スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/28 新葉 SP3位発進 42大会ぶり13歳V射程「自分に勝てた」

(2014-12-28)

報道機関

スポニチ

見出し

新葉 SP3位発進 42大会ぶり13歳V射程「自分に勝てた」

配信日

20141228530

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/28/kiji/K20141228009533010.html

◆内容◆

フィギュアスケート全日本選手権第2日 女子SP (1227  長野市ビッグハット)

両手を突き上げたド派手なガッツポーズが全てを物語っていた。女子SPで樋口が64・35点の高得点で3位発進。「(演技前の)6分間練習でジャンプを失敗していて不安もあったけど、本番で決められて凄くうれしかったです」と喜んだ。
 初の全日本選手権は「最後まで緊張していた」というが、冒頭の2回転半ジャンプ、続く2連続3回転ジャンプを成功。観衆は終盤、軽快な滑りを手拍子で後押し。1メートル47の13歳は「自分に勝てたかな」と振り返った。
 2週間前のジュニアGPファイナル(バルセロナ)で3位に入るなど、今季飛躍を遂げた。だが、普段は中学2年らしくあどけないままだ。前日26日は男子SPが終わる午後8時半頃まで友人と観戦。母・実枝子さん(50)は「友達と会えるのが楽しいみたいです」と振り返る。早く休んで翌日に備えてほしい親の心境をよそにエンジョイ。本番で成果を出し、母の心配を杞憂(きゆう)で終わらせた。
 13歳での優勝なら72年度の渡部絵美以来、42大会ぶりとなる。年齢制限のため、28日のフリーを終えて上位に入っても世界選手権に出られない新星が、ポスト真央に名乗りを上げた。
 ◆樋口 新葉(ひぐち・わかば)2001年(平13)1月2日、東京都出身の13歳。日本橋女学館中2年。3歳から競技を始める。13年全日本ノービス優勝。今季はジュニアGPシリーズのチェコ大会2位、ドイツ大会優勝、ジュニアGPファイナルは3位。特技は縄跳び。趣味は音楽と映画観賞。1メートル47。家族は両親、姉、兄。
 ≪みどり&荒川15歳、美姫&真央16歳で初V≫フィギュアスケート全日本選手権の女子最年少優勝は1934年度の女子第1回大会での稲田悦子の10歳。主な選手の初優勝時の年齢は
 伊藤みどり15歳(84年)
 荒川 静香15歳(97年)
 安藤 美姫16歳(03年)
 浅田 真央16歳(06年)
 ▽世界選手権の女子代表選考 出場枠は3。全日本選手権の優勝者は自動的に代表に決まる。2人目は全日本の2、3位、GPファイナルの上位2人(本郷)の中から選考。3人目の選考対象には全日本の4~6位、世界ランキングの日本勢上位3人(宮原、村上、今井)、今季最高得点の日本勢上位3人(宮原、本郷、村上)が加わる。

「平昌五輪の星」樋口新葉V圏3位 (日刊スポーツ 2014/9/12/28 952

http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20141228-1414684.html

◆内容◆

<フィギュアスケート:全日本選手権>第2日27日長野市ビッグハット

 「平昌五輪の星」が初舞台で躍動した。11月の全日本ジュニア覇者で出場選手最年少の樋口新葉(13=日本橋女学館中)が64・35点で3位につけた。スピード豊かな滑りに、高難度ジャンプを持ち合わせる次代のエース候補。初出場で好位置につけ、戦後では72年の渡部絵美以来、42年ぶりの13歳での戴冠が見えてきた。

 149センチの小柄な体が、ひときわ大きく見えた。息つかせぬ弾丸のように滑り抜けた演技を終えると、両手を天に掲げて万歳。「今日はちょっと笑顔が足りなかったかな」と緊張はあったが、この時ばかりは解放感たっぷりに無邪気にほおを緩ませた。「うれしかったです!」「90点!」「自分に勝てたかな!」。持ち味をいかんなく発揮した。

 スピード感は抜群。岡島コーチは「身のこなしが天性のもの。速さには重心移動が肝になるので」と舌を巻く。この日も冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を勢いよく決め、金妍児が得意とした3回転ルッツ-3回転トーループの高難度技へ。わずかに後半が回転不足も、「点は取れるのは分かっていた」と高得点に驚きもなかった。

 1年前の全日本選手権では花束を集めていた。演技後の選手に投げ入れられた花を拾うフラワーガール。「(浅田)真央ちゃんの時のお花がすごかった」と振り返る。たった1年で、花束をもらう立場になった。

 驚異的な飛躍は自立心に支えられた。母実枝子さん(50)は「あの子は自立ではなく、自由なんです」と苦笑するが、幼少期から試合のメークも自分、海外遠征では部屋が違うと1日以上母に連絡をしないこともあるという。

 11月の全日本ジュニアで浅田、安藤と同じ中2で優勝後、注目度は急上昇中。首位とは2・35点差で、10位以内が目標だった13歳に、浅田、安藤も超える年少記録が見えてきた。昨年末から続くシンデレラストーリー。「明日も自分の滑りを」と無欲の超新星が、最高の形で1つの物語を終える。【阿部健吾】

