スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/9 【甘口辛口】22年冬季五輪はいずれも“訳あり”候補地…これでは冬季五輪消滅も

(2014-07-09)

報道機関

サンスポ

見出し

【甘口辛口】22年冬季五輪はいずれも“訳あり”候補地…これでは冬季五輪消滅も

発行日

201479500

http://www.sanspo.com/etc/news/20140709/amk14070905000001-n1.html

◆内容◆

■7月9日

 さぞかし、国際オリンピック委員会(IOC)のお偉方は頭が痛いだろう。7日に開いた理事会で、2022年冬季五輪招致都市の1次選考を行いオスロ、北京、アルマトイ(カザフスタン)の候補3都市がすべて通過した。当初はミュンヘンやストックホルムなど欧州の大都市が興味を示し、7~8都市で争うはずが次々に撤退した。

 財政負担や環境破壊に対する住民の反対が大きかったからだ。残った3都市にしても北京、アルマトイは国が人権問題で世界から批判されているうえ、北京は冬の大気汚染がひどくなる一方。「呼吸すらまともにできないような五輪など、ボイコット続出だろう」との声が早くも聞かれる。

 オスロも市民の6割近くが招致に反対し、政府の財政保証も決まっていない。1952年オスロ、94年リレハンメルとノルウェーでは過去2回冬季五輪を開いた。税金が高い半面、福祉の充実ぶりは世界トップクラス。成熟国家として「もう五輪は十分。他に大事なことがある」との考えが浸透しているのかもしれない。

 今冬のソチ五輪では運営費が夏冬通じて最高の5兆円もかかった。プーチン大統領が国威発揚の場として力こぶを入れ、夏の保養地だったソチに競技施設の大半を新設しインフラを整備したためだが、これがあしき前例となったことは否めない。「冬でもそんなにかかるのか」と腰が引けた都市もあったようだ。

 いずれも“訳あり”3都市の招致レース。IOCとしては不本意もいいところだろう。規模を広げすぎたIOCの責任も大きい。開催地の負担削減など抜本的な手を打たないことには、26年大会は立候補ゼロ“冬季五輪消滅”にもなりかねない。 (今村忠)
~参考までに~

オスロの財政保証提出期限は1月 招致でIOC 2014/7/8  850 産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140708/oth14070808500003-n1.htm                                  

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)のフェリ五輪統括部長は7日、スイスのローザンヌで記者会見し、2022年冬季五輪招致の第1次選考を高評価で通過したオスロについて、政府の財政保証をIOCに提出する期限は、詳細な開催計画を記した立候補ファイルと同じ来年1月であることを明らかにした。

 22年五輪招致では昨年11月に6都市が立候補しながら、財政負担などで3都市が撤退した。フェリ氏は「もちろん落胆したが、素晴らしい3都市がそろった」と強調。オスロの開催支持率が低い状況には「徐々に良くなっていく可能性がある」と期待感を示した。

 史上初の夏冬開催を目指す北京には「アジアにおける冬季スポーツの発展に貢献できる」と話し、作業部会の報告書で全体的に低い評価だったアルマトイ(カザフスタン)は「改善できる時間がまだある」と述べた。(共同)

アルマトイ、北京、オスロの3都市通過 22年冬季五輪招致 2014/7/7 2035 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/07/07/kiji/K20140707008522600.html                      

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)は7日、スイスのローザンヌで開いた理事会で2022年冬季五輪招致の第1次選考を行い、アルマトイ(カザフスタン)と北京、オスロの候補3都市全てが通過した。
 昨年11月に6都市が立候補したが、ストックホルムとクラクフ(ポーランド)が財政負担や住民の支持を得られずに招致を取りやめ、6月30日にはウクライナのリビウが政情不安などで撤退。第1次選考前に立候補都市が半減する異例の事態となっていた。

