スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9/2 「連盟の理事にしてもいい」橋本聖子、“セクハラ”写真流出ルートと高橋大輔への甘言

(2014-09-02)

報道機関

サイゾーウーマン

見出し

「連盟の理事にしてもいい」橋本聖子、“セクハラ”写真流出ルートと高橋大輔への甘言

発行日

201492日 

http://www.cyzowoman.com/2014/09/post_13417.html

◆内容◆

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 シリア北部で「イスラム国」に拘束された湯川遥菜さんのその後の情報がない。今年は本当に大きな事件の連続だが、同時に事件があっという間に消費され忘れ去られてもいく。1カ月ほど前に起きた佐世保の女子高生同級生殺害事件も、STAP細胞も、セクハラ野次もまるですごく以前に起こったことのような感覚――。ちょっと怖い。

235回(82892発売号より)

1位「橋本聖子議員 高橋大輔を怯えさせた『戦慄の合宿所』追っかけ乱入!」(「女性自身」916日号)
2
位「江角マキコ 『ママ友の掟』破った罪と罰」(「女性セブン」911日号)
3
位「つちやかおり “逃げ腰”カレとご近所『交際順調』宣言」(「週刊女性」916日号)
同「つちやかおり 『バカ夫』とはもう言いません…『彼とは自然体の友達です♪』」(「女性自身」916日号)

「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、橋本聖子議員 “無理チュー”事件。先週は「週女」が“強要罪”だとの記事を掲載したのに続き、今週は「自身」「セブン」がこの問題を取り上げた。もちろんどこぞのオヤジ雑誌とは違い、橋本の高橋大輔に対するセクハラ・パワハラを大前提にした記事だったが、ソチ五輪選考に関して切り込んだ「セブン」に対し、さらに一歩踏み込んだ「自身」の方を1位にしたい。

「自身」記事によると、橋本の高橋に対する思いは“暴走”ともいえるものだったらしい。「高校時代に憧れていた初恋の先輩に似ている」「練習場所に頻繁に顔を出す」「酔っ払っては会話の中で『大ちゃんは』『大ちゃんは』と連呼し、うっとりしていた」――。

 まるで恋する乙女のようだが、実際に橋本が行った行為がオヤジ顔負けの無理チューというところが悲しい。ともあれ問題は橋本の持つ強大な権力だという。

「一度でもにらまれたら、自分の将来に影響します」

 日本スケート連盟会長として、連盟人事に大きな影響があるだけでなく、五輪や世界選手権選考にも大きな力を持つ橋本。だからこそ今回のセクハラ事件が重大だ。しかも記事には連盟関係者のこんな恐ろしい告白も。

「スポーツの世界で生きていくためには、彼女のご機嫌を損なうことはできません」

 スケートだけではなくスポーツ界全体にまで、その影響力があるらしい。しかも「自身」によれば、橋本は「大輔を将来は、連盟の理事にしてあげてもいい」とまで口にしていると言うのだ。これはまさにパワハラの証拠ともいえる。ポストを匂わせ、相手を自由にしようとする――。生殺与奪権さえ握られた高橋だからこそ、橋本からのチューを最終的には拒むこともできなかったし、「セクハラでない」なんて記者会見を開かなくてはならなかったのだ。 

 さらに「セブン」は無理チュー写真の流失についても言及する。そもそもスケート連盟の中には派閥が存在したが、橋本が会長になったことで、スピード出身の橋本によるフィギアへの影響力(介入)が強まった。そのことに不満を持つ関係者が写真を流失させたというのだ。確かに、この写真はソチ五輪の選手村の中で行われたパーティーのものだったから、関係者からの流失以外には考えられない。

 さらに安倍内閣の内閣改造が控えており、そのための女性入閣の争いが激化していた時期だ。これら関係者の思惑が写真流失という事態を招いたことは容易に想像できる。しかし――。どんな思惑があろうと、たとえ橋本追い落としの陰謀だろうと、高橋選手への無理チューセクハラは免罪できるものではない。女性の社会進出が進み、今後もこうした問題は増加するかもしれない。だが、散々セクハラをしてきたであろうオヤジどもに「女性上司なんてダメだって言っているだろ。ほれ、みたことか」なんて言われることだけは絶対に避けたいことだ。

(※続きあり)
今回の問題は、権力を持った女性がどうあるべきかを考える1つのテキストとして活用したいものだ。
次は完全に墓穴を掘ったとしかいいようのない、江角マキコ“ママ友”いじめ問題である。この問題は江角のブログでのイジメ告発、ママ友からの逆襲、そして反江角派閥の“ボス”といわれる長嶋一茂の妻の存在と、長嶋邸への落書き事件と凄まじいまでの展開を見せている。
 もちろん今週の女性週刊誌全誌が江角問題を取り上げたが、さすがママ友の逆襲をスクープした「セブン」、江角叩きだけではないバランスの記事を掲載している。他2誌が「江角マキコの“ママタレ”失業危機」(週女)「『新ショムニ』リストラ危機!」(自身)と江角サイドの苦境をクローズアップし、「江角みたいなキツい性格で、仕切り屋さんはハブられて当然」といった風潮が強い中、「セブン」はその背後にある特殊事情を報じている(ちょっとだけど)。
 そもそも江角が仕切りたがり屋だったことは確かだが、その後の仲間はずれぶりは気の毒なほどだったという。江角の近くに寄らない、江角の出ている番組について「超つまんないよね~」とこれ見よがしに言う。テレビに江角が映ったらすぐ消す、と陰口を叩く――。レベルが低いと言うか、もうどっちもどっち。どっちが正しいなんて双方共にない。そしてその原因が学校の特殊性にあると切り込む。
 子どもたちの学年に沿ったママたちの年功序列ぶりがすごく、年少のママは年長ママに絶対服従。さらにさまざまな掟が存在するらしい。まさに「ママカースト」の世界だ。しかも学校は見て見ぬ振り。江角はこうした掟に従順ではなかった。そして仲間はずれ――。次元が低いといえばそれまでだが、子どもを人質のようにとられたママたちにとってこれは切実な問題だ。しかも、江角や長嶋の子どもが通うこの名門校(青学だということはすでに誰でも知ってると思うが)、著名人やセレブが多く、「セブン」が指摘する以上にいろんなことでママ差別も行われているという。これはかなり以前から指摘されてきたことだが、親や祖父母の職業出自、住居、車、服装、出身地といったさまざまな要因で区別され、差別される。
 そんな中、自身の力で女優として成功した地方出身の江角は、ほかのママにとっては目障りで“成り上がり”的存在の代表格だったのだろう。しかも「週刊文春」の長嶋邸落書き事件は、かなり近い関係者からの情報と思える詳細な記載が多い。大手事務所を辞めた江角と、国民的な一家でいろんな後ろ盾を持つ長嶋一家の情報戦。その軍配は推して知るべしだろう。しかも落書き事件は下手をすれば刑事事件として発展してもおかしくないものでもある。
 それにしても7月31日、江角がブログでイジメ問題をつぶやかなければ、こんな騒動は起こらなかったはずだ。まさに墓穴な騒動である。
 つちやかおりの“男”など、誰が興味あるのだろう。とは思うものの、これまた「自身」と「週女」が揃って取り上げている。しかも2誌ともつちや本人に直撃し、例の割烹料理店店主の“恋人”について質問しているのだが、つちやは「(恋人と順調ですか?)はい! でも娘が成人するまでは、結婚についてまったく考えていません」(自身)。「交際は順調です。今を楽しんでいます」(週女)との答え。
 でもなんだか“恋人”が逃げ腰だと盛んに報道されているのだが――。しかし、それでもつちやはこのネタで引っ張るしかない。布川敏和と離婚した今、マスコミに取り上げられる唯一の話題がこれだから。しかも「週女」に至っては、この記事がトップ! 本人からの売り込みか? 2誌とも(笑)。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます

こんばんは!
愛する『噂の真相』の名前を目にしたので、期待して読みました。
今まで読んだセクハラ事件の記事では一番共感できました。そうなんです、背後関係はどうあれ何でチューしてんですか?って話ですよね。
激ヤセ(仮病扱いしたのは謝ります)してもダメな事はダメですから。
あの体調で会長を続ける、続けさせるなんて、楽〜な仕事なんでしょうね?と嫌味の一つも言いたくなってしまいます。

先日の記事の事も書かせてもらいますが、『週刊実話』ひどいですね。あまりに薄っぺらくて、オヤジの世間話で終わらせてよって感じです。もうコレに関しては、怒りよりも呆れたという方が近いです。
あの手の記事しかない雑誌なのかなとも思いますが。

テレ東で浅田姉妹の番組があるそうですね!残念ながら地方に住んでいるので。・°°・(>_<)・°°・。
いつか放送される日を待ちたいと思います。

では、おやすみなさ〜い(_ _).。o○

スノードーム様

いつもありがとうございます。

「選手を守る!」と言うなら、本当に選手のことを守る仕事をしていただきたいものです!
そして理事会で承認されたということは、「選手を守る」ことに同意したのですから、理事もその責任を果たしていただかなくてはならない、果たしていただきましょう!

食事も受け付けないような状態であれば、体力の低下が著しいと思います。
スケ連の会長など色々な重責を、しっかり担えるのかなと思ってしまいますよね・・・

週刊実話 週刊誌系はどこもひどいんですが、その中でも1番ひどい記事が多いと思います(逆にストレスが少なく読める記事を掲載してるのがアサヒ芸能さんのように思ったりしています)。
今日も呆れる記事がアップされ、そして最新号の表紙に「浅田真央 年内引退」の文字が…(`Δ´)
真央ちゃんを巻き込むことはやめて~です\\٩(๑`ȏ´๑)۶//

真央ちゃん&舞さんの番組 楽しみですね(*´∀`*)ノ。+゚ *。
早く放送されますように!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。