スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/12 リオ州政府「日本人の行動は文化的な遺産だ」 日本人のごみ拾いを表彰

(2014-07-12)

報道機関

産経新聞

見出し

リオ州政府「日本人の行動は文化的な遺産だ」 日本人のごみ拾いを表彰

発行日

20147121608

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140712-00000519-san-socc

◆内容◆

【ロサンゼルス=中村将】南米ブラジルで開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)で、日本代表の試合後に、日本のサポーターが観客席のごみ拾いをしたことをたたえ、リオデジャネイロ州政府は11日、サポーター代表として、駐リオ日本総領事館などを表彰した。
 予選リーグで敗退した日本代表はリオでの試合はなかったが、関係者によると、2年後のリオ五輪でも観客に見習ってほしいという思いから表彰対象になったという。W杯の試合が行われてきた各地では、負けたチームのサポーターらがごみを散らかして帰る様子が目立ち、五輪を控えたリオでは、環境浄化対策が検討されている。
 日本のサポーターのごみ拾いがインターネットや各国のメディアで話題になったのは、レシフェで6月14日に行われた初戦のコートジボワール戦。客席を日本代表のユニホームと同じ色に染めるために使った青いごみ袋に、数百人のサポーターが飲食物の包装紙などを入れていった。
 ブラジル地元紙はそうした行為を「(日本代表は)敗北したが、応援団のカリスマ性はブラジル人の心をつかんだ」と報道するなど、称賛の声が上がった。日本サポーターのごみ拾いは1998年のフランス大会から話題となっていた。
spo14061709130008-p1.jpg 
~参考までに~

☆日本サポーターの“ごみ拾い”に称賛の声 コートジボワール戦後 (2014/6/17 913 産経新聞)

http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/140617/spo14061709130008-n1.html

◆内容◆

サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本-コートジボワール戦後に、日本のサポーターが観客席のごみ拾いをしたことがインターネットや地元紙で話題になっている。

 参加した倉田充崇さん(33)によると、日本代表戦に駆け付けるサポーターの集まり「ウルトラス・ニッポン」の呼び掛けで行われた。青いごみ袋は客席と代表と同じ色に染めるためサポーターが持参、ふくらませて応援に使った。

 試合後、ゴール裏のサポーターが率先して飲食物の包装紙などのごみ拾いを開始。数百人が参加したという。倉田さんはマナー活動を通じ「会場のすべての人に日本代表の味方になってもらえたら」としている。

 ブラジルの地元紙は「敗北したが、日本の応援団のカリスマ性はブラジル人の心をつかんだ」などと好意的に報道。短文投稿サイト「ツイッター」でも「日本人誇らしい」との称賛の声が上がっている。

 サポーターによるごみ拾いは、1998年のフランスW杯でも話題になった。(共同)


日本のマネも…観客ゴミ拾い「韓国の専売特許」に仕立てる韓国メディア 2014/7/2 1158  産経新聞)

http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/140702/spo14070211580043-n1.html

◆内容◆

【北川信行のサッカーなんでやねん】

 韓国がうちひしがれている。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本の1次リーグ敗退が先に決まり、「日本惨敗…南アのような反転攻勢ならず」(中央日報日本語版)「『すしタカ』日本、2大会ぶり1次リーグ敗退」(朝鮮日報日本語版)といった見出しで、日本の弱さを指摘していた韓国メディアだったが、自国も同じ運命をたどり、急にトーンが落ちたようだ。韓国のサッカーファンの間では、日本のパスサッカーをスペインの「ティキタカ」になぞらえ、「すしタカ」と呼んでいたというのも初めて知った。

 当初、韓国メディアの日本の敗因分析は「最悪のゴール決定力に、選手たちも自信が急落して自滅した」「4強入りを目標にしたが、雲をつかむような夢だった」(ともに中央日報)と“いつもの上から目線”で、あたかも「自分たちは日本とは違う」と言わんばかりだった。朝鮮日報も「仲間の闘志をかき立てる選手や救世主のようなリーダーがいないという問題も露呈した」と記した。

 だが、自国の代表チームが退場で1人少なくなったベルギーにゴールを奪われて敗退が決まると、中央日報は「韓国代表、闘志も創意性もなかった」と題し、韓国のサッカーを「考えないロボットサッカー」と酷評。さらに、「象徴だった『闘志』と『根性』は次第に弱まる雰囲気だ」と断じた。朝鮮日報も「16年ぶり無勝1次リーグ敗退の屈辱」との記事で、「アジア・サッカー界の希望になっていた韓国代表だが、ブラジル大会では2敗1分と組最下位に終わった」と報じた。

韓国代表はアジアの「希望」だったのか…。チームを率いる洪明甫監督への批判も噴出しており、共同通信によると、ソウル新聞早版は「意思疎通を拒んだサッカーの惨事」との見出しで批判記事を掲載。選手の選抜基準が不透明で、90分間を走りきる体力もない選手らは全ての面で相手チームより見劣りしたとこき下ろした。

 サポーターの態度も冷淡だった。聯合ニュースによると、ベルギー戦の際には、ソウル市内の光化門広場に約1万8000人が集まったが、多くのサポーターは試合が終わる前に席を立ち、終了時には約6000人しか残っていなかったという。それでも、中央日報は「16強入りはならなかったが、ゴミは片付けよう!」との見出しでサポーターがゴミ拾いをしている写真を掲載。韓国サポーターのマナーの良さを訴えた。

 もっとも、これも日本のサポーターがブラジルの試合会場でゴミ拾いをしたことが海外メディアから称賛されたことを受け、マネをして始めた行為なのは明らかだが、中央日報は6月23日に韓国代表がアルジェリアに完敗した際にも、「サッカーの試合は負けてもゴミ拾いは勝利した大韓民国」との記事を掲載し、あたかもゴミ拾いは韓国の専売特許のような姿勢を打ち出した。

ところが、同じ試合後のサポーターの様子を朝鮮日報は「韓国人の観戦モラルにイエローカード」と題した記事で「惨敗に失望した市民が酒に酔って怒号。至る所にたばこの吸い殻」と報じた。

 こういう姿勢はサッカーに限った話ではない気がする。日本との違いを強調しながら、優位性が覆されると自国の代表チームや製品、安全基準などを無残なほど酷評する。一方で、明らかに日本のマネをしていながら、韓国の独自の発明のように装う。しかも、それが見かけ倒しのことが多い。一体、どういう思考回路なのだろう。少なくとも、マスコミを含めた隣国のサッカー界には自主性が見えない。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。