スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/8 仁川でキラリ!光った関西パワー アジア大会、west勢もメダル量産

(2014-10-08)

報道機関

産経新聞 【スポーツ言いたい放題】

見出し

仁川でキラリ!光った関西パワー アジア大会、west勢もメダル量産

発行日

2014108日 1500

http://www.sankei.com/west/news/141008/wst1410080004-n1.html

◆内容◆ 

メダルラッシュにわいた仁川アジア大会。関西出身や関西ゆかりの選手の活躍が光った。競泳で大阪市出身の入江陵介(24)が金2個、銀2個を獲得したのを筆頭に大津市出身の太田雄貴(28)もフェンシング男子フルーレ団体で金メダルに輝いた。難なく大会4連覇を達成したレスリング女子55kg級の吉田沙保里(31)と、テニスの錦織圭二世と注目される西岡良仁(19)の2人も津市出身なので関西パワーに入れていい。2020年東京五輪に向けて、関西勢に勢いが出てきたぞ。

関西人のど根性! 入江

 男子200m背泳ぎでアジア大会3連覇。入江陵介の泳ぎには王者の貫禄があった。ゆったりとしたストロークながらスピードに乗り、序盤からリードを広げた。後半はひとり旅。1分53秒26は2014年シーズン世界トップの好タイムだった。

 逆境をはねのけた。2013年は世界選手権で惨敗し「自分は(表彰台の)真ん中に立てない人間なのかな」と涙ぐみ、椎間板ヘルニアにも見舞われた。ゼロというよりマイナスからの再スタートだったが、思った以上に復調のペースは早かった。

8月のパンパシフィック選手権は主要国際大会で初の頂点に立った。その勢いをそのまま仁川に持ち込んだ。2大会連続の背泳ぎ2冠(100m、200m)。200mは萩野公介(20)や成長著しい中国選手も全く寄せ付けなかった。

 「すごくほっとしている。2013年はヘルニアになって苦しかったが、支えてくれた人たちに感謝したい。金も取れたし、世界にアピールできるタイムを出せた」

 2014年シーズンを最高の形で締めくくり、自信の笑顔が戻った。

湖国の貴公子、エースの剣

 太田を中心とするフェンシング男子フルーレの日本は、5連覇を狙った中国に最大11点差からの大逆転勝利。1974年テヘラン大会以来となる金メダルをつかんだ。

 「このチームは不思議な力がある。最後まで勝てると信じていた」

 太田の声は興奮気味だった。

 2012年ロンドン五輪で銀メダルに輝き、一躍人気者になった。マイナー競技フェンシングの注目度も大いに高まった。太田自ら競技普及を目指す「スーパーフェンシングプロジェクト」を所属する森永製菓の支援で立ち上げ、全国で競技の実演やトークショーを展開している。関西風のノリのよさで、会場はどこも大盛り上がり。関西パワーをいかんなく発揮している。

「リオデジャネイロ五輪も期待してもらっていいですよ」

 次は五輪で金を狙う。

空手の浅田真央よ!

 大会後半は空手で関西パワーが活躍した。日本のお家芸のひとつで、中でも女子の「形」種目は1994年広島大会からずっと日本が金メダルを死守してきた。輝かしい歴史を仁川でもつないだのは大阪の美人女子大生だった。

 清水希容(20)。大阪生まれで東大阪大敬愛高から関大とずっと大阪を拠点に活動している。静と動のめりはりの利いた気迫あふれる演武。爽やかな笑顔が印象的だ。

 「形」が美しいのには理由があった。浅田真央(中京大)やフィギュアスケート選手の動きを参考にしていた。

 「ジャンプで(体の)軸を大事にするところは空手と共通しているんです」

 2013年は東アジア大会で金メダル、全日本選手権で日本一。

 「2020年には空手が五輪競技になっていたら素晴らしい」

 マイナー競技の人気上昇へ、清水の強く美しい空手は新たなブームの到来を予感させる。

男子も組手67kg級で近大出身、大阪府連盟所属の篠原浩人(25)が優勝。男子組手84kg級も京産大出身で2012年世界選手権銀メダルの荒賀龍太郎(23)が制した。

スター、ほかにも続々

 関西のアジア大会メダリストはほかに、柔道男子100kg超級優勝の王子谷剛志(22)は大阪府泉佐野市出身。大阪出身の体操の山本雅賢(24)は団体と種目別あん馬で2個の金メダルに輝いた。

 トライアスロン女子と混合リレーで金2個の上田藍(30)は京都市出身。ボウリング男子ダブルス優勝の高橋俊彦(31)も大阪出身だ。同じボウリング男子トリオ戦優勝メンバーの和田翔吾(24)は和歌山県教育庁所属。

 銀メダルでも陸上棒高跳びで和製イシンバエワを目指す我孫子智美(26)は滋賀県草津市出身で滋賀レイクスターズ所属。シンクロナイズドスイミングの新星、乾友紀子(23)は滋賀県近江八幡市出身。大阪の井村シンクロクラブで井村雅代コーチ(64)の厳しい指導を受けて開花した。

201410081.png

りりしい! 清水希容

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。