スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/2 金メダルの恨み!? 韓国メディアがソトニコワを一斉批判、擁護したサンスポもバッシング

(2014-08-02)

報道機関

産経新聞 【スポーツ異聞】

見出し

金メダルの恨み!? 韓国メディアがソトニコワを一斉批判、擁護したサンスポもバッシング

発行日

201482日 700

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140803/oth14080318000003-n1.htm

◆内容◆

韓国メディアが、また吠えた。今回の標的は、ソチ五輪女子フィギュア金メダリストのアデリナ・ソトニコワ(18)。日本で行われたショーでの出来映えは確かに良くなかったが、一斉攻撃のような批判の嵐に、国内で取材した日本のメディアが、その異様ぶりを報じると、逆ギレのごとく再び反論。これにネットユーザーも加わり、凄いことになっていた。怒りというか、恨みというか。彼の国の「恨文化」の表出というべきなのだろうか。

 舞台は19日から3日間、長野県内で開かれた「THE ICE 2014」。ソトニコワは20日に登場した。尻もちをつくなど精彩を欠く演技をしたところ、韓国メディアは「ソトニコワ 日本のアイスショーでジャンプをすべて“失敗” これが金メダリスト?」(ヘラルド経済)などと一斉に批判した。この状況をサンケイスポーツ(電子版)が「キム・ヨナ銀の恨み?」と題して報じると、韓国メディアは「日本の報道機関『韓国の報道が異様』」(ソウル経済)などと逆ギレ。韓国のネットユーザーも追随し「できないことをできないと言っているだけで、どうしてお前らがそう突っかかってくるんだ」などと反撃したのだった。

確かにソトニコワの演技は、金メダリストとしては不甲斐ないと言われても仕方のないものだった。3回予定したジャンプは、すべてミス。1回目は転倒、2回目はスピードに乗り切れずにジャンプを飛べず、3回目は回転不足で着氷が乱れて、よろめいた。サンスポも「演技はミスが多く、がっかりした観客がいたことも事実のようだ」と出来の悪さは指摘している。

 ただ、韓国メディアの反応は激しすぎた。「これが金メダリスト?」のほかに「ソトニコワ フィギュア金メダリストに合っている?」(スポーツ京郷)、「ソトニコワ アイスショー、見るに哀れなほど?」(MTN)などの見出しで批判した。

 メダルのかかったシーズン中の競技会ならわかる。だが、舞台は、シーズンオフのアイスショーなのである。サンスポも「今はシーズンオフでもあり、勝負がかかる大会とも違うアイスショーでの演技だけに、韓国メディアのソトニコワ叩きはやや異様に映る」と報じたのだった。

それなのに、ソウル新聞(電子版)は23日に「一部の日本メディアの報道はソトニコワを擁護するようなニュアンスを漂わせて問題になった」と反論。まるで、擁護が間違いであるかのような書きぶりで、これに韓国ネットユーザーたちが参戦する。

 ここまで激しく反応するのは、やはりソチ五輪での“恨み”なのだろう。絶大な人気を誇るキム・ヨナがソトニコワに逆転され金メダルを逃した。小差、しかも採点ミスも疑われ、韓国側は国際スケート連盟に提訴する騒ぎに発展した。ただ、韓国スケート連盟は提訴を採点そのものでなく審判陣の構成に不適格な人材が入っていたなどと論点をすり替えた。あえなく提訴は却下され、これ以上の進展は見られないとして韓国側も矛を収める結果となったことは、当欄でも報じた通りだ。

 つまり、事態は決着したはずなのだが、実はしていない。そのあたりの思いが、「恨」そのもののように、まずソトニコワへ向かい、次に、その激しさをたしなめた日本のメディアにも向かったということだろう。

何しろ、サンスポ批判は韓国メディア1社にとどまらなかった。

 「ソトニコワ『連続転倒』にもかからわず…日本メディア『韓国メディアは度が過ぎる』とかばう」(MBN)

 「日本マスコミ『韓国のソトニコワ叩きが酷い』と非難」(国民日報)

 「ソトニコワ、アイスショーで『大恥』でも、寛大な日本マスコミ『韓国メディアは異常』」(釜山日報)

 などである。そして、韓国メディアに輪をかけて激烈なコメントを投稿したのが韓国のネットユーザーだった。「ゴミ同士で庇護するのか」「お前らこそ、韓国がソトニコワに何を言おうが、なぜそんなに関心があるんだ。それ以外にやることがないのか」「韓国を牽制しようとしているのは全て知っている」「日本は脳がないでしょう」などの言葉が並ぶ。

 これに対し、日本のネットユーザーからは「まだ18歳の女の子が一斉に国丸ごとからバッシング受けるなんて相当大変なことだよ」「マスコミの扇動が宗教洗脳かかってきているな」など、呆れ果てたような意見が散見された。

oth14080318000003-n1.jpg 

ソチ五輪、フィギュアスケート女子でキム・ヨナを破って金メダルを獲得し涙するソトニコワ。韓国メディアではいまだに“恨み”が…

※参考までに
サンスポの記事:http://kouseikizuna.blog.fc2.com/blog-entry-633.html

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。