スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/16 引退で「男を上げた」高橋大輔

(2014-10-16)

報道機関

東スポ

見出し

引退で「男を上げた」高橋大輔

発行日

20141016日 1600

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/323128/

◆内容◆ 

去り際も「いい人」だった。日本のフィギュアスケート男子を長年けん引してきたバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(28=関大大学院)が現役引退を発表。今年4月に1年間の休養を宣言していたにもかかわらず、方針を変更。周囲から「?」のブーイングが起きるかと思いきや…「さすが大ちゃん!」と男を上げた格好に。いったい、なぜなのか? 

 世界ナンバーワンの集客力を持つ人気スケーターが突然、現役引退を表明した。高橋は「8月のアイスショーが終わり、自分の時間を過ごしているなか、引退と一区切りつけてから次に進んでいく方がいいと思った。今後はその後、ゆっくり考えていこうと思った」と説明した。 

 今季は1年間の休養に充て、去就はその間に考えると4月に表明した。しかしその言葉に反して、急展開の引退発表となった。この日早朝の一部メディアによる報道で、ショックを受けたファン、スケート関係者もいたはず。ましてや本人が日本スケート連盟に引退届を提出しておらず、両親らに伝える前だったというからなおさらだ。混乱してもおかしくなかったが、結局は高橋の「いい人」ぶりが「なぜ、方針変更?」のブーイングを消した。 

「1年考えて言おうかと思ったが、シニアの競技シーズンが始まる前に言おうと思った。他の選手がこれからモチベーションを上げる中ではなく、前がいいのかなと」(高橋) 

 今回の電撃発表は、他の選手にとって重圧たっぷりの競技生活中に自らの話題で邪魔をしたくない、という配慮だったのだ。周囲からは「高橋らしい」(フィギュアスケート関係者)と拍手が起きている。 

 そもそも、高橋は人望の厚い選手として知られる。「高橋選手は誰からも好かれた。年上、年下問わずみんなから『大ちゃん』と呼ばれて慕われていた。大変なケガを乗り越えた姿、練習姿勢も若い選手のお手本だった。お疲れさま、と言いたい」(日本スケート連盟・伊東秀仁フィギュア委員長) 

 元ライバルで昨年暮れに引退した織田信成氏(27)もこの日「大ちゃん長い現役生活お疲れ様でした。一緒に練習できた事、試合に出た事は僕にとって大切な思い出です」とツイッター上でねぎらうなど、仲間も即座に反応した。 

 誰にでも分け隔てなく接する性格。その真摯な振る舞いは日本を飛び出て「海外でもコーチ、関係者、ジャッジ、選手で高橋選手を嫌う人はいないと思う」(日本スケート連盟関係者)と海外にもファンが多かったという。 

 高橋によれば、今後はすでに出演が決まっているアイスショー以外は未定。去り際までたたえられた希代のモテ男は、次はどんな舞台で女性ファンをくぎ付けにするのだろうか。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。