スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/11 羽生の気迫の演技に医師ら懸念 致命的損傷のケースも…「美談にされると怖い」

(2014-11-11)

報道機関

産経新聞

見出し

羽生の気迫の演技に医師ら懸念 致命的損傷のケースも…「美談にされると怖い」

発行日

20141111日 1021

http://www.sankei.com/sports/news/141111/spo1411110021-n1.html

◆内容◆ 

頭部挫創などで全治2、3週間

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯の男子フリーの直前練習で中国選手と激突して負傷したソチ冬季五輪金メダリスト、羽生結弦(19)=ANA=が9日、精密検査のために帰国し、頭部と顎の挫創などで全治2、3週間と診断された。日本スケート連盟が10日、発表した。関係者によると、脳の異常は認められなかったというが、頭部を負傷して流血しながらの強行出場に医学的な観点から懸念の声も出ている。

 羽生は日本連盟を通じて「ご心配とご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、まずはゆっくり休み、治療したい」とのコメントを出した。羽生は東京都内の病院で検査を受け、入院はしていないという。

 激しくぶつかった直後、羽生はしばらく倒れ込んだままで、立ち上がっても足元がふらついた。誰もが棄権を予想したが「彼の意志は固かった」とブライアン・オーサー・コーチ。今回、日本は出場選手が3人と少なかったため医師を同行させておらず、米国のチームドクターに診察をしてもらって「脳振盪(しんとう)などの症状がないかを注意深く見て出場を判断した」(同コーチ)という。

ただ、世界選手権の金メダリストを指導した別のベテラン外国人コーチは「長年の経験でも見たことのない衝突。私なら絶対に棄権させた」と疑問視した。

 6人が同時に滑る直前練習の課題もクローズアップされた。日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は「男子は4回転を跳ぶ選手が増えて滑りのスピードが上がり、6人では事故になるのではと思ったことがある」と打ち明けた。

 頭部損傷による柔道やラグビーの死亡事故を受け、日本脳神経外科学会は昨年「スポーツによる脳損傷を予防するための提言」を発表。脳振盪で競技、練習を続けると「致命的な脳損傷を起こすことがある」として直ちに中止すべきだと警鐘を鳴らした。

 ラグビーでは近年の国際的な指針に従い、脳振盪の疑いでも退場させる。日本臨床スポーツ医学会理事で東京慈恵会医大の谷諭教授は「(水をかければ意識を回復するという)ラグビーの“魔法のヤカン”は過去の話で、根性物語は古典的な考え。日本も世界水準に合わせた方がいい。今回のアクシデントが美談として捉えられると怖い」と危惧した。

羽生結弦の挑戦を賞賛するのは危険! 本当に怖い、スポーツの脳震とう tocana 2014/11/11 1230

http://tocana.jp/2014/11/post_5173.html

◆内容◆ 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ中国杯に出演していた羽生結弦が、119日に帰国した。羽生は紺のジャージにマスクを着けた姿で報道陣の前に登場。これから精密検査を受けることになるという。

 羽生は、8日に開催された男子フリーに出場する際の本番直前練習で、中国のエン・カン選手と激しく接触した。彼はリンクに突っ伏したのちに自力で立ちあがったが、脳震とうがあったのではないか? と疑われる症状が見て取れた。額からは血が流れていたため、リンクサイドで緊急治療を受け、頭とアゴにテーピングを施された。羽生は満身創痍のまま決勝に臨み、「オペラ座の怪人」の楽曲にのせて演技したものの、2種類の4回転ジャンプはいずれも転倒している。万全の演技とはとてもいいがたい出来だったが、みごと2位に輝いた。また、羽生は演技終了後、あごを7針、右側頭部を3針縫う治療を受けたという。

 痛々しい姿を見せつつも強行出場をした羽生の姿を見て、「感動した」などと賞賛する声がネットを中心に上がった。しかし、多くのスポーツ関係者は、彼の強行出場に難色を示していた。

 グランプリを放送していたテレビ朝日のメーンキャスターを務める松岡修造氏は、「これは滑るべきじゃない!」とマイクを通して訴え、「僕は、美しく見せることがフィギュアだと思っていましたが、これはとんでもないスポーツだなと今、思っています」とアスリートの観点から疑問を呈した。また、松岡だけでなく、元陸上競技選手で400mハードル日本記録保持者の為末大氏は、Twitterで「気持ちの強い選手はどんな状況でもいくらでも頑張ろうとするわけだから、選手を命の危険から守るのが競技会側とメディアだと思う」と投稿。これに対しては、「金メダリストの意地と思います。こんな時に後先考えない羽生君だからこそ、感動を与えるのです 」という一般市民の反論意見が出るなど、賛否両論が巻き起こった。

「羽生選手は、明らかに脳震とうの症状を起こしていたと思われます。特別な治療を必要とするものではないが、一般的には最低でも24時間は様子を見て、後遺症を残さないようにしなければならない。脳の障害は重篤な症状や後遺症を残す危険があり、また他の脳疾患を引き起こす原因にもなります。当然ですが、運動選手の場合は競技への復帰は控えるのがあたりまえです」(スポーツライター)

 多くのスポーツ選手にとって、頭部外傷の危険性は常について回るものだ。格闘技は言うに及ばず、サッカー、ラグビーなどでも起こる可能性がある。アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)では、引退選手が頭痛、めまい、認知症に悩まされており、81件に上る訴訟が起きている。

 またサッカーのJリーグは、「簡易的な脳震とう診断ツールで脳震とうが疑われれば、試合・練習から退くべきである。短時間のうちに回復したとしても、試合復帰は避けるべきである」と、たとえ選手の意識がはっきりしても、は避けるべきだとの指針を提示している。不安定な氷の上に立ち、演技を行うフィギュアスケートでも、頭部への怪我などは、常に危惧しなければならない問題であることは言うまでもない。

 傷を負いながらも競技を実行し、あきらめない姿勢を見せることを美徳とする心情が理解できないわけではない。見ている者にとって、競技中のアクシデントはワンシーンを悲哀で彩るアクセントのように思えるかもしれないが、競技者には"その後"があることを忘れてはならないだろう。(文=本山文七)

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。