スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/21 <フィギュア>町田、さらなる飛躍へ GP第1戦24日から

(2014-10-21)

報道機関

毎日新聞

見出し

<フィギュア>町田、さらなる飛躍へ GP第1戦24日から

発行日

20141021日 1207

http://mainichi.jp/sports/news/20141021k0000e050189000c.html

◆内容◆ 

今季のフィギュアスケートは、24~26日(日本時間25~27日)のグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ(シカゴ)で本格的に幕を開ける。スケートアメリカには昨季の世界選手権で銀メダルを獲得した町田樹(たつき)=関大=が出場。日本男子フィギュア界を引っ張ってきた高橋大輔が現役引退を表明。ベテランの域に達した24歳の町田にはけん引役も求められるが、「あぐらをかけば失敗することは分かっている」と気負いはない。
 急成長を遂げた昨季は、初物尽くしだった。GPシリーズで2連勝。全日本選手権で2位に入り、五輪と世界選手権の初切符をそれぞれ獲得した。2月のソチ五輪は5位だったが、自国開催となった3月の世界選手権ではショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストをマークしてソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦(ANA)に次ぐ2位に食い込んだ。
 「自分の演技ができれば、世界のトップスリーに入ることはできる」と手応えをつかむ一方、五輪は銅メダルのデニス・テン(カザフスタン)に合計でわずか1・68点差。SPでのジャンプミスが最後まで響き「(五輪の)メダルを持っているか持っていないかでは大きな違い」と悔しさも残った。
 2018年平昌五輪まで現役を続けるかどうかは未定で、「一年一年しっかりやっていきたい」。オフには目玉になる大技を開発しようと4-4回転ジャンプや4回転ルッツにも挑戦していたが、「爆発的な成長力はない」と断念し、技の質や表現力、プログラムの完成度を磨くことに集中した。大西勝敬コーチ(60)は「隙(すき)がなくなってきた」と評する。
 SPは「バイオリンと管弦楽のための幻想曲」、フリーはベートーベン「交響曲第9番」のいずれも新演目。「五輪シーズンだから盛り上がったじゃなく、昨季以上に上昇志向でいきたい」と、さらなる飛躍を胸に秘め、今季に臨む。【藤田健志、福田智沙】
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。