 08年に夏季五輪を開いた北京は史上初の夏冬開催を目指す。オスロは1952年以来2度目、アルマトイは初開催を狙う。
 IOC理事会は作業部会の報告書を基に、最終候補として適格かを判断した。来年7月31日にクアラルンプールで開く総会で開催都市を決める。(共同)


<※これ以前の招致に関する記事は、「続きを読む」でご覧ください。>

22年五輪招致3都市通過か 7日のIOC理事会で選考 2014/7/5 1513 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/07/05/kiji/K20140705008507290.html?feature=related

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)は7日から3日間、スイスのローザンヌで理事会を開き、7日には2022年冬季五輪招致の第1次選考を行う。昨年11月に6都市が名乗りを上げたが、財政負担などを理由に3都市が撤退し、アルマトイ(カザフスタン)と北京、オスロが通過する見通しとなっている。
 ストックホルムとクラクフ(ポーランド)に続き、6月30日にはウクライナのリビウも政情不安などのために撤退した。開催都市は来年7月31日にクアラルンプールで開く総会で決定する。
 準備の遅れが懸念される16年リオデジャネイロ五輪や、6月にIOC調整委員会が初めて訪日した20年東京五輪についても報告される。9日の理事会後にバッハ会長が記者会見を開く。(共同)

ウクライナ政情不安でリビウが冬季五輪招致撤退 2014/6/30 2116 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/06/30/kiji/K20140630008476920.html?feature=related

◆内容◆

 国際オリンピック委員会(IOC)は30日、ウクライナ西部の都市リビウが政情不安や経済情勢の悪化が続いているため、2022年冬季五輪招致からの撤退を決めたと発表した。リビウは26年五輪の招致を目指す。

 22年五輪招致ではストックホルム、クラクフ(ポーランド)も既に撤退を表明しており、アルマトイ(カザフスタン)と北京、オスロの3都市による争いとなった。

 ウクライナのヤツェニュク首相と会談したIOCのバッハ会長は「現状では招致を続行するのは極めて困難だろうとの結論に達した」と説明し、再挑戦には理解を示した。同首相は「26年五輪招致はウクライナの経済的復興につながる可能性が大いにある」と期待した。
 歴史的な街並みが美しいリビウは、12年のサッカー欧州選手権では開催都市の一つだった。
 IOCは7月7日の理事会で第1次選考を実施し、来年7月31日にクアラルンプールで開く総会で開催都市を決める。(共同)

五輪消滅危機!?冬季立候補地が続々辞退…夏季にも影響か 2014/6/2 530 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/06/02/kiji/K20140602008281950.html

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)が冬季五輪を「存亡の危機を迎えている」と判断。来月7日の理事会で善後策を協議することになった。
 18年大会は平昌(ピョンチャン)(韓国)で開催されるが、22年大会に名乗りを上げていたミュンヘン(ドイツ)サンモリッツ(スイス)ストックホルム(スウェーデン)の各都市が民意や財政難を理由に続々と辞退。前週にはクラクフ(ポーランド)も招致を断念、AP通信の取材に答えたIOCのハイベリ委員は「過去に経験したことがない緊急事態だ」と困惑を隠せなかった。
 残っているのは4都市だが、オスロ(ノルウェー)も市民の60%が招致に否定的。リビウ(ウクライナ)は国の政情不安で五輪開催は不可能と見られている。このままいけば史上初の夏冬両五輪の開催を狙う北京(中国)とアルマトイ(カザフスタン)の争いになるが、両国には人権問題が山積み状態でIOCにとっては最大のネックになっている。
 5兆円以上の費用がかかったソチ五輪(ロシア)の影響で欧州の各都市は肥大化する五輪の開催に及び腰。それは東京大会の後の24年夏季五輪も同じで、このまま行くと平昌と東京を最後に、五輪が消滅する事態に発展する恐れも出てきた。
 ▽22年冬季五輪・開催地決定へのプロセス 15年7月31日にマレーシアのクアラルンプールで行われるIOC総会で決定。来月の理事会(スイス・ローザンヌ)で最終候補都市を絞り込むことになっている。24年夏季五輪の決定は17年。

