スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/14 涙なく、晴れやかに…生まれ故郷で現役引退表明のフィギュアスケート男子の高橋大輔さん(28)

(2014-10-14)

報道機関

産経新聞(きょうの人)

見出し

涙なく、晴れやかに…生まれ故郷で現役引退表明のフィギュアスケート男子の高橋大輔さん(28)

発行日

20141014日 2207

http://www.sankei.com/west/news/141014/wst1410140054-n1.html

◆内容◆ 

涙はなかった。「自分の中で、ひと区切りつけてから次に進もうと思った」。ひげを蓄え、スーツ姿で会見に臨んだ表情は、晴れやかだった。両親や恩師に見守られ、生まれ故郷の岡山で引退を表明した。

 「本当はもっとひっそりとやりたかった」という。だが、フィギュアスケート界を牽引(けんいん)してきた功労者だけに、そうはいかなかった。数十台のテレビカメラが待ち構え、無数のフラッシュもたかれた会場に、控えめな28歳はやや驚いた様子だった。

 8歳で出会ったフィギュアスケート。本当はアイスホッケーを習いにいくはずだったが、音楽さえあればどこででも踊り出す少年は、その魅力にどっぷりとはまった。日本ではまだ男子の競技とは認知されていないような時代だった。

 当時の指導者だった佐々木美行さん(57)は「好きに自由に楽しんでいた。試合に出て失敗しても『今度こそ』と頑張っていた」と振り返る。世界を魅了した表現力の原点は、そんな環境から生まれた。

 2010年バンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、フィギュアスケート男子の日本人選手として初めて表彰台に上がった。世界選手権優勝も、グランプリ(GP)ファイナル制覇も日本男子初。黄金期を迎えた日本の銀盤の第一人者であり続けた。

 一方、けがにも苦しんだ現役生活の終盤は小休止する間もなかった。だからこそ、「スケートから少し引いたところで、今後のことを考えたい」と話した。欲しいものを聞かれて「夢」と答えた。具現化が待ち遠しい。(田中充)
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。