スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/18 浅田真央 現役続行願うスケート連盟が示した“特待オファー”

(2014-04-18)

報道機関

女性自身

見出し

浅田真央 現役続行願うスケート連盟が示した“特待オファー

発行日

2014418700

http://jisin.jp/serial/社会スポーツ/sports/9256

◆内容◆

世界選手権後も、引退か現役続行かを明言していなかった浅田真央(23)が、5月中にも去就の結論を出すと報じられた。浅田は当初、7月末のアイスショーが終わるころに、今後の進退について表明するつもりでいたという。

 「引退を考えていた浅田選手は、最低でも1年間の休養生活に入ろうとしていました。しかし、今の気持ちは『ハーフハーフ』と言うように、本人の気持ちは揺れ続けているようで、競技を続けるということも考え始めています」(スケート関係者)

 いまだ結論を出さない浅田に対して、日本スケート連盟は猛アピールしているという。

「日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化本部長で日本スケート連盟の橋本聖子会長は、浅田選手の去就について『ゆっくり考えればいい。強化指定選手を決める4月中に決めなくてもJOCとして何ら問題ない』と明言しました」(別のスケート関係者)

 本来この強化指定選手にならないと、今年の国際大会に出場する資格を失う。だが、浅田選手に是が非でも現役でいてもらいたいスケート連盟は、彼女がいつでも強化指定選手になれるという特例を認めたそうだ。

 「橋本会長は『もし、現役を続けてくれるのであれば、結論を出すのはいつでも構わない』とも浅田選手には伝えているそうです。連盟が示したこの特別待遇のオファーが、現役続行に向けて浅田選手の心を動かしたのでしょうね」(前出・別のスケート関係者)

ここまでの秘密工作をしてまで、連盟が浅田を「引退させない」のは、彼女に今、現役選手をやめられると連盟の収入が激減するからだ。

 「全日本選手権と世界選手権を独占放送するフジテレビは、この10年で100億円を超える放映権料を連盟に支払っています。グランプリシリーズを含めて、テレビの放映権料は連盟に莫大なお金をもたらすのです。浅田選手が引退し、出場しなくなると、テレビ局は放送から撤退することも考えられます。連盟にとって“ドル箱”である浅田選手の現役はなんとしても死守したいのです」(フィギュア関係者)

 浅田は、5月中のスケジュールはイベント出演などのほとんどをキャンセルして、進退について熟考したいと報じられている。引退でも現役続行でも……。真央ちゃんには“五月晴れ”の笑顔で、明るく未来を語ってほしい!

 

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。