スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/16 【甘口辛口】低年齢化の女子フィギュア、「跳んでなんぼ」のロシア勢に胸に迫るものはなかった

(2014-12-16)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】低年齢化の女子フィギュア、「跳んでなんぼ」のロシア勢に胸に迫るものはなかった

配信日

20141216日 500 

http://www.sanspo.com/etc/news/20141216/amk14121605000001-n1.html

◆内容◆

■12月16日

 スペイン・バルセロナでのフィギュアスケートGPファイナルを見ていて、観客席の日本人女性の多さには驚いた。日の丸を掲げ、熱のこもった応援には男子で優勝した羽生結弦もさぞ励まされたろう。ただ日の丸の鉢巻き姿はさすがに違和感があった。格闘技ならともかく、フィギュアには見る側にもそれなりのエレガンスさがほしい。

 羽生の活躍でかつては女子の“刺し身のツマ”的な存在だった男子はいまや主役。スター不在で女子はすっかり影が薄くなった上、世界はいつの間にか低年齢化していた。優勝したトゥクタミシェワ17歳、2位ラジオノワ15歳、4位ポゴラリヤ16歳、5位リプニツカヤ16歳とロシア勢がズラリ…。

 6人中、20歳以上は3位のワグナー(米国=23歳)だけ。今年2月のソチ五輪は優勝こそ17歳のソトニコワ(ロシア)だったが、2位は23歳のキム・ヨナ(韓国)、銅メダルは27歳のコストナー(イタリア)で6位の浅田真央も23歳。おとなの女性ならではのスケーティングの美しさを見せてくれたものだ。

 今回の若いロシア勢は、おとなの体になる前のジャンプ最適齢期でもあり軽業のようにクルクルと回っていた。優雅さでは出色だったワグナーはジャンプでリスクを避けたからか点数は低かった。「跳んでなんぼ」とばかりロシア勢は跳びまくったが、残念ながら胸に迫るものはなかった。

 フィギュアには技術、要素のつなぎなど5つの構成点があるもののジャンプ偏重は否めない。「低年齢の選手がどんどん出てきてルールが変えられる。その繰り返しがフィギュア」と関係者は話したが、ジャンプ競技になってしまう前に歯止めをかける必要がありそうだ。 (今村忠)


スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。