ポーランド・クラクフ 22年冬季五輪の招致撤退へ 2014/5/26  2004 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/26/kiji/K20140526008240500.html?feature=related

◆内容◆

ポーランドのクラクフが2022年冬季五輪招致から撤退することになった。同市の市長が26日、国際オリンピック委員会(IOC)に立候補を取り下げる考えを伝えることを明らかにした。AP通信が報じた。
 同市は25日に招致の是非を問う住民投票を実施し、反対票が全体の7割近くを占めた。22年五輪招致では、ほかにアルマトイ(カザフスタン)、リビウ(ウクライナ)北京、オスロが立候補している。開催都市は来年7月に決まる。(共同)

クラクフなど5都市が申請ファイル提出 22年冬季五輪招致 2014/3/14  2218 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/14/kiji/K20140314007776110.html

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)は14日、2022年冬季五輪招致でクラクフ(ポーランド)、アルマトイ(カザフスタン)、リビウ(ウクライナ)、北京、オスロの5都市が、開催計画概要を示した申請ファイルを同日の締め切りまでに提出したと発表した。昨年11月に立候補したストックホルムは撤退した。

 IOCは7月の理事会で第1次選考を実施し、開催都市は来年7月31日にクアラルンプールで開く総会で決める。ウクライナ西部のリビウは、同国とロシアの間の政治情勢が緊迫する中、予定通りに提出した。(共同)

ストックホルムが撤退へ 22年冬季五輪招致 2014/1/17  2341 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/01/17/kiji/K20140117007408490.html?feature=related

◆内容◆

2022年冬季五輪の開催都市に立候補したストックホルムの与党、穏健党は17日、招致から撤退する方針を発表した。ボブスレーやリュージュの競技施設の建設に多大な費用がかかる上、大会後の用途が少ないことなどを理由に挙げている。
 国際オリンピック委員会(IOC)は22年五輪の開催地にストックホルムのほか、カザフスタンのアルマトイ、北京、クラクフ(ポーランド)、リビウ(ウクライナ)、オスロが立候補したことを昨年11月に発表していた。(共同)

北京 オスロなど6都市 22年冬季五輪に立候補 2013/11/15  2033 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2013/11/15/kiji/K20131115007018171.html?feature=related

◆内容◆

国際オリンピック委員会(IOC)は15日、2022年冬季五輪の開催都市にカザフスタンのアルマトイ、北京、クラクフ(ポーランド)、リビウ(ウクライナ)、オスロ、ストックホルムの6都市が立候補したと発表した。
 北京は08年に、ストックホルムは1912年に夏季五輪を開催しており、招致に成功すれば史上初の夏冬五輪開催都市となる。北京は河北省の張家口も会場とし、クラクフはヤスナ(スロバキア)でも競技を実施する計画。
 IOCは来年7月の理事会で第1次選考を実施し、開催都市は15年7月31日、クアラルンプールでの総会で決める。22年冬季五輪では、同年開催のサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が冬開催となった場合、五輪シーズンに重なることに懸念が出ている。

ミュンヘン、22年五輪断念…住民投票で賛同得られず 2013/11/11  940 スポニチ)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/11/11/kiji/K20131111006991790.html?feature=related

◆内容◆

2022年冬季五輪の招致を検討していたミュンヘンが、10日に行われた住民投票で賛同を得られなかったため立候補を断念した。環境問題と巨額の開催費に対する懸念があり、会場となる四つの地域すべてで半数を超える反対票が投じられた。
 ドイツ・オリンピック委員会の幹部は、平昌(韓国)に敗れた前回18年五輪に続く挑戦への道が断たれ「ドイツの五輪招致はしばらく実現しないだろう」との見方を示した。(AP=共同)

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。