スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11/21 大ケガ羽生結弦それでも暫定1位になったカラクリ!選手の格で最初から決まっている持ち点

(2014-11-21)

報道機関

JCASTテレビウォッチ(元木昌彦の深読み週刊誌)

見出し

大ケガ羽生結弦それでも暫定1位になったカラクリ!選手の格で最初から決まっている持ち点

発行日

20141121日 1555

http://www.j-cast.com/tv/2014/11/21221488.html

◆内容◆ 

~抜粋~

・佐野稔「同情点は禁止だが、厳しく守れる審判はいるでしょうか」

   先日のフィギュアスケートで、練習中に大ケガを負った羽生結弦がケガを押してフリーの演技をした姿には私も感動して涙を流した。しかし、5回も転倒したのに、彼が終えた時点で「暫定1位」。あれっと思ったことも事実である。『週刊現代』はそうした素朴な疑問に答えようとしてくれている。

   現地で解説を担当した元プロスケーターの佐野稔氏は「羽生選手の包帯姿が加点になった」としてこう語る。<「今シーズンの羽生選手のフリーの曲は『オペラ座の怪人』。あの曲は怪人の悲しみや愛の表現が求められますが、傷を負ったことで、怪人の心情を見せることができた。それがジャッジに反映されて、得点につながったんです。

   もちろん、ルールとして『同情点』は禁じられています。ただ、それを厳しく守れる人がいるでしょうか」>

   表現力に与えられる「構成点」については、これまでも大きな議論を巻き起こしてきた。きっかけは02年のソルトレイク五輪でのスキャンダルだったという。<ペア部門でロシアが優勝に輝いたが、フランス人審判が『政治的な取引をし、ロシアに甘く採点した』と発言し、大問題になったのだ。結局この件は、問題の審判の判定を無効とし、2位だったカナダ人ペアにも金メダルが贈られ、決着を見た>(週刊現代)

   その反省から、採点方式はより政治色や主観を排した厳密なものに変えられていったそうだが、やはりそれだけではないようだ。スポーツライターの折山淑美氏によれば、構成点は選手の格によって左右されるのだそうだ。

<「たとえばソチ五輪銀メダリストのパトリック・チャン選手だったら10点満点で9点台後半がほぼ確実に出るとか、高橋大輔選手なら9点台は堅いとか、選手によってある程度は決まっています」>

   したがって、羽生選手の場合、どんなに失敗しても7点台までは落としにくいというのだが、感動と演技の評価は別なのではないか。羽生があのとき低い得点でも、観客やテレビを見ているわれわれは惜しみない拍手を送ったはずである。

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

FC2kikyou(ききょう)

Author:FC2kikyou(ききょう)
ブログへようこそ!
訪問してくださって、ありがとうございます。

※リンクフリーです。
画像を自由に引用・転載していただいてOKです。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。