 中2での全日本選手権出場 浅田真央は04年大会でSP4位(60.46点)、フリー2位(106.36点)で2位。当時とは採点の計算方法が異なり単純比較はできないが、SP順位では樋口が上回った。採点方式自体が違う01年大会では、安藤美姫がSP、フリー、合計とも3位だった。

<樋口新葉(ひぐち・わかば)アラカルト>

 生まれ 2001年(平13)1月2日、東京都生まれ。名前の由来は新世紀の始まりで、新宿区在住から「新」の1文字を採用。家族は両親、姉、兄。

 サイズ 身長149センチ。小学校6年の終わりから1年間で約10センチ伸びた。

 競技歴 3歳で競技を始める。4歳から明治神宮外苑スケート場で岡島功治コーチに師事。13年全日本ノービス優勝。

 ジェット娘 滑りの速さを日本連盟の小林強化部長は「靴にジェット噴射が付いているみたい」。

 あこがれ 浅田真央、安藤美姫、金妍児。(紙面から)

☆衝撃デビュー3位!13歳・樋口、42年ぶり快挙へ/フィギュア (サンスポ 2014/12/28 502

http://www.sanspo.com/sports/news/20141228/fgr14122805020004-n1.html

◆内容◆

全日本選手権第2日(27日、長野・ビッグハット、観衆=4258)女子SPで中学2年の樋口新葉(わかば)が3位につけた。「最初から最後まで緊張していた。90点ぐらい。ちょっと笑顔が足りなかった」というものの、次々とジャンプを決めた。新世紀の始まり、2001年1月2日に生まれたことから、名前に「新」の文字が入れられた。13歳で優勝となれば、戦後では1972年大会の渡部絵美以来。来年3月の世界選手権は年齢制限(15歳以上)で出場できないが、新たなヒロイン候補が誕生した。

★樋口の滑走順は20番

 28日の女子フリーの滑走順はSP上位が最終組で、首位の本郷がこの組トップの19番。2位の宮原が最終24番、3位の樋口が20番となった。9位と出遅れた村上佳は第3組の16番で演技する。

 

66・70点をマークして女子SPで首位に立った本郷理華の話「持っているものはすべて出せた。フリーも集中して思い切りやりたい」

2位の宮原知子の話「いままでで一番きれいなジャンプを跳べた。フリーでは感動させられる演技をしたい」

まさかの9位発進となった村上佳菜子の話「点数にはビックリしている。言葉が出ない。えっという感じ」(紙面から)

【フィギュア】13歳“新星”新葉、SP3位発進!伊藤みどり以来中学生Vへ (スポーツ報知 2014/12/28 601

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20141227-OHT1T50305.html

◆内容◆フィギュアスケート 全日本選手権第2日(27日、長野・ビッグハット)

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、シニア大会初挑戦となった中学2年の樋口新葉(わかば、13)=東京・日本橋女学館中=が64・35点で3位発進した。12日のジュニアGPファイナル(スペイン)で銅メダルの新星は、1984年度大会の伊藤みどり以来となる中学生での優勝を目指し、28日のフリーで逆転を狙う。首位は66・70点の本郷理華(18)=愛知みずほ大瑞穂高=。ソチ五輪代表の村上佳菜子(20)=中京大=は9位と出遅れた。

 終盤、はじけるように加速する樋口のステップに、観衆から手拍子が巻き起こった。ハイテンポで進行する「愛しみのチャルダッシュ」に合わせた、エネルギッシュでスピーディーな2分50秒。「緊張もプレッシャーもあったけど、自分に勝てた。すごく楽しかった」。大きなミスなくフィニッシュにつなげ、148センチの小柄な13歳は両拳を天に突き上げた。

 国際連盟非公認大会とはいえ、64・35点は自己最高得点。「最初から最後まで緊張していた」というが、バンクーバー五輪金メダルのキム・ヨナ(韓国)が得意とした高難度のルッツ―トーループの連続3回転を跳び、出色のスピードで滑りきった。3月に世界選手権(埼玉)のエキシビションに出演した際、後半に曲が止まるアクシデントにも動じず、音楽がないまま滑り切った強心臓の持ち主。シニア初挑戦でも堂々の演技を披露し、岡島功治コーチ(57)も「大満足です」と満点を与えた。

 母の実枝子さん(50)は「伊藤みどりさんに憧れて、女の子が生まれたらフィギュアをやらせようと決めていた」と入会年齢の3歳半になると、すぐにスケート教室に通わせた。スケート漬けの毎日で急成長。昨年大会でフラワーガールを務めた少女が、もう伊藤みどり以来30季ぶりの中学生Vを狙う位置にいる。

 今大会で優勝すれば来年3月の世界選手権(上海)に内定するが、15歳以上の年齢制限があり、樋口は出場できない。「今日は90点くらい。ちょっと笑顔が足りなかったかな」。01年1月2日生まれ。名前の「新」は新世紀生まれに由来する。浅田真央が休養し、鈴木明子が引退したエース不在の女子フィギュア界は、新しいヒロインを求めている。(塩谷 耕吾)



スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。