではなかったが、状態は上向いているようだ

201503026.png
永井優香は、ダイナミックなジャンプとジュニアらしからぬ大人びた雰囲気が魅力。決して万全の状態ではないようだが、ベストを尽くしてほしい
201503027.png 

抜群の身体能力を誇る坂本花織。バネの強さを感じさせる、けれん味のないジャンプが魅力。今回はチャレンジャーとして思い切って勝負してほしい



続きを読む



カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。