スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/29 韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

(2015-01-29)

報道機関

日刊ゲンダイ

見出し

韓国競泳メダリストがドーピング陽性 禁止薬物の“出どころ”

配信日

20151月 29日 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/156770

◆内容◆

「臨床開発中の薬が闇市場に流出するケースが後を絶たない」
 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)のバレリー・フォーネロン健康・医事・研究委員長が危機感をあらわにした。
 28日、WADAは都内でドーピング撲滅を目的とした国際会議を開催。12年のフランス・パリに次いで2度目の開催となった今回は、主に製薬会社との連携について話し合った。
 これまではWADAと大手製薬会社、各国の業界団体が覚書を交わし、共同で禁止薬物の撲滅に取り組んできた。それなりの成果は出ているものの、12年ロンドン五輪前の抜き打ち検査などで107人の違反者が発覚。最近では北京五輪競泳男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(25)が国内の検査で陽性反応を示すなど、「撲滅」には程遠いのが現状だ。
 大きな原因は他でもない、製薬会社からの流出だという。
 冒頭のフォーネロン委員長の指摘通り、製薬会社から新薬に関するデータが何らかの形で外部に流出、悪質な業者の手に渡って、禁止薬物として転売されるケースが大半とか。中には当局の承認が得られなかった薬物が、製薬会社社員によって大量に売却された例もある。新種の成分が含まれた薬剤も少なくなく、流出した薬を使用して選手がドーピング検査を免れていた事例も報告されている。
 WADAは今後、国際刑事警察機構(ICPO)や各国の警察と連携して薬物の流出を取り締まる方針ながら、サイエンス・シニアディレクターを務めるオリビエ・ラバン氏は「中小企業が薬の開発に携わっている場合、(監視は)難しい」とお手上げ状態だ。
 かくして、WADAとドーピング選手のいたちごっこはしばらく続きそうだ。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。