スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2/26 織田信成は朝番組レギュラーに フィギュア出身なぜ売れる?

(2015-02-26)

報道機関

日刊ゲンダイ

見出し

織田信成は朝番組レギュラーに フィギュア出身なぜ売れる?

配信日

2015年 2月 26日 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/157513

◆内容◆

元フィギュアスケート選手の織田信成(27)が「あさチャン!」(TBS系)のレギュラーに起用されることになった。関西ローカルの情報番組「よ~いドン!」にはすでにレギュラー出演しているが、全国ネットの情報番組はこれが初。3月30日から週1回の出演が決まった。
 織田は13年12月の現役引退後、「号泣キャラ」でバラエティー番組やCMに引っ張りだこ。本人が番組中に「正直、だいぶ稼ぎました。税金対策が心配です」とこぼすほどのブレークを果たしている。
■浅田舞も、安藤美姫も…
 芸能界は今、織田だけではなく、元フィギュア選手のタレントが増殖中だ。浅田真央(24)の姉の浅田舞(26)は「真央とはめちゃくちゃ仲が悪かった」「20歳のころは金髪につけまつげでクラブ通い。家出をして漫画喫茶に寝泊まりしていた」といったぶっちゃけトークで話題に。また、交際中の「シクラメン」リーダーのDEppa(32)との結婚報道にも気さくに対応。さらには「コンプレックスだった」という巨乳を生かして昨年12月にはグラビアデビュー。来月23日には初の写真集まで発売するほどだ。

「未婚の母」として注目された安藤美姫(27)もハビエル・フェルナンデス(23)との交際をオープンにするだけでなく、これまでダンマリだった「父親ネタ」も解禁。「インスタグラム」には娘の顔まで公開して話題になった。
 引退したプロスポーツ選手がタレントに転身するには、「現役時代の実績が不可欠。五輪のメダリスト級でないとテレビでの活躍は厳しいのが通常」(テレビ関係者)という中、織田も浅田姉も安藤も現役時代以上の人気を誇るのはなぜか。芸能リポーターの川内天子氏はこう分析する。
「そもそも日本はフィギュア人気が高いので、知名度は抜群。現役時代はほとんどバラエティー番組に出ないので、プライベートな話題が新鮮で“引き”がある。テレビ局としてもアスリートのギャラはタレントよりも単価が安く済むので便利な存在なのです。しかも、リンクでは“見せる”“見られる”ことを常に意識していたのでテレビ向き。今後もフィギュアタレントは増えていく傾向が強く、村上佳菜子選手は織田くんと一緒にモノマネをやるようなひょうきんさがあるのでバラエティーにも対応できる。羽生結弦選手はスター性があって顔もキレイなので、俳優に転身する可能性もある」
 プロ選手には引退後のセカンドキャリア問題が常につきまとうが、フィギュアスケーターは意外にも食いっぱぐれのない職業のようだ。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。