スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「現役続行」浅田真央が乗り越えるべき“壁”

(2015-05-27)

報道機関

週刊朝日

見出し

「現役続行」浅田真央が乗り越えるべき“壁”

配信日

2015年 5月 27日 113065日号)

http://dot.asahi.com/wa/2015052700006.html

◆内容◆

100%復帰するつもり」
 518日、フィギュアスケートの浅田真央(24)が、現役続行を表明した。彼女らしいたおやかな笑顔で語られた決断だったが、明るい道ではないとスケート関係者は言う。

1カ月ほど前からスケート関係者や記者たちが探りを入れる中で『引退』という話も確かに出ていました。真央ちゃんも言っていたように、まだ試合に出られるかはわからない。これからの練習で元のレベルに戻せるかによるそうです。練習をやっていて無理だとなったら試合に出てこない可能性もある。そのくらい難しいことなんです」
 スポーツ記者も、こう話す。
「ソチ五輪後の世界選手権のショートでは世界歴代最高点を出しましたし、まだ浅田の存在は大きい。ただ、正直、これから世界チャンピオンとなると厳しい道」
 今年3月の世界選手権では、浅田の代名詞でもあるトリプルアクセルを、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが成功させるなど、若手の躍進も大きい。加えて、ソチ五輪後に改正されたルールも「壁」となるという。
ISU(国際スケート連盟)テクニカルスペシャリストの岡崎真氏はこう解説する。

「ジャンプの踏み切りでエッジの使い方が正しくないと、ペナルティーがより厳しくなった。浅田選手はこれまでルッツジャンプが得意ではなく、踏み切りでペナルティーを受ける回数が多かったのですが、ここはより注意点になります」

3回転ルッツジャンプの基礎点は60だが、「エッジの使い方の不正」とされると7割程度の点数になり、そこからGOE(出来栄え点)でも減点、回転不足だとさらに減点になる。
 これまでも、浅田は高難度の演技に挑戦しながらも、得点が伸びにくかった。あの女子史上初の6種類のジャンプを8度着氷したソチ五輪のフリーも、世界中から称賛される感動の演技だったが、順位は3位だった。
「浅田選手のフワッと跳ぶジャンプは決して質が低いわけではないのですが、出来栄え点(GOE)がつきにくい。羽生結弦選手は、吹っ飛んだように見える高さも飛距離も流れもあるジャンプで、ジャンプ1本多く跳んだくらいの加点がつく。キム・ヨナの『走ってる』と言われるくらいのスピードで、ボーンと跳ぶ迫力のあるジャンプや、トゥクタミシェワのボンッと高さのあるジャンプはGOEで加点が付きやすいです」(岡崎氏)
 例えば、3回転ルッツのGOEで最大の加点を取ると、81になる。そうなると、大技のトリプルアクセル(基礎点85)と同じくらいの得点になるのだ。
 浅田自身もそれは覚悟しており、「今24歳でスケート界の中ではベテラン。ジャンプの技術を落とさないだけではなく、大人の滑りを見せたい」と語っている。岡崎氏もこう話す。
「ジャンプは、訓練次第でよりスピードをつけてGOEの取れるジャンプが跳べるようになるはずです。彼女は演技中のどの瞬間の写真を撮られても、隙がない選手。そういうところも5コンポーネンツ(演技構成点)で評価されれば、世界の舞台に戻っていけるはずです」

 浅田真央の第二章。どんな大人の演技を見せてくれるのか。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。