スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/23 フィギュアスケート観戦を楽しむため、知っておきたい今季の新ルール

(2014-10-23)

報道機関

マイナビニュース

見出し

フィギュアスケート観戦を楽しむため、知っておきたい今季の新ルール

発行日

20141023日 

http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/23/figure/

◆内容◆ 筆者:澤田亜紀

フィギュアスケートの採点方法は、ソルトレイクシティ五輪後に大きく変わりました。それまでは6.0点満点で採点する減点方式の採点法でしたが、ソルトレイクシティ五輪時の採点に不正があったとされ、翌シーズンのグランプリシリーズで試験導入した後、2004-2005年シーズンからは現在のISUジャッジングシステムが導入されました。

・毎年変わるルール

ISUジャッジングシステムとなっても、技術(ジャンプやスピンなど)と演技構成(主に表現力)を分けて採点をすることは変わっていません。ただ、ジャンプやスピンに対して基礎点が決められており、以前の減点方式と比べてはっきりと得点の基準が明確化された分だけ、選手は得点を得るための作戦が立てやすくなったのではないかと思います。

フィギュアスケートのルールは毎年少しずつ変わっていますが、大きくルールが変わるのは五輪後が多く、今年も大幅なルール改正が行われました。今回はその中からジャンプに関する大きな変更点をご紹介したいと思います。

・ジャンプミスはこれまで以上に許されない

まずはショートプログラム(SP)についてです。SP7つの課題が定められており、シニアの場合だと

a.ダブルまたはトリプル・アクセル

b.ステップより直ちに行うトリプル(男子はクワドラブル<4回転>も可)・ジャンプ

c.bとは異なる種類のジャンプ・コンビネーション(男子: 2-3回転、3-3回転、2-4回転、3-4回転 女子: 2-3回転、3-3回転)

d.フライングスピン

e.男子:dとは異なるポジションの足かえ1回のキャメルまたはシットスピン  女子:レイバック・スピンあるいはサイドウエイズ・リーニング・スピン

f.足かえ1回、少なくとも2種類の基本姿勢を含むスピン・コンビネーション

g.氷面を十分に使用したステップ・シークエンス

以上が課題となっています。

このうち3つがジャンプの課題ですが、要求を満たさないジャンプは「無価値」となるというルールが新たに加わりました。

昨年までのルールですと、例えばジャンプのタイミングが合わずにダブル以上のジャンプがシングルジャンプになってしまった場合、出来栄え点(GOE)は最低評価の「-3」とされましたが、シングルジャンプの点数そのものは入っていました。

しかし今シーズンのルールでは、シングルになってしまった場合は0(コンビネーションジャンプの場合、シングルになったもののみ0点などの細かな規定あり)になるということになります。昨シーズンまでもジャンプのミスには厳しいルールでしたが、今シーズンはより厳しいルールに変更され、本当にミスが許されない状況になったと言えます。

・フリーではダブルジャンプの回数に制限

次はフリースケーティングについてです。フリースケーティングで大きく変わったところは、ダブルジャンプの回数に制限ができたことです。

昨年までは、ダブルで回数制限を設けているジャンプはアクセルのみでした。しかし、今シーズンからは「いかなるダブルジャンプも全部で2回を超えてはならない」というルールに変更になりました。すなわち、ジャンプコンビネーションでダブルトゥループ(2T)3連続ジャンプを行った場合は、キックアウト(基礎点なし=0)になるということです。

また、ジャンプコンビネーションにも新たなルールができました。

ジャンプコンビネーションは、「全てのトリプルおよびクワドラブルジャンプのうち、2種類のみを2回行うことができる。これら2回行ったうちの少なくとも1つがジャンプコンビネーションまたはジャンプシークエンスの場合、行った両方ともが通常の方法で評価される」との旨がルールに記載されています。

分かりやすく説明しますと、トリプルトゥループ(3T)2回行う場合は、どちらかをジャンプコンビネーションまたはジャンプシークエンスにしなければ正常に点数が評価されず、3Tのソロジャンプを2本跳んでもきちんとジャンプの点数が評価されないというわけです。

ここまでは昨シーズンまでと同じですが、もし転倒等で2回ともソロジャンプになった場合、2回目のソロジャンプに「+REP」という記号がつき、本来の基礎点の70%になるというルールが追加されました。昨シーズンまでは、同じような場合は2回目に「+COMBO」という記号がつき、本来の基礎点の80%になっていたことを考えると、1割の違いが生じるわけです。

さらに、ジャンプコンビネーションまたはジャンプシークエンスは最大3回までで、1つのジャンプコンビネーションは最大3個までのジャンプを含んでよく、残りの2つは最大2個までのジャンプとするというルールがあります。昨年までは+COMBOの記号も最大3回までとされているうちの1回にカウントしておりましたが、今年からはカウントをしないルールに変更になりました。

ミスをした際の基礎点は低くなってしまいましたが、ジャンプコンビーネーションのルールと合わせて考えると、2回行ったジャンプのどちらかで行う予定であったジャンプコンビネーションが、他のジャンプを行った時につけることができるので、点数の面では同じくらいになるのではないかと思います。

少し例を出してみます。

例えばフリー冒頭で3T2連続ジャンプを予定していたが、タイミングが合わずに2T2連続ジャンプになってしまったとしましょう。ジャンプコンビネーションのルールでいえば、あと2回ジャンプコンビネーションができるということになります。

ジャンプコンビネーションはトゥループまたはループ(Lo)で行うことが多いです。ただ、2Tはすでに2度使用しているため、ダブルジャンプの新ルールによって、ループジャンプを含んだ3連続ジャンプにするなど、2Tを使わないジャンプコンビネーションに変えなくてはなりません。

すなわち、演技後半で3Lo-2T-2Tというジャンプコンビネーションを予定していても、演技冒頭で3T-3Tのジャンプコンビネーションが2T-2Tになってしまった場合、後半に予定していたジャンプを3Lo-2Lo-2Lo等に変更しないといけないということです。ステップを挟んでジャンプシークエンスにすることも可能ですが、その際にもこの後に行う予定のジャンプのことも考慮しなければいけません。

さらにその後、同じ種類のトリプルを2回行い、どちらにもジャンプコンビネーションがつけられなかった場合、その後に予定しているジャンプの中でリカバリーを行わなければいけません。そして、それら全てを演技中に瞬時に判断しなくてはいけないのです。

・ミスを想定した練習の必要性

かなり極端な例になってしまいましたが、このようなことが試合で起こらないとも限りません。ジャンプの順番等の作戦を立てることも、得点を得るために重要なことだと思いますが、ミスが起こることも想定し、日々の練習でリカバリーの仕方も練習しておくことが大事なのではないかと思います。

日本国内では全国各地で全日本選手権の予選が始まるなど、本格的にスケートのシーズンが始まりました。ルールが大きく変わり、選手たちには負担が大きかったオフシーズンだったとは思います。しかし、ジャンプやスピンなどの技だけにとらわれず、選手それぞれ練習してきたプログラムというすばらしい作品が見られることを、私は楽しみにしています。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。