スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/28 【甘口辛口】バスケ資格停止は屈辱以外の何物でもない…体制一新で早急な解決を

(2014-11-28)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】バスケ資格停止は屈辱以外の何物でもない…体制一新で早急な解決を

配信日

20141128日 500

http://www.sanspo.com/etc/news/20141128/amk14112805000001-n1.html

◆内容◆          

■11月28日

 とうとう日本のバスケットボールが国際大会から締め出された。国際バスケットボール連盟(FIBA)が26日、日本協会に対し無期限の資格停止処分を科すと発表した。政情不安の発展途上国が受けるような処分を、1908年に米国から伝わり100年を超す歴史がある日本が受けるとは屈辱以外の何物でもない。

 再来年のリオ五輪に出るには、男子は来年5月の東アジア選手権で4位以内に入り9月の五輪予選を兼ねたアジア選手権出場権を得ることだが、道は断たれる。男子の国内リーグ分裂が発端なのに世界と戦えるレベルにある女子もとばっちりを受け、優勝で即五輪キップのアジア選手権に出場できなくなる。

 バスケットだけでなくスポーツ界全体を揺るがす異常事態だが、「事の大きさを重く受け止め五輪予選に出場できるよう頑張りたい」という丸尾会長代行の話から危機感は伝わらない。評議員会は「恥辱的な処分は現理事会の無能さに起因する。一刻も早い再起には総退陣が常識」として来月7日に臨時評議員会開催を要求している。

 「問題は複雑そうで実は簡単なこと」とある関係者は話す。「FIBAは何年も前から“ガバナンス能力なし”と指摘している日本協会の現体制が一新されれば、それなりに対応しアジア予選に間に合うように処分を解除するだろう」。そのことを遠回しにわからせようと謎をかけている、というわけだ。

 FIBAは組織立て直しのため日本に特別チームの派遣も決めた。事ここに至っては現理事会も逃げ場はなさそうだ。ジュニア世代まで及ぶ処分が早く解かれ選手が安心してプレーできるよう、世の常識に沿った潔さを見せてもらいたい。 (今村忠)

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。