スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/20  橋本聖子からフィギュア・高橋大輔への執拗なキスは「セクハラにあたらない」のか?

(2014-08-20)

報道機関

messy

見出し

橋本聖子からフィギュア・高橋大輔への執拗なキスは「セクハラにあたらない」のか?

発行日

2014820日 

http://mess-y.com/archives/11272

◆内容◆

20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、男女が唇同士をぴったりと添わせた衝撃キス写真が掲載された。そこに写っているのは、フィギュアスケート選手の高橋大輔(28)と、日本スケート連盟会長で参院議員の橋本聖子(49)だ。213日、ソチ五輪閉会式後の深夜から朝にかけて選手村の部屋で開かれたJOC(日本オリンピック委員会)スタッフによる打ち上げの席でのワンシーンだという。

 同誌によれば、橋本は高橋に「突然バッと抱きついて、いいじゃない、みたいな感じでキスをし始めた」そうで、最初は体をよじらせて彼女の唇をかわしていた高橋も諦めて受け入れざるを得なくなっていたようだ。その場に居合わせたという参加者の告発は辛辣で、「1回、2回とかそういうレベルじゃない」「もう何回も何回も、何のために? って引くぐらい繰り返し……」「何やっちゃってんの、という感じ」と周囲があきれ果てるほど、キスは執拗に繰り返されたそうだが、周囲は笑って見ている人も多かったという。かねてから高橋ファンを公言していた橋本に対して、「あーあ、ついにヤッちゃったよ」と冷笑を浮かべる者も少なくなかったのではないだろうか。

 同誌の取材に対して橋本側は「キスを強制した事実はない」と回答しつつも、キスそのものについては否定せず(写真がばっちり撮られているのだから言い逃れはできないが)。しかし「頑張った息子(=高橋)に、ママのところに来なさい、という思い」でしたことだと弁明し、「(高橋も)最初は嫌がっていたが、その後はそんなことはなかった」としている。

また、スケート連盟副会長はこのキスについて「あまり意味のない行為」とし、同誌記者が「権力ある立場の人間が、キスを強要するのはセクハラにあたるのでは」と指摘しても「いや、あたらない。男だから、ハハハ。大輔だから」と意に介していない。だが「セクハラ」とは男性が女性に対して行う言動のみならず、男性が男性に、女性が男性に、あるいは女性から女性に対しての言動まで含まれる。今回の件がスキンシップを通り越した問題行動であることは言うまでもない。

 厚生労働省の2012年度調査では、同年に各都道府県が受け付けたセクハラ相談は、女性からのものが5838件、男性からはその10分の1549件だった。表に出る件数こそ少ないものの、確実に存在する「女性→男性」へのセクハラ。女優で演出家の渡辺えり(59)が、27歳年下の劇団俳優にしつこくセクハラをしていたことが報じられたのもまだ記憶に新しい。被害の当事者以外は、男性側でさえ「女に迫られるなんていいじゃないか」と楽観視する傾向にあるようだが、AVの「痴女モノ」のようなプレイはあくまでファンタジーで、実際の強姦や強制わいせつは不快以外の何ものでもないことをわかっているのだろうか。

 ともあれ、政治家である橋本聖子自身、女性が輝く社会とは、イケメンに好き勝手にセクハラできる社会ではないはずだと自覚してほしいものである。(清水美早紀)

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。