スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/11 羽生流血衝突が国際問題に 再発防止できるか

(2014-11-11)

報道機関

東スポ

見出し

羽生流血衝突が国際問題に 再発防止できるか

発行日

20141111日 700

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/331808/

◆内容◆ 

世界に衝撃を与えた“ハニュウ・ケース”が国際議題になりそうだ。8日に行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯(上海)のフリー演技前の6分間練習で、中国の閻涵(エン・カン=18)と衝突して頭とあごを負傷したソチ五輪金メダリストの羽生結弦(19=ANA)が9日、成田空港に帰国した。精密検査を受けるため東京都内の病院に向かったが、大流血から強行出場という前代未聞の大アクシデントの波紋は広がるばかり。再発防止に向け、世界が見せる動きとは――。

 激闘を終え、満身創痍で日本に降り立った羽生は車いすに座り、係員に押されて160人のファンの前に姿を現した。あごはマスクで隠れていたが「頑張って~」と声援を送るファンに何度も会釈。関係者が用意した車でそのまま都内の病院へ急行した。
 前日のフリーの6分間練習中に閻と激しく衝突。頭とあごを強打し、流血しながら倒れた。しかし、本人の意志で強行出場。あご、頭にテーピング処置を施し、演技に臨んだ。ジャンプは冒頭の4回転トーループをはじめ、5回も転倒。それでも最後まで演技を続け、2位に入った。演技後にあごを7針、側頭部は医療用ホチキスで傷口を3か所留める緊急処置を受け、左足には軽い肉離れの症状も見られた。
 棄権は確実と見られた羽生だったが、リンクに戻って渾身の演技を見せたことは、多くの人の感動を呼んだ。一方で、脳振とうを起こしていた可能性があり「周囲が止めるべきだった」と問題視する声も出た。 

さらに、2010年バンクーバー五輪ペア銀メダルの龐清 、佟健組は、中国の短文投稿サイト「微博」に「またアップ中に衝突が起きた。ISU(国際スケート連盟)は人数を減らすことを考えるべきでは?」と投稿。リンクで6人が同時に滑る危険性を指摘した。日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長(58)も「男子は技術も上がり、6人では(リンクが)狭いと思ったことがある」と懸念を示していた。
 今回は特に、選手が流血し、倒れたまま動かないという衝撃度。ふらつきながら係員に抱えられ、テーピング姿で必死に演技した羽生の映像、画像は世界に広まり、大きなインパクトを与えた。ISUに詳しいフィギュアスケート関係者は「今までも選手が衝突することはあったが、あそこまでのトラブルは珍しい。ISUや各国の連盟でも、今回の羽生の件を注視して問題解決へ議題にのぼるでしょう」とし“ハニュウ・ケース”が議論になるという。
 ただし、今回はともにスピードに乗った状態で、後ろ向きから振り返りざまの衝突。しかも、お互いがちょうど死角同士という、めったに起こり得ない状況だった。「同時に6人という人数はよくよく考えられて出されたもの。簡単には人数を減らしましょう、とはならないのでは」(別のフィギュアスケート関係者)という声もある。

 いずれにせよ、二度と起きてはいけない悲劇。関係者によると、羽生の精密検査の結果は10日にも発表される。異常がなければ28日開幕のNHK杯(大阪・なみはやドーム)に出場する。度重なる困難を、強い精神力で乗り越えたいところだ。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。