スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/14 アジア大会で韓国が自国の「非常識」晒しても平気だった理由

(2014-10-14)

報道機関

週刊ポスト

見出し

アジア大会で韓国が自国の「非常識」晒しても平気だった理由

発行日

20141014日 110020141024日号)

http://www.news-postseven.com/archives/20141014_281610.html

◆内容◆ 

疑惑の判定が相次ぎ各国から怒りの声があがった韓国・仁川のアジア大会。批判を浴びたのは競技の不公正ばかりではない。大会組織委員会の運営スタッフやボランティア、観客までもが、モラルの低さを露呈した。
 なぜここまで韓国は自国の「非常識」を世界に晒しながら平気なのか。慶應義塾大学大学院の海老塚修教授(スポーツマーケティング)の指摘は興味深い。
「国際大会では政治的、宗教的、民族差別的な問題を起こせば、スポンサー企業が離れていく。そのため主催者はこうした問題に対しては、制裁など厳格な措置を取っています。
 しかし今回のアジア大会は、スポンサーがほぼ韓国国内の大企業ばかりでした。そのためか、問題行動に対してはむしろ愛国心を駆りたてるような対応が目につき、制裁を加えることもなかった。それがここまで不祥事を連発させた要因と考えています」
 救いは、韓国人も自国のそうした恥部を理解だけはしていると思われることだ。近年、韓国ではスポーツの不正が社会問題化している。きっかけは昨年、韓国内で開催されたテコンドー大会で不可解な判定に抗議した選手の父親が自殺したことだった。朴槿恵政権はこれを重く見て、スポーツ団体の不正を摘発する特別監査を行なったばかりだ。
 そのニュースを報じた『朝鮮日報』(2014126日付)は「不正まみれの韓国スポーツ界」というコラムで、こう論じている。
〈韓国のスポーツ界が根っこから腐り切っているという事実に、人々は憤りを感じている。しかし、こうした問題はずいぶん前から指摘されてきたという点も、その深刻さを物語っている。不適切な判定、八百長試合、団体を運営する上での不正など、数え切れないほど報告されているが、国際舞台で獲得する金メダルによって隠されてきた。〉(日本語版より)
 今回、再び「金メダル」に大騒ぎして反省を忘れてしまったようだ。この国が自浄作用を発揮して真の先進国になる日はまだ遠そうである。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。