スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4/26 提訴受理で盛り上がる韓国、ソトニコワを誹謗中傷「私が間違いを犯したの?」

(2014-04-26)

報道機関

産経新聞

見出し

提訴受理で盛り上がる韓国、ソトニコワを誹謗中傷「私が間違いを犯したの?」

発行日

20144261832

http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/140426/spo14042618320059-n1.html

◆内容◆

韓国内を騒然とさせたソチ五輪フィギュア女子、キム・ヨナの採点問題は、国際スケート連盟(ISU)が韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したことで、新たな局面を迎えた。韓国内では勝訴の自信をのぞかせ、勢いに乗ったキム・ヨナのファンはネット上でISUのチンクワンタ会長の辞任を求める署名活動を展開する始末。一方、ロシア側は五輪から2カ月近くを経ての提訴に「荒唐無稽だ」と困惑を隠せず、キム・ヨナを抑えて金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワはフェイスブックが誹謗中傷で炎上、「私が間違いを犯したの?」と打ちひしがれている。

 ISUが韓国スケート連盟の不服申し立てを受理したのは4月16日。韓国の聯合通信によると、提訴に関する書類は10日にISUの懲戒委員会に発送された。ただ、採点に対する不服ではなく、審判団の構成に関する異議で、(1)ロシア・フィギュア連盟の元会長であり、ロシア連盟の現事務総長であるワレンティン・ピセーエフ氏の夫人、アラ・シェコフチョワ氏が審判に加わり、競技直後にソトニコワと抱き合った(2)審判の1人、ユーリ・バルコフ氏(ウクライナ)は1998年長野五輪でカナダ人審判らに八百長を提案したことが2002年に明らかになり、1年間の資格停止処分を受けている(3)審判たちが不公正な採点をしたという疑惑もある-という3点を問題視する。

ISUの規定では大会60日以内(4月22日が期限)であれば、懲戒委員会への提訴は可能としている。今後3週間以内にISUとスポーツ仲裁裁判所(CAS)のどちらが担当するかを決めた上で、審査に入るという。

 今回の事態を受けて歓喜しているのは、韓国のネットユーザーだ。ユーザーの多くは「キム・ヨナの金メダル奪回」と自信をうかがわせている。事態はさらにヒートアップ。グルノーブル五輪フィギュア男子の銀メダリスト、ティモシー・ウッド(米国)やフィギュア専門の記者らが「チンクワンタ会長はフィギュアの芸術性を落とし、導入した採点制は政治的威信に固執した得点を生んだ」と批判、会長辞任を要求する請願運動をネット上で始めた。韓国ネットユーザーはこれをキム・ヨナ問題解決の一つにしようと「チンクワンタ退陣にフィギュア専門家たちも乗り出した。私たちも署名運動を助けよう」などと呼び掛けた。

 盛り上がる韓国側に対し、ロシア側は困惑。ロシア・メディアによると、スケート連盟のゴルシコフ会長は「ショートプログラム(SP)が行われる前、フリーでは審判が4人交代し、5人はSPと同じになることを詳細に伝えた。フィギュアの試合ではよくあること。(韓国側が)なぜ“審判の交代”を問題視するのか分からない」と疑問を呈し、「不満がある人はその場で抗議することができる。しかし、当時、韓国をはじめ不満を示した人がいるという話は全く聞いていない」と首を傾げる。

最も迷惑を被っているのが、ソトニコワだろう。キム・ヨナの熱狂的なファンからフェイスブックに数え切れないほどの誹謗、侮辱的な声を書き込まれたと、ロシア・メディアは伝えている。ソトニコワは「自国のスポーツ選手を支持するのは間違っていない。それは個人の自由。でも、ここに汚い言葉を書き込まないでください」「もし、よければ、私がどんな間違いを犯したのかを教えてくれませんか?」とツイートで嘆く。ただ、メディアに注目されることを意識して、すぐに削除したという。本音をつぶやいてしまうほど、精神的にまいっていることが分かる。

 そこまで追い込んでおきながら、ソトニコワが「キム・ヨナは前半部分の構成だけでも難易度を高くすれば、私に勝てたと思う。何か戦略を間違え、結局、減点の要因になった」と分析したのに対し、韓国のキム・ヨナのファンは「ほかの選手に対する配慮に欠け、騒動の要点すら把握できていない」として怒りをあらわにしているという。果たして、問題の本質を見誤っているのはどちらか